地へGO】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

息子(6歳7ヶ月)が「ザリガニを釣りたい」と言うので、自転車に乗せて遠くの緑地帯の池まで。

息子はザリガニ釣りは初めて。
さらに自分はというと、小学生の時に挑戦するも全く釣れず、40年もの歳月を費やしてしまった。

リガニはいるか?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

池のほとりに到着──。
この濁りっぷり……いかにもザリガニの雰囲気が漂う。

ちなみに、自分の小学生時代の釣り方は、割り箸にヒモを付けて、竹輪を巻いた糸を垂らしてやった。
だが、いつまで経ってもザリガニがかからず、泥水でふやけてダメになった竹輪と隣の友達が釣り上げたザリガニを恨めしそうに眺め、その映像がずっと目に焼きついていて、ついにはトラウマとなり、二度と釣ることなく40年が過ぎてしまったというのが真相だ。

つまり、自分はザリガニから逃げ続けてきたのだ。

サつけ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

早速、息子が釣り竿の針に、持ってきた魚肉ソーセージを取り付ける。

ああ、いよいよか。
自分がザリガニと向き合う日が、ついに来たのだ!

り開始!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

竿を池へ──。

この釣り竿、先日のカメ獲りのやつで、「100均の金属棚ポール」の竿に「タコ糸」の釣り糸、「事務用クリップ」を広げただけの釣り針という、デタラメもいいところのシロモノ。
ついでに言うと、「ペットボトルの蓋」でウキも作ったのだが、一切浮かない。

……?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

何か、早くも竿先がピクつくのだが……。

これは“アタリ”だ。
アタリの先に居るのは、何だ!?

きなり!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

エサを掴んだ何かをソッと引き上げてやると、ついにその姿が見えた!
紛ごうことなく、「ザリガニ」だった。

開始1分、いきなりのザリガニ──。
心の準備ができていない自分は、どう引き上げればいいのか、途中でハサミを離して逃げないかとか考えると、どうにも引くタイミングを迷ってしまう。

奮する息子!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

それでも引かないと釣れないので、ゆっくり引き上げる。
ザリガニはまだエサを掴んで離さない。

ザリガニを見た息子は、柵の外から網を突き出して、ザリガニをすくい取ろうとする。

る自分】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ところが自分には“弱点”があった!
それは、この貴重な瞬間、つまり自分が40年ぶりにザリガニ釣り上げに成功する姿を是非映像に収めたいという「欲」である。

つまり自分は欲に駆られて片手をスマホに奪われ、竿も片手でやっていたため操作を誤り、息子の網にザリガニをなかなか入れられなかったのである。

しびれを切らした息子が、さらに網をこちらに伸ばし、早く入れろ入れろと急かす。
慌てて息子の網へザリガニを入れようと焦る自分……。

った!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

自分も必死だ。
必死で竿先のザリガニを操り、ついに息子の網へ……!

自分がザリガニを釣り、息子がゲットした瞬間であった。

気なザリガニ!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

●息子「やった! やっと釣れた」

釣ったザリガニを手に取ると、小ぶりながらも元気いっぱいだ。

ースに納める】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

池には他の親子も来ていて、みんなザリガニに興味津々。
しばらく、周りのお子さんを含めた“ザリガニ鑑賞会”をやっていた。

匹目のザリガニは?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

さて、1匹釣ると、もう1匹欲しくなるのが人間というもの。
意気揚々に新たなエサを付けて竿を入れる。

ところが、ここでまさかの事態に!
何と、エサの匂いを嗅ぎつけたのか、どこからともなく“アカミミガメ”が現れたのである。

執拗に竿先のエサを追い回すアカミミガメ。
それに驚いて逃げる小魚たち、おそらく池の底に潜んでいたザリガニも逃げてしまっただろう……。

魔されまくり】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

これじゃ、話にならない。
正直、アカミミガメなんぞ欲しくない。

とにかく邪魔ばかりするアカミミガメを他の場所に誘導するしかない。
いっそ陸地に上げてしまおう……と、竿で誘導して上陸には成功したのだが、結局すぐに池に戻ってしまい、ひたすらザリガニ釣りの邪魔をしてくる。

リガニどうする?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

カメには勝てない、お手上げだ。

というワケで、今日の釣果はザリガニ1匹!
でも、自分にとっても息子にとっても、初のザリガニである。
どこかで自分のトラウマも氷解し、爽やかな風を残し、いつしか消え去っていたのだ。

この満足感をもっと味わっていたかったが、このザリガニはどうしよう?
自分はキャッチ・アンド・リリース派なので逃がそうとしたが、息子がどうしても飼いたいとか……。

子2も興奮】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

結局、飼うことにした。

この手のアメリカザリガニは外来種のため、法律上の問題で、獲って持ち帰ったら最後、もう逃がせない。
ザリガニの生涯は“5年”といわれているので、それくらいは飼い続けねばならない。

これからどうやって飼うか検討するとして、ひとまずケースに入れておこう。

釣ったザリガニに夢中な息子、突然家にやって来たザリガニに見入ってしまう息子2。

これからが本番だ。

IMG_7232人気のTVゲーム


話題のニュース 左右どちらのキャラクターも肌の色は同じ、という信じがたい事実 [一言]凄いね、これ。
説明されても分からないくらい、違って見える。
テレビのニュース ニコニコ動画がサービス停止 「外部から不正アクセスの可能性」 テレビのニュース 子宮けいがん、ワクチンで激減 発症ゼロの国も イギリス在住研究者に聞く テレビのニュース 逮捕の鹿児島県警元幹部「前刑事部長が不祥事を静観しろ」と指揮」 名指しされた前部長が関与否定 社会・事件のニュース 男児の首を刃物で切り付けか 21歳保育士を殺人未遂容疑で逮捕 鹿児島
えごん
[一言]これを捜査するのも、例の鹿児島県警か。
社会・事件のニュース 「アバレルヨー」 本当に帰せるか 難民申請繰り返すクルド人ら改正法“10日施行”でどうなる 政治や経済のニュース [根性]金箔や金メッキを集めて100gのインゴットを精錬したX民が話題
えのげ
[一言]これは凄い!
生活全般のニュース ランドセルは赤、習字バッグはピンクを選んだ娘に、高学年に向けて落ち着いたの選ぶ子もいるけどほんとにそれでいい?と聞いたら 生活全般のニュース 「Google Maps」を名乗る方から電話がかかってきて「営業時間を教えて欲しい」と聞かれ…会話の仕方が完全に人間だった「不気味の谷現象を体感する時代」 生活全般のニュース 人間の脳はこれまで考えられていた10倍の量の情報を保存できる 生活全般のニュース 帝王切開で生まれた子どもは麻疹ワクチンが効きにくいという研究結果
GIGAZINE
生活全般のニュース 奈良の東大寺近くにある謎のピラミッド「頭塔」に行ってみた スポーツ・芸能のニュース アンジェリーナジョリーとブラピの娘、両親にそっくりすぎ 「娘の顔で両親が一目でわかる」 ゲームのニュース 見た目がかわいいゲーム機といえば? 動画のニュース [爆速]もしもラリー仕様のタクシーが来たら 動画のニュース 秋葉原の歩行者天国が始まるときの交通整理の様子の雰囲気動画。 [一言]こうやって切り替わるのか!
なるほど……。