都へ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

週末は家族4人で、新幹線で京都まで。
品川は涼しかったのに、京都駅を降りたらムワーッとする熱気と高温の出迎えで、萎える。

それでも頑張って、近鉄に乗り換え。
柿の葉寿司(押し寿司)売り場が懐かしい。

省の部屋】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

実家へ到着。
新型コロナウイルスのせいで息子2(2歳3ヶ月)を親に見せられてなかったので、見せに帰ったのだ。

2家族6人で昼ご飯して、自分はウォークインクロゼットで、自分の子供時代のアイテムを眺めていた。

ウォークマンはともかく、1980年代の水中カメラがまだ残っていたのに驚き。
小学生の頃、鹿児島の海で魚やウチワエビを撮っていたものだ。

田】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

老父母に2児の面倒は大変なので、実家には泊まらず、大阪のホテルへ。

梅田は数年ぶりに行くと、色々変わりすぎて地形が把握できない!
高校時代、頻繁に梅田へ映画を観に来ていたのだが、その映画館すら、どこにあるのか……。

神優勝】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

優勝からほんの2、3日ということで、おめでとう。

はなぜ枕を投げるのか】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ダイヤモンド会員を務める楽天で予約したホテルに、チェックイン。
部屋に入るや否や、教えてもないのに、上の息子(6歳0ヶ月)が枕を投げる。

こ焼き×お好み焼き】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

素泊まりなので、晩ご飯は目の前の商店街で「たこ焼き」を買って持ち込む。
刻んだネギが別に付いてくる仕様で、熱いたこ焼きに載せて食べると、これがなかなか、いける。

大阪のたこ焼きの、裾野の広さよ。

日目】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

1泊してホテルを出る──。
商店街を抜けると、頭上でキーン!と大きな音がしたので見上げると、低空を飛行する旅客機が。

大阪伊丹空港が近いせいか、品川か天王洲アイルの空なみに、飛行機がデカい。

スポ×吉本】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

御堂筋線で難波まで移動。
子供の頃は、母親と“高島屋”や“なんなんタウン”をウロついていたが、ここも駅の構造が様変わり。

ただ、御堂筋線などの地下鉄乗り場付近は、大昔の名残がそのまま残っている。

阪市バス……シティバス】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

2日目の目的は、「海遊館」という水族館で、息子が行きたい行きたいとうるさい。

場所は天保山なので、難波から大阪市バスに乗る。
……今では“大阪シティバス”などと言うのか。

息子:「これ、天保山まで何駅あるの? 海遊館まで待てない」
自分:「いま乗ったばかりやろ!? あと南海バスしか乗ったことないから分からん」

保山】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ようやく到着、観覧車もある埋め立て島。

遊館】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

到着──。
自分がここに来たのは、1990年のオープン直後あたりで、中学生だった。

阪湾】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

予約の入館時間まで余裕があるので、その先の大阪湾を眺める。

ピィーと言いながら入ってくるフェリーや珍しい港湾クレーンを眺めていたら、息子が海面を漂うスズキ目の魚の死骸を発見した。

りスピで見た?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ようやく「海遊館」内へ──。
息子が早速、スティングレイを「釣りスピで釣った!」と大騒ぎ。

し銀】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

やたら渋いロウニンアジ。

そういえば、四半世紀以上前に来た海遊館では、魚や水槽の記憶が全くなく、あるのは群衆の記憶だけ。
当時は入場制限ナシで入れに入れていたから、初詣レベルのすし詰めで、ほとんど何も見えなかった。

今は人数調整が上手くて、快適だ。

い環境】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

岩場のコツメカワウソ。
より自然に近づけた?

マちゃん(デカい)】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ゴマフアザラシの迫力に、息子2が釘付けに。

アップ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

マンボウは至近距離から!

景色】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ペンギンは、上から降る人工雪を一身に浴びている。
池袋の天空ペンギンも良かったが、こちらはこちらで味な雰囲気だ。

ンベエザメ】
そして一番の感動は、やはり「ジンベエザメ」。
やたら深くて大きな水槽でゆったりうねって泳ぐ姿は、神々しさすら。

魚好きの上の息子は見とれてしまい、下の息子2は「コレ、何?」と延々と聞いてくる。

動画を撮ったのだが、Twitter(Xは認めない)の制限か不具合で、ここに表示できなかったので、ジンベエザメの泳ぎ姿は以下のリンクからどうぞ。

■神々しいジンベエザメの泳ぎ姿(Twitter)

神名物(?)】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ホテルに戻る。
今回は、たこ焼きだけでなく、イカ焼きも。

息子が大阪に来る前から食べてみたいと言っていたので。

気に入り】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

食後は、息子が海遊館で買ったジンベエザメのクッションで遊んでいる。

というわけで、これで全日程終了──。
息子らはそれなりに楽しめたようで良かった。

ハ体験】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

帰りの新幹線は息子が“天むす”のエビにご満悦。

一方、自分は座席を倒そうとしたが、後ろの席の客がイカつくて怖くて、なかなか倒すに倒せず、1分で2センチ程度、ゆっくり倒していって、事なきを得た。


釣りスピリッツ 釣って遊べる水族館
(Switch)


話題のニュース 分かりづらい子どもの「お腹のケガ」実は死亡リスクも 水筒の運び方や自転車ハンドル等の対策と受診の目安 [一言]これは非常に重要な情報。
子どもがコケた拍子に、コンクリートの花壇などでお腹を激しく打つと、たまに恐ろしい事態になる。
肝臓を損傷しても、比較的軽度だった場合は、出血を肝臓が吸収して何事もなく完治して放置でも良かったケースもある。
しかし、脾臓をしたたかに損傷して、緊急手術しないと助からないケースもある。
怪我した本人の痛がり具合で、どちらに陥っているかは全く分からず、診てみないと分からない。
テレビのニュース 「日本一の芋煮会」 直径6m超の大鍋に 熱々の秋の味覚 山形
えごん
社会・事件のニュース 体温39.7℃ コロナ・インフル同時感染の恐怖 患者「味わったことのない倦怠感」 政治や経済のニュース 神戸市灘区にある“某会社”の事業内容が正直すぎる件
えのげ
生活全般のニュース 【隠岐ふたたび…】RE:後鳥羽院を巡るフィールドワーク ~前編~ [一言]やっぱり島根も暑いのか……京都・大阪も激しく暑かった。
フェリーから見る隠岐、美しい。
生活全般のニュース IQ 130超「ギフテッド」女性が小学校の担任に嫌われた切ない理由 「人の感情を“データ”で理解しようと…」
AERA dot.
生活全般のニュース 女子が選ぶ、おじさんっぽい絵文字が的確すぎる 生活全般のニュース アルツハイマーになった作家(アガサ・クリスティなど)の文章を調べた論文が面白い 「兆候は40代から始まっている」 生活全般のニュース 陰キャがアメリカに5年間住んでみた結果→こうなる スポーツ・芸能のニュース Eテレの大人キャラ「みいつけた!」サボさんの役割 独特な世界観で15年目に突入 [一言]息子たちが見ているので一緒に見るが、サボさんの設定の苦労が見えて良かった。
あの子供番組とは思えない、クセの強すぎる設定は凄い。
ゲームのニュース 元ゲーマーのウクライナ兵「母はゲームは役に立たないと言ってたけど、戦場で役立っている」
Y速報
ゲームのニュース 「FF16」、ついに福袋にぶち込まれてしまう ゲームのニュース 「シレン」最新作 グラが90年代PCゲームのようになってしまう ゲームのニュース 子供の頃“借りパク”したゲーム挙げてけ 動画のニュース [超貴重]伝説の"おクスリ"「ヒロポン」開封の儀! 動画のニュース ピタゴラスイッチ的に配置したシロフォンの鍵盤でビー玉がスーパーマリオを演奏する。 [一言]テンポが完璧すぎ、素晴らしい!
どれだけ調整、リトライしたのか、作り上げるのは大変だったろう。