目黒川の花見へ行った、その結末



黒駅からスタート】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

金曜は……というか3月は大半が休みだった(※理由は最後に書く)ので、家族で遠出して目黒川の花見へ。
東京の気温はまさに“花冷え”で、10℃にすら達せず、えらく寒い。

JR目黒駅から権之助坂を下った先が目黒川なのだが、橋から大崎方面の桜を見ると、半分も咲いていないとか!

目黒を目指して】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

何て事だ……と、今度は逆の中目黒方面を眺める。
とりあえず、そこそこ咲いているように見えるので、中目黒を目指す事に。

赤ちゃん息子(1歳6ヶ月)は既に長旅のため、ベビーカーで眠ってしまっている。

んか、地味】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

川沿いに桜並木を歩く。
観光客は中国人を含めてそこそこいるが、屋台の少ない事!

も乗れる花びら!?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

この辺の桜は“七分咲き”程度、こんなんだったら、ウチの“スーパーの大根の葉っぱ”の方が満開の花を咲かせているわ。
「東京は桜満開」というニュースはフェイクニュースだったのか!?

咲いていない隙間の川面にデカい花びらみたいなのが浮いていると思ったら、桜よりド派手なピンクのカヌーだったという始末……。

掃工場・解体現場】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

まるで盛り上がらぬまま、目黒と中目黒の中間地点の清掃工場(※解体中)まで来てしまう。

に満開!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

しかし、清掃工場を越えた先の桜は、いきなりの「満開」ときた!
何でここから満開なのかは分からないが、ともあれ、このくらいは咲いてないと……と、少しアガる。

く分からないのも満開】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

桜に紛れて「変な真っ赤な花」も満開になっていると近づいてみたら、花でなくて“実”だった。
裏のプレートを見たら、「クロガネモチ」という木の実らしい。

憩!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

だいぶ歩いたので、少し先のベンチ広場で休憩する。
赤ちゃん息子の寝顔を見ながら、桜に合わせて“ピンクの落雁”をいただく。
あと、水筒には自分が原料粉から調合した「ホット生姜湯」を入れていて、一気にポカポカして薄着でも気にならない。

さらにスナック菓子をつまんでいると、匂いに釣られたか、赤ちゃん息子がムクっと起き上がってきたので、ベビー菓子を与えて家族3人でオヤツを楽しんだ。

目黒駅に到着】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

花見再開──。
何かこの辺りから再び桜が“七分咲き”に戻ってしまい、中目黒駅の手前まで来たが、何とも寒々しさを覚える風景。

近隣店舗の花見客を呼び込む声ばかり、虚しくこだまする。

ード下をくぐると……】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

しかし、中目黒駅のガードを抜けた先は、急に桜が「満開」となり、人混みもグッと増える。
またここから花見祭りの警備員の交通整理が始まり、順路どおりに進むよう指示される。

どうやら、元より中目黒駅からこの池尻大橋駅方面のルートが、目黒川の花見のメインスポットのようである。
満開桜をバックに記念撮影する人が、至る所で発生。

の上から!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

なかなかの見応え!
これで晴れて暖かかったら、かなり楽しいであろう雰囲気。

の流行】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

メインスポットは両岸にある無数の飲食店群が“出店”を出していて、焼き鳥やらケバブやらスモークターキーやらを供してくる。

そんな中でやたら目についたのが、「シャンパングラスにイチゴを詰めたスパークリング」を持つ人々。
中には、桜をバックにイチゴグラスを撮ってインスタあたりに上げている人までいて、流行っているのか……と。

たな出発──】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

そんな感じで花見はそこそこ楽しみ、ドンキのある橋まで進んで、そこから駅に折り返して帰る事に。

まあ、満開の桜を楽しむなら中目黒から池尻大橋方面のメインコースを、満開の桜を人混みから逃れて楽しむなら、その逆方向の中目黒からJR目黒駅方面を清掃工場あたりまで歩けばいいが、店や屋台はほとんど無いので注意。
また、日曜日が気温が高めで満開場所が増えると思うので、おススメだ。

さて、3月にボコッと暇ができたのは、「転職」するためである。
4月1日から、新しい業界で働く事になる。

これまでの業界では経験が長い上、社内資格まで取ってベテランとして働いてきたが、もう辞める事にした。
業界の行く先が不透明な上、昨年9月の下請け女子社員 号泣事件などもあって、この業界に未来を感じなくなったというのが大きい。
不況を通り越した斜陽の中、単価を下げたタスクですら、その労苦と責任の押し付け合いをするという状況には、もはや絶望しか感じない。

それより、残り半分の人生は「人の為になるような仕事」をした方が良いと考え、この国・この年齢ではほとんどやり直しができない中で、今回ギリギリ転職を果たす事ができた。

全く畑違いの業界のため、使える技術はほとんど無いが、これまでの経験で使えるモノは全て使っていこうと思う。

目黒川の花見は、新たな道に進むための“儀式”という事である。



テレビのニュース 最新のガン免疫療法「CAR-T細胞療法」が承認 社会・事件のニュース 大ヒット劇場版「Fate」の人気アニメ会社に脱税疑惑 東京国税局がガサ入れ 生活全般のニュース ZOZOTOWNで着付け不要の「ワンピース着物」が登場
Pouch
生活全般のニュース 頭悪い作者の作る頭いいキャラの特徴
えごん
ゲームのニュース 目玉を転がすパズルゲーム「Eye Contact」 ゲームのニュース ゲームが苦手な上に運にも見放された男が面白い! 憐れみさえ感じてしまう 動画のニュース 傘で釣りをする男。これは賢い 動画のニュース 遅すぎて逆に打てない!? 打者愕然の遅すぎるスローボール まとめ

赤ちゃん息子、公園デビューしまくる



園で遊ぶ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。


クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

今月から赤ちゃん息子(1歳6ヶ月)が公園デビュー、近場から遠方まで、既にあちこちの公園を回った。

生来、外が大好きな赤ちゃん息子は、シャボン玉を追いかけるなど、公園では大はしゃぎ。
砂場の公園では、辺りを走り回って、向こうで遊んでいる男の子達のボールを取ろうと突進して、親の自分達が慌てる。
池のある公園では、池の周りを小走りで一周しては、お爺さんから「一周してきたね」と褒められる。
遊具の多い公園では、滑り台の上まで自分が連れ上げて滑らせると、キャーとバンザイしながら滑って、下の妻に拾い上げられる……の繰り返し。

先日、生まれて初めての「ブランコ」も。
通常時において、赤ちゃん息子とブランコの両鎖を持つには“手が4本ないと無理”なので、「抱っこ紐で前向き抱っこしている時」のみ、ブランコに乗れる。

風を切り、激しく乗ってみると、赤ちゃん息子はご機嫌なよう。



テレビのニュース 男女刺され、男性が死亡 家庭内トラブルか 福岡 [概要]NHKニュースだと、80代の男が息子を刺殺、知人女性にケガさせたとか。
テレビのニュース 名古屋夫婦・殺害事件で無職の長男(37)逮捕、死体遺棄容疑 [概要]愛知県蟹江町内のホテルで発見し、逮捕。
長男は犯行を認めている。

テレビのニュース トランプ氏、ロシア疑惑の共謀「立証されず」 テレビのニュース 航行不能の豪華客船、エンジン回復後ノルウェーの港に到着 20人ケガ テレビのニュース 日経平均株価、一時700円超下落、下げ幅今年最大に テレビのニュース オランウータンの子 薬で眠らせスーツケースで密輸容疑 バリ島 政治や経済のニュース 大工の平均年収 政治や経済のニュース 吉野家 並盛2杯より高い「超特盛780円」の価格体系は歪 [一言]確かに680円くらいで出していれば……と思うね。
何か、こういうのが昔もあったなと思い返してみたら、2001年~2002年の頃にあった。
当時の日本経済はズタボロで、デフレが激しく進行してマクドも吉野家もアホみたいに値下げしていた。
吉野家の目玉商品“牛丼並盛”も今では信じられないくらいに安く設定されていて、自分はよく並盛を「2つ」テイクアウトして、一人で食べていた。
並盛だけが値下がりしすぎて、特盛を買うより並盛を2つ買う方が安かったからだ。
生活全般のニュース 3COINSの「コカ・コーラ」アイテムがめちゃカワイイ
Pouch
生活全般のニュース 94歳のおばあちゃんに娘を見せたらこう言われた →「涙出ました」「私もそんな風に言おう」と絶賛の嵐 [一言]我々以下の世代が爺さん婆さんになって、同じ事が言えるかといえば、NOだ。
本も読まないし、LINEやSNSで単発的な言辞を繰り返すようなボキャ貧に退化しているだろうから、無理だ。
生活全般のニュース ヨガ中に雑念が消せない [一言]四六時中、雑念にまみれている自分も無理だろう。
生活全般のニュース 高学歴だけど知能労働に向いてなさすぎて仕事が辛い [一言]大学時代に1人いた。
身体を使う仕事がしたいと、あえて消防士になった。
生活全般のニュース 私の「髪コンプレックス」を劇的に変えた「髪の毛の病院」との出会い 生活全般のニュース すごいのは君じゃないから
えごん
生活全般のニュース 頼むから捨てないで… 「生前見積」で自分の“お宝”の価値を証明しておく“オタクの終活”が話題 生活全般のニュース 日本にブラック企業とか社畜が多い原因って「労働者が舐められてるから」だろ? [一言]自主性が無く、常に周りばかり見て当然の権利すら主張できない“情けない国民性”が全ての元凶だ。
生活全般のニュース パチ屋の換金所でネコババされた事ある? 生活全般のニュース ワイ、パチンコ引退会見を行います 生活全般のニュース 東京住みの都会人ぼく、マジで車を運転する必要性がない [一言]クルマの費用がかからない一方で、家賃がゲロ高。
生活全般のニュース NHK「ダーウィンが来た!」ひげじい、女体化 生活全般のニュース 希少なアルビノの赤ちゃんペンギン、動物園で一般公開 飼育下では世界に1羽  ポーランド 生活全般のニュース 40過ぎてる夫に「たけちばちゃんばち(竹芝桟橋)」とか言われたら結構イラつく [一言]ちなみに22年前に行った“竹芝アミュージアム”というベーマガ集計店のゲーセンは、海沿いの広く開放的な店内で、見上げると天井扇が回っているとか、異国感があって実に味があった。
雑学のニュース レバーが全部青!? "熱帯仕様車"って知ってますか? スポーツ・芸能のニュース 「新元号は『永光』に決まり」 ジャガー横田の夫・木下医師がフライング発表 ゲームのニュース 任天堂が新型Switch 2機種を発表か、早ければ今夏にも ゲームのニュース eスポーツに賛否 部活取り入れの動きも根強い反対 [一言]Yahoo! のコメント欄を見ていても、ゲームやスポーツをまるで理解できていない人間の如何に多い事かと嘆かわしい。
“所詮ゲーム”と言う連中は、ゲームやその他スポーツを「競技」の次元で極める際の努力や、それで得られた高次な思考や技術、哲学に至るまでが本質的なものであり、ゲーム外の仕事や人生そのものに通底する事を知る由も無いのだろう。
何かを極めた人間なら、その事が理解できているはずなので、そんな浅はかな発言はしないと思う。
したがって、“所詮ゲーム”と言う輩は、“所詮その程度の人生”しか歩んでいない事がバレてしまっているのである。
ゲームのニュース あるゲームセンターの映像を見て「夢の中で行った事がある」という人が続出してしまう ゲームのニュース センバツ高校野球にて、とある学校が応援にあのゲームの曲を使ってると話題 ゲームのニュース カードゲーマーの間で好きなカードと飯を食う「デュエル飯」が流行る [一言]人間の想像力の為せる業という事。
ゲームのニュース ゲーム実況ユーチューバーの笑い声がうるさい ゲームのニュース 中国ゲーム市場の成長率、41%増から5%増に鈍化 ゲームのニュース え、昔のゲームファンってこの程度のゲームを名作扱いしてるんだって驚いたゲーム ゲームのニュース どうして2Dゲームってほとんど駆逐されちゃったの?
げぇ速
ゲームのニュース アップグレード全方位シューティング「Bit Warfare」 ゲームのニュース スクウェア取締役「当社のゲームは感動を重視する、面白さ重視の任天堂とは基本的な姿勢からして違う」
えび通
動画のニュース テレビ番組撮影中、浮力を失った熱気球が海に墜落 フランス 動画のニュース イチローの忍者的(変態的)走塁集
管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼