旧サイト抜粋

「建国記念日 反対デモ」 高田馬場では小競り合い発生

2014年2月11日の日記です。

場近くで借りた貸本マンガ】

クリックで拡大。

その“レンタル期限”が今日だった事に今朝気づき、この祝日に出勤よろしく慌てて返しに来たら、辺りは警官でいっぱいだった。

レンタル屋に返却、タイ料理を食べた後にまた同じ所を通ると、警官の数はさらに増え、ようやく尋常ならざる事態だと気づく。


があるんですか?】
クリックで拡大。

…と、物々しい装備の機動隊員に尋ねると、「デモがこれから起きる」とか。
さらに詳しく聞こうとすると、言葉を濁された。


かしそんなものは】
クリックで拡大。 クリックで拡大。

ググれば済む事。

すぐに情報が出て、左翼が「建国記念日・反対デモ」をやるようだ。
当然、それを快く思わない右翼が妨害活動する事を予測して、警官隊が警備をするという流れらしい。

デモ開始時間は「午後4時」、場所は早稲田駅近辺の「キリスト教会」で、ここがデモの起点となるようだ。(※この時点では不確定情報ではあるものの)


後2時12分】
クリックで拡大。

デモが始まる教会が近い早稲田駅前には、すでにバリケードと機動隊、そして警察車両の列が出来ていた!


後2時20分】
クリックで拡大。

防弾チョッキを着た機動隊員の隊列が続々駆けつける。

デモというと「暴力」は付き物だ。
もしそれが銃弾だった場所を予測しての防弾チョッキ…。


後2時27分】
クリックで拡大。

したがって、自分もデモの「流れ弾」に当たらないよう、弓矢を祀る「穴八幡宮」へお参りをする。
しかも50メートル先にあるなんて、何ともお誂え向きで。


後3時00分】
クリックで拡大。

先ほどお参りし、早稲田駅ほど近い「穴八幡の交差点」。
警察車両は見慣れないタイプのものも含めて続々集結、デモの起点と思われる「キリスト教会」周辺に展開し始めた。


後3時25分】
クリックで拡大。

本屋で最新刊のチェックをしていたら、外から拡声器の声が。
黒のワンボックスの街宣車に乗った右翼2、3名が早稲田駅前交差点に乗り付けてきたのだ。

午後4時を待たずして“前哨戦”が始まったようだ。

“左翼デモを許すな”と叫ぶ運転席の右翼に警官隊が注意すると「邪魔してんじゃねーよこの野郎!」と怒号。


後3時27分】
クリックで拡大。

その後、街宣車は交差点中ほどまで進んだところで警官隊や警察車両と睨み合いになるも、程なくして「気持ち悪いメガネかけやがって、左翼守ってどーすんだよ!」など怒り狂いながらUターン、牛込方面に戻って行った。

・「割りと素直に従ったよね」(20代・男性)
・「早かったね、もっと冒険するんかと思ったけど」(20代・男性)


後4時2分】
クリックで拡大。

デモはやはり「キリスト教会」前から始まるようだ。
4時になると、急に教会前の通りには“物凄い密度”で警官隊・警察車両が…!


後4時12分】
クリックで拡大。 クリックで拡大。

表通りの手前の歩道から、2台の警察車両の間から覗く形で向こうにある「キリスト教会」を見ると、門の所にはデモ隊はおらず、まだ動きはなし。

しかし、警官隊の物々しい雰囲気から、デモ開始が間もなく迫っている事が、黙っていても分かった。
上空を、警察か報道のヘリが飛び始めた。


後4時12分】
クリックで拡大。

突如として警察の拡声器で「これからデモが行われます」との宣言があった。
その途端、教会の門から横断幕を掲げたデモ隊が現れた。

先頭は、白いワンボックス型で拡声器付きの“デモ隊・街宣車”、後ろを“デモ隊・本隊”が続いていて、出てくるや否や、拡声器で叫ぶ。

「建国記念の日反対!」
「安部首相は靖国参拝を止めろ!」
「戦争で死ぬ事を賛美するな!」

そして向かいの歩道にいる警官と自分をキッと睨んで「警察は撮影を止めろ!!」と怒号。
…自分はOKらしい。


後4時17分】
クリックで拡大。 クリックで拡大。

デモ隊の総勢は70人程度でそれほど多くはなかったが、手にメッセージ付きのプラカードを持って、さながら原発反対デモのよう。

また向かいの公園には右翼が集まっていて、デモ隊が出てくると抗議の怒声を浴びせるのだが、数人程度なので拡声器にかき消されてしまったようだ。


後4時19分】
クリックで拡大。

その後、穴八幡交差点を左折。
デモ隊を追尾しようにも、警察が交差点の信号を操作しているようで、なかなか青にならない。


後4時30分】
クリックで拡大。 クリックで拡大。

青になった途端、デモ隊が通る横の沿道へ行くも、そこは警察関係者で埋まっていて追い越すことはできなかった。

こうなったら“大通り”はあきらめ、先回りすべく“裏路地”へ突っ込んでいく。
昼休みに細かい路地まで歩き回っていたので、よく知っていた。

変な坂やら戦前の区画のような細い路地やらを突っ切って回り込み、ほどなくしてデモ隊の前へ出る事に成功。


後4時36分】
クリックで拡大。

デモ隊は幾度となく警察が隊の前に立つ事に激高「デモの妨害をするな!」とシュプレヒコールを上げる。


後4時40分】
クリックで拡大。

それに対して警察も拡声器で応酬。
「こちらは戸塚警察署長である、デモ隊の諸君、車を速やかに進めなさい!」


後4時45分】
クリックで拡大。

デモ隊、明治通り交差点へ進入、さらに騒ぎ立てる。

「紀元節反対!」
「天皇中心の国は要らない!」

日テレ・カメラマンの後ろからデモ隊を観察していると、デモのコールが途中から“げーん発いーらない”のメロディに変化。

声の出し方が変わっても、言っているのは「反対」ばかりで、なぜそう考えるのかという事についてはサッパリ伝わってこないのだが、デモなんてそんなものか…。

そんなんでも一応、さらに追跡しようとしたら、またしても交差点の信号が変わらず、デモ隊と警官隊は先へ行ってしまった。
先の穴八幡交差点同様、警察が「信号機の制御盤」を開けて信号を操作、ずっと“赤”のままにしているのだ。

ようやく信号が青になると、またしても大通りを放棄して路地に入り込み、先回りする事になるのだが、何か情けない。


後4時55分】
クリックで拡大。

さっさと区画整理しろ! と叫びたくなるのを我慢しながら、またしても先回り成功、「高田馬場」駅前へ出た。

デモ隊はちょうど自分のいる方に曲がってきて、叫び続ける。

「日の丸は侵略戦争の象徴だ!」
「君が代は侵略戦争の歌だ!」

警官隊も拡声器で応酬。
「デモ隊は隊列を4列に整えて行進しなさい!」

…で、なぜ、デモ隊の進行方向が分かるのかと言えば、まあそれは、“警官の密度が高い所が進行方向になっている”と予測しているためだ。


後5時3分】
クリックで拡大。

突然、沿道の警官隊が波打つようにうねったと思うと、1人の男が「うおおおおッ…!!」と叫んでデモ隊に突撃しようとした。

右翼とみられる勢力の“伏兵”がいたのだ!

しかし警官もスグに反応、男を取り押さえにかかる。
男はなおも暴れ、警官ごと路上に押し出てきて、しばらく揉み合う。


後5時5分】
クリックで拡大。

しかし周りを囲むは、屈強な機動隊員。
男はそのまま路側帯に押し付けられながらも、さらに暴れていた。


後5時7分】
クリックで拡大。

しかし騒ぎはそれで収まらなかった。

“伏兵”は数人いるようで、2分も経たないうちに、また別の男が道路上に飛び出す!
男は捕まった仲間の救出に向かおうとしたのか、直後に警官隊に取り押さえられる。

「おーッ!? 信号渡るだけじゃんかよォーッ!!」


後5時20分】
クリックで拡大。

そうこうしているうちに、デモ隊は先へ行って見えなくなり、警官隊の密度を頼りに追跡してみると、デモ隊は少し先の公園で解散していた。

警察の列ができる中を、まだ何かを叫びながら帰っていき、別に何か“政治的な結果”を出したワケでもないのに、その表情には達成感に満ち満ちていた。


に冷めた沿道】
クリックで拡大。

しかし、盛り上がっていたのは、“当のデモ隊”と“それを妨害する勢力”に過ぎなかった。

沿道の人々は“その双方”を見るも、別に大して反応しておらず、ほとんどスルーと言ってよい状況で、まだまだこの社会は健全だと思った。

・「そういや新年会いつやるんだっけ?」 (30代・会社員・男性)
・「来月くらいにやるんじゃね?」 (30代・会社員・男性)




≪関連記事≫
「建国記念の日」ってあるけど本当に2月11日に日本ができたの?


天皇ごっこ商品リンク

高速バス死亡事故は無くなるか否か?

2014年3月6日の日記です。

11日連続勤務の果てに死んだ】
kousokubasujiko14-1


富山のサービスエリアに高速バスが突っ込んで2人が死亡、24人が重軽傷を負った事故だが、死亡した運転手は「11日連続勤務」だったようだ。

またしてもとんだブラック企業出現…と思ったが、何とこれが“合法”とか!
労使協定を結んだ場合は、こんな勤務でも「法令違反にはあたらない」のだそうだ。

また労働基準法でも、2週間に1日は休暇を取れば、13日まで連続勤務が出来ると定めているといい、美しいまでに網目の粗いザル法だと感心した。

ただのデスクワークでもこんな勤務では疲れ果てるのに、ずっと緊張感を持って運転し続ける高速バス運転手に適用して何とも思わないという感覚異常。


ロワの高速バス求人をあさってみると】
kousokubasujiko14-3


そして運転手側も全くそんな労働環境をよく受け入れているなと思って、ハローワークの高速バス運転手の求人票を眺めていると、何となく「いやらしい仕組み」が見えてきた。

どれもやたら“基本給が低い”のである。
つまり、爆安の基本給を埋めるため“別途努力”しろという言外圧力だ。

ネット上で高速バス運転手と思しき人々の声を拾ってみると、ほぼ一致しているのが、「休みがない」「残業代で稼ぐしかない」という事だったので、“別途努力”とは恐らくそんなところかと。

こういう勤務をしないとマトモに稼げないような環境を作っておいて、半ば強制的にそこへ追い込んでいくという手口が見え隠れするのである。


き過ぎた「謙譲の美徳」】
kousokubasujiko14-4


アメリカでは溶接工が人手不足で銀行員の給料を上回ったニュースがあったが、日本では夢のまた夢だ。
日本だと、人手不足になると、残った社員をコキ使う事で「解決」する。

社員はそれに抵抗出来ず、いつも泣き寝入りし、酷い場合は“社畜自慢”に陥る。

「謙譲の美徳」というのが昔から日本にはあり、非常時の譲り合いなどのメリットもあるが、その行き過ぎは害でしかない。

子供の頃は“クラスで手を挙げない”、大人になってからはこのように“悪い労働環境に異を唱えない”。

本来はそんな「謙譲の民」に報いるべく、政治の力で権利を守ってやるのが筋なのだが、民が“手を挙げない”のをいい事に怠け、あるいは身内や支持母体の大企業の利益を優先する事を繰り返してきた。

だからこの手のバス事故が起きても、表面的にルールは変えるが、労働者の環境を“劇的に変える”ことは上記の事情により、決して出来ない。
もし出来るなら、2012年に起きた「関越自動車道バス死亡事故」の時にやっていたはずである!

したがって、このような悲惨な事故が起きても、次回に決して“本質的意味”では活かされないのだから、同じ事がまた起きるだろう。


治のツケを国民が払う】
kousokubasujiko14-5


むしろ4月の「消費税増税」で、ますます状況は悪くなる可能性もある。

増税後に「料金を上げないバス会社」に客が流れる事態が起きれば、各バス会社は社員をさらに安く使い倒さないといけなくなる。

「企業が社員を死ぬほど働かせて安月給で買い叩く」
 ↓ ↓
「社員は安月給と時間の無さで消費出来ない」
 ↓ ↓
「消費減で企業はサービス料金を上げられない」
 ↓ ↓
「人を雇えないので雇用が生まれない」(…以下、ループ)

つまり、上記のようなデフレ時に見たような悪循環がさらに加速するワケで、これもひとえに劣悪労働環境を改善してこなかった「政治のツケ」である。

そしてそのツケを我々国民が給料を削るだけでなく、さらに“命まで削って支払う”のだから、こんなバカバカしい話はない。



≪関連記事≫
死亡した小幡和也運転手(37)の休日 先月「3日間」
高速バスの人の給料、具体的に月収いくらですか?
バス運転手って、給料良いですか?
専門家「バスは運転席後ろのタイヤ上部の席が最も安全」


ウチのPS4がアップデート中に止まる不具合


2014年2月23日の日記です。

からPS4のセッティング】
piiseufoooo1402-1


実は昨日、吉祥寺ヨドバシで「PS4」を買ってきていて、今朝は花粉にやられながら開梱、接続を行う。


源を入れると…】
piiseufoooo1402-2


無事、起動。(※当然じゃ!)
今回はブルー基調に白が映える画面デザインで、それだけで意味も無くワクワク。


メラ確認画面】
piiseufoooo1402-3


一応、カメラ付きを買った。
カメラは“置き型”なので、上下の位置合わせが、ちょっと面倒か。

その後ID登録など済ますと、今度は早速「アップデート」をするらしい。


故発生!】
piiseufoooo1402-4


何と、アップデートを実行した直後に、画面が全く進まなくなった!
10分以上待っても画面変化なしで、あくまでドッキリで裏で黙ってアップデートしている…というオチでもない模様。

○ボタンを押しても反応なし、畜生アップデートなんてやめてやる一生やめてやるみんなお前らのせいだ…とキャンセルボタンを押したが、何とこれも受け付けない!

…と、止まってしまった!?
一応、コントローラ中央の「PSボタン」のみ、押すと右上に操作禁止アイコン(駐禁マーク)が出るので、“フリーズ”ではないのだが。

でも結局は何も出来ないので、万事休す――。
フリーズ同様に、泣く泣く、本体の病的に痩せた「電源ボタン」を押して無理矢理終わらせたのだ!


起動】
piiseufoooo1402-5


超絶に不安を覚えながら電源を入れると、またPS4がアップデートを求めて来たので、思わず、拒否。

もう春が近いといのに干されたまま回収し忘れられた干し柿なみに、萎縮してしまっている自分がいた。


のままPSストアで】
piiseufoooo1402-6


サービス(いや、お仕着せ)のゲームをダウンロードしようとしたら、結局その前に「魔のアップデート」を絶対にしないといけない状態に追い込まれた。

天に祈りながら、再びアップデートを実行する事に。
“10分後、笑ってプレイする自分の姿が”……という事が訪れるのだろうかと思いながら、実行ボタンを押す。


度は成功!】
piiseufoooo1402-7


また止まったらプレイを断念し、そのまま修理センターへ送るという“背水の陣”で臨んでいたので、ドッと疲れた。

その後、ゲームのダウンロードでも時間を取られる。

結局、“10分後の自分の姿”は、何やってんだやらせない気かとピイピイ言いながらダウンロードバーを睨んでいる…というものだった。


料同梱ソフト「ナック」】
piiseufoooo1402-8


ようやくプレイ。
バタ臭いお仕着せゲームだが、それなりに作りこまれていて、生意気にもハナから“二段ジャンプ”までしよる。


ームは伝統芸へ】
piiseufoooo1402-9


敵との間合いを一定にしつつ攻撃したり、上手く誘導したり、敵のモーション見て後出しジャンケンしたりと、まあやる事はここ20年同じなワケだが、でも結構楽しめたので、今日はここまで!

明日から仕事が忙しいので、そのまま高円寺へ買い出しに飛び出して行った…。

日本では珍しい宗教都市「天理」の初詣


2014年1月7日の日記です。

【[天理編1] 理教の総本山・天理市】
tenri140107-1

今年はまた趣向を変えて、新たな神社に初詣に。

ここ奈良県・天理市は文字通り、天理教がある事で名付けられた街。
天理教は江戸末期に生まれ、独自路線を行く新宗教だ。

近鉄線・天理駅を降りると、正月4日とはいえ、意外と人がいなくて驚き。


【[天理編2] 前商店街の雰囲気】
tenri140107-2 tenri140107-3

しかし、商店街内はまさに“天理”。
何せ公共のアーケードに垂れ下がる謹賀新年の日の丸の横に、“天理教の旗”が普通に並ぶ。

さらに“天理教”と背中に書かれた黒いハッピを来た人が行き来し…。


【[天理編3] の掲示板は】
tenri140107-4 tenri140107-5

市の広報板より盛大に、天理教関連の情報板が立ち並び、さらに4代目によるありがたい御言葉も付いてくる。


【[天理編4] いにはJTBまでもが】
tenri140107-6

謎のチケットを販売し始める。
“おぢばがえり”って何だよ、いや、それ以前に全国区のJTBもこのノリかよと。


【[天理編5] ンスタント信者】
tenri140107-7 tenri140107-8

ちなみに信者用「黒のハッピ」は、普通に商店街に並んでいたりする。(※横文字の海外Ver.あり)

本屋にある“教えの本”も買えば、アナタも即席信者に!?


【[天理編6] ょっと商店街を出て】
tenri140107-9

脇道にそれると、「詰所」と呼ばれる建物が。
詰所というと、町の交番レベルを想像しがちだが、その建物規模は、詰所1つでデパート並みのデカさを誇る。

もちろん天理教の施設で、特徴的なのは、巨大ビルディングに無理矢理瓦屋根と赤い格子を合体させた建築様式である。

用途はどうやら信者の宿泊・研修施設みたいだが、一般の人間でも宿泊出来、しかも営利でないので格安とか。


【[天理編7] れも詰所?】
tenri140107-10

…と思ったら、天理大学だった。
キャンパスもこのノリ。


【[天理編8] れ何ーんだ?】
tenri140107-11

…天理の病院。
凄まじくデカいのと、実はいい医療が受けられると評判だったりする。

全部同じデザインなので、近づかないと何の施設か分からないのが玉にキズ。


【[天理編9] の施設の用途は】
tenri140107-12


…と、実は「市役所」。
見た目は完全に天理教の一施設と化す。


【[天理編10] うやく天理教本部へ】
tenri140107-13

天理駅からここまで辿り着くのに、えらく寄り道してしまったが、何というか、全体として、信じられないデカさ。
敷地は平城京並みに広く、そこにふさわしい巨大な神殿が建っているのだ。


【[天理編11] もそも入り口の旗竿からして】
tenri140107-14 tenri140107-15

…ちょっと手で持つのが難しいレベル。


【[天理編12] んな神殿に初詣】
tenri140107-16

信者じゃないが、大丈夫かなと思いながら、靴を脱いで入る。
入り口に撮影禁止の表示があったので、ここからは外観画像と共に簡単な説明を。


【[天理編13] った先にある「本殿」内は…】
tenri140107-17

だだっ広い畳の間の先にデンデン太鼓のようなモノがポツンと飾られ、両脇に黒の衣冠束帯風の“神官”っぽい信者が祈りを捧げている。

畳の間には一般信者がひっきりなしにで入りし、両手を上げ下げしたり、手を打ったりしている。
御神体は“鏡”との事だが、本殿内は暗くてちょっと見えなかった。


【[天理編14] 殿を出ると】
tenri140107-18

サイドに“細長い廊下”が伸びて、奥の「教祖殿」や「祖霊殿」へつながっていて、雨に濡れずに行ける。


【[天理編15] 祖殿や祖霊殿】
tenri140107-19

こちらにも衣冠束帯風の信者が祈りを捧げていて、奥に松が飾られていた。
参拝者が手を付いて拝礼していたので、とりあえず見学がてらに真似してみた。


【[天理編16] こからさらに】
tenri140107-20

長い廊下が伸びていて、元の本殿につながっていたので、そこから戻れるようだ。
つまり、3つの神殿はグルッと1周でつながっているのである。


【[天理編17] 殿から出ようと】
tenri140107-21

下駄箱に戻って靴を履いていると、表で案内をしていた天理教信者が近付いてきた。
非信者ゆえに何か失礼でもあったか…と一瞬思ったが、案内役の信者が掛けてきた言葉は意外なものだった。

「もしよろしければ、この“靴べら”をお使いになりますか?」というものだった。

何と親切な事だろうか…感動した!!


【[天理編18] にも】
tenri140107-22

神殿回廊内には4つ以上のトイレがあって、親切。
翌5日からは、鏡割りした餅を雑煮にして振る舞うといい、いろいろ親切なのはココかミヤコ教くらいしか思いつかない。

正直、宗教はお高く止まっていても差し支えないハズだと思っているのだが、ここにきて、何という“おもてなし”精神!

ふと、オリンピックも天理でやればいいと思った。


【[神社編1] 上神宮へ】
tenri140107-23

さて、天理教の敷地を抜け、さらに15分歩いた先の山道にある「石上神宮」(いそのかみじんぐう)へ。

ここにきて自分的には、天理教に満足したのでもういい気もしたが、まあ一応、最初の目的だった神社を目指す事に。
なお、石上神宮は伊勢神宮と並んで“最古の神社”と言われる大社だ。


【[神社編2] 味な鳥居】
tenri140107-24

石上神宮に着いたのはいいが、由緒ある大社の割りには人が居ないなと。


【[神社編3] き火が本気】
tenri140107-25

そんな中で俄然頑張っていたのが、社務所まえの広場での「焚き火」。

神職が薪では飽き足らず、不用な熊手やら鏡餅の三方やら菓子の空き箱やら、果ては書類入りダンボールまで開けずにそのまま火に叩き付けるので、何なんだその態度は!と火が激しく炎上、迂闊に近寄れない状況になっている。

まあお陰で暖かい。
ファンヒーターの温風なぞとは違い、焚き火は遠赤外線が放射されるので、身体の芯まで温まる。

なので自分は飛び火に気をつけつつ秋葉原ドネルケバブの要領で、ゆっくり回転しながら焚き火の放射熱を浴びていた。


【[神社編4] が本気】
tenri140107-26

本気な“美しさ”である。
…というか、なぜ境内に鶏が歩き回っているのかが謎ではあるが、昔からこんなノリでやっているようだ。

しかし、この極彩色の尾長鶏、相当慣れているのか、人が寄ってもビビる事なく、参道のド真ん中を悠々と横切って散歩を続ける。


【[神社編5] ぇ奴らだ!】
tenri140107-27

鶏を目で追うとそのまま石段を下り、仲間のいる木の枝に実に器用に登っていった。

ちなみに、仲間の鶏は爆睡していた。


【[神社編6] 殿が地味】
tenri140107-28

焚き火と鶏は凄かったが、拝殿はスグ目と鼻の先にあって、こじんまりしていて、人もそんなに居なかった事から、参拝も速攻で終わった。


【[神社編7] にかく小さい神社】
tenri140107-29

入り口の鳥居から拝殿まで、100メートルもないワケで、あの巨大な天理教を見た後でコレを見ると…。

ただ、この神社までは天理駅から徒歩30分で、みんなクルマで来ているため、大して混まない。

正月に人に潰されないで焚き火にあたり、珍しい鶏を眺めながらの“のんびり参拝”でいきたい人にはオススメかも知れない。


とめ】
tenri140107-30

やはり天理教の街だったなと。

もちろんこれは、住民の全てが天理教徒という意味ではない。
しかし、商売から病院などのインフラまで、天理教は地元に密接に関係しているし、何より、“いい関係”が築けていると自分は感じた。

あの“親切さ”も、そういったところから来ているのかも知れない。

さて、神殿の敷地を出て駅前近くまで戻ってきたところで、2時になった。
すると神殿の方からスピーカーごしに宗教音楽が流れてきて、にわかに道端に居たお年寄り男性信者が、彼方の神殿へ向かって直立から30度くらいの拝礼を始めたのだった。

<完>


【[おまけ1] りに商店街で】
tenri140107-31 tenri140107-32

「天理スタミナラーメン」で昼食だ!
地元・奈良テレビで流れているCMは怪しかったが、味は本物である。

ニラの効いたピリ辛醤油味に、豚肉・白菜がとても良く合い、さらにスープにも“旨味”が強く滲み出ているので、自分はかなり好き。

東京圏内に住んでいて食べられないではないか…という人は、実は去年あたりに高田馬場(早稲田とは逆方向)にも、しれっと支店が出来たりしているので、まあどうぞ。


【[おまけ2] 上神宮で恒例の】
tenri140107-33

「新年読者ご利益」を!
これを見た皆さんに、幸せと健康を。



ごめん、ちょっと勘違いした

2013年12月26日の日記です。

日はいつにも増して】
1312araaaa-1

「東京スカイツリー」がよく見える。

何か悪い前触れでなければ良いが…。







ラー】
1312araaaa-2

よく見たら、「代々木のモスク」だったわ…。

管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)