根の変な話】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

テレワークの昼休み──。
カップ麺と共に、生の大根スティックをポリポリと食べる。

間違って買ったり、実家から送り付けられたりして、大根が余りに余っているというのもある。

そういえば、大根といえば、高校時代に読んだ「徒然草」の第六十八段にこんな話があった。

然草 第六十八段】
筑紫国の何某という守備隊司令が「万病に効く」と称して、毎日2本ずつ、長年に亘って大根を焼いて食べていた。
ある日、守備隊が出払っている隙に、館内に賊兵が侵入してきた。
すると、にわかに2人の侍が現れて捨て身で戦い、ついに賊兵を撃退した。
司令が訝って「この館の侍とは思えないのに、かくも奮闘して下さった。どちら様でしょうか」と問うと、2人の侍は「私たちは、貴方が長年、毎日召し上がっている大根でございます」と言って立ち去った。
長年信じている物事があれば、時にこのようなご利益もあるということだ。

<現代語訳:自分>

全く、意味不明である。
いま読んでも、意味不明。

毎日同胞を食われた大根が賊兵に化けて「仇ぞ」と襲って来て、ついつい調子に乗って「首を取ってんげり」とかなるなら分かるが、その逆とは……。

つれづれなるままに、超適当に書いたとしか思えない。

根の薬効】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

しかし、大根にご利益があるのは間違いない。
ジアスターゼなど天然の消化薬が含まれていたり、ビタミンCや食物繊維も多い。
甘味もあるので大根スティックにすれば、つれづれなるままに、延々食べていられる。

先日、乳ガンの海外論文を読んだら、大根などアブラナ科の野菜(cruciferovs vegetables)は乳ガン発生を有意に低下させたともあり、文字通りのご利益も多い。

……というか、我々が食べる野菜はもっぱらアブラナ科、果物はバラ科のようにも思えるが。(一度、調べてみるといい)

が館を守っている!?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

あと大根は安いし、捨てるところがないのも良い。
「煮物」を作る場合は、先んじて“皮”を剥いで貯めておき、千切りにしてゴボウ・人参の皮と炒めて「キンピラ」にして出社日の弁当の一品にすれば、さらに安上がりとなる。

さらに良いことに、息子(4歳6ヶ月)も自分のキンピラを“おいしい”と食べてくれ、そのせいかは分からないが、感染症にも非常に強い。

もしそうなら、大根だけに“白刃”で我が館を病気から守ってくれているのだろうか。


新版「徒然草」(現代語訳付き)



話題のニュース 東京で新たに2,335人の感染確認 前週比1,000人以上の減少 新型コロナウイルス 話題のニュース 「ワクチン打つのは犯罪」反ワクチン団体男ら再逮捕 新型コロナウイルス [一言]「強制」でなく自由意志のワクチン接種に、どうしてそこまで干渉するのか?
話題のニュース ロシア軍 ウクライナ東部セベロドネツクの8割制圧 ウクライナ危機 テレビのニュース 大阪女学院の体育大会で生徒30人が熱中症の症状 3人は病院搬送 症状の程度は不明 [一言]“大女”は自分が通っていた高校の近くにあって、登校時によく一緒になった。
そこそこ勉強ができる進学校だ。
テレビのニュース 知床沖観光船沈没 船底の仕切りに“人の通り道”となる穴か 一気に浸水広がった可能性も 話題のニュース ロシアが勝ち切れない3つの理由 米国の戦争「長期化」準備が第三次世界大戦を引き起こす ウクライナ危機 社会・事件のニュース すき家「ワンオペ」で死者が 店内で倒れて3時間放置されていた女性従業員
えごん
[一言]すき家は、まだワンオペやっていたのか。
生活全般のニュース 「信じられない…」電車内で絶対に座りたい女性、とんでもないブツを持ち込んでしまう
えのげ
[一言]ノリが中国。
生活全般のニュース めちゃくちゃ縁起のいい救急車、発見される [一言]素晴らしい!
ゲームのニュース PS4タイトルのリリース、2025年までに終了へ ゲームのニュース 「あっ…これ途中で開発が力尽きたな」っていうゲーム ゲームのニュース おっちゃん「このゲーム神だぞ」←やったけど微妙だったゲーム 動画のニュース 90年代~00年代のバンドでマッシュアップやってみた!