みの変化】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

鉄道が大好きだった息子(4歳6ヶ月)は、最近になって「昆虫」「海洋生物」にシフトしてきて、Netflixでは「ムシキング」のアニメに夢中。

自分がゲーセンに入り浸っていた20年ほど前に専用筐体で遊ぶカードゲームだったのが、今や一大コンテンツに成長して息子の目に留まっていることに、隔世の感すら覚える。

子のゲーム事情】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

そんな息子がご執心なのは、以下の通り。

●車庫出しパズルゲーム
●ムーミンの農園ゲーム

いずれも妻のスマホで遊んでいて、「車庫出し」も小さな手で上手く婆さんをかわしながら操作し、「農園」も妻の手引きを受けながら、不足素材を自ら発見して合成に辿り着いているようで、飲み込みも早い。

時折、広告が入るのが厄介。
正露丸あやかり広告くらいなら良いが、たまに殺人オークやら、レベル1チンピラやらが出てくるので、サッと隠して広告を終わらせ、また遊ばせる……の繰り返し。

局そうなるのかよ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

先日買い与えたNintendo Switchだが、さすがにこちらはまだ早かった感。
いつか歳の離れた従兄弟のように1人で使いこなせればいいが。

今では、自分が過去のゲームのアーカイブをダウンロード購入して遊ぶ流れとなっている。


ウマ娘丼