風・前日】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

昨日は台風が来るという事で、社内総出で早帰りが奨励される。
自分は暫くいたが、遠くから来ている社員は16時前には退社。

昨日の東京都内は風が強くて、行き帰りに何度も傘が裏返って、“雨だけにするか、風だけにするか、どっちかにしてくれよ”とばかりに難儀した。

……で、台風当日(きょう木曜)は会社はどうなるのかといえば、業界全体が納期納期で目を回して働いているので、休むという発想は最初からなく、ほぼ全員が高熱なら這ってでも、死んだら霊柩車で行くくらいの覚悟の下にいる。

自分も、台風当日に終えねばならない束があるのと、離乳食やオムツが高いので、出社時の暴風で多少ケガしても構わないから、行くしかない。

そもそも、どれだけ警報を出しても、外出するなと喚起しても、国交省が省令で「台風かつ風速○○m以上は鉄道運行禁止」くらいの事をブチ上げない限りは、そんなのは全く無駄。
休んだら誰が休業補償するの、鉄道が動いているのに休んだら怒られる……社会人は強迫観念の中で生きている。

風・当日】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

負けられない戦いを意識しつつ、きょう木曜・台風当日を迎えたら、暴風雨なんて全くなくて穏やか、台風はどこ行ったの?という感じ。

寝ている間に、台風13号は千葉沖に大きくズレたらしく、時折、思い出したかのように強風が通り抜ける事があるにせよ、何とも平和な雰囲気。

テレビをつけると「いま台風が関東に最接近!」と騒いでいるが、ウチの外は見事な無風で、テレビもネタに窮してか“海の波しぶき”ばかり映して、そそくさとCMに移行していった。

出社すると、大通りも駅も、台風なんて無かったみたいなノリで、いつもの退屈な日常を取り戻していた。

結局、今回の台風も「前哨戦の方が激しかったパターン」だったのである。


折り畳み式・耐風傘(晴雨兼用) 1年保証付き




話題のニュース 台風13号 千葉・茨城の一部が暴風域 東北太平洋沿岸進む見込み [一言]都内は午後にも晴れるかも。
テレビのニュース きょう木曜、長崎原爆の日 [一言]戦後、被爆した「浦上天主堂」を取り壊したのが、つくづく悔やまれる。
当時の長崎市長が、アメリカの姉妹都市に“忖度して”ボロボロながらも残っていた浦上天主堂を壊したそうだ。
もし、残しておけば長崎版・原爆ドームとして、“青空ミサ”など特徴的なイベントで平和を世界に発信できたものを。
そして何より、今年の世界遺産(潜伏キリシタン)にも登録されたはずだ。
何て早まった事を……。
テレビのニュース 沖縄県の翁長知事が死去 67歳・膵臓ガン [一言]少し前から“意識混濁”状態にあったというから、あまりの激痛にモルヒネを打っていたのだろうか……と推測。
本当に膵臓ガンは救いがなく、人類はもはや“ガンを根治するのは不可能”ではないかと思い始めている。
ご冥福をお祈りします。
テレビのニュース 現状のままだと「納采の儀」行えない 皇室が小室圭さんに伝えていた 社会・事件のニュース 「下着は白」セクハラ校則指導の理不尽さ [一言]こんなのは教師でない、ただの“変質者”だ。
それすら分からないのは、マトモに社会にも出た事がないのを教師にしているためだ。
いびつなムラ社会が出来上がっている。
政治や経済のニュース 共同通信のとある記事が韻を踏みまくってラップになってると話題 [一言]あえて“政治系の堅い記事”でやっているのがいい。
生活全般のニュース 「ヘビメタのフェスに行きたい」、老人ホーム抜け出すも途中で保護  ドイツ
えごん
[一言]行かせてやれよ、最高のボケ防止になるのに。
生活全般のニュース 水上バイクでジャンプして死亡の男性(48)に「スタントマンじゃないのに…」の声 北海道・洞爺湖 スポーツ・芸能のニュース 日大・チアリーディング監督のパワハラ発覚 スポーツ・芸能のニュース 爆笑問題・太田光 “裏口入学報道”に猛反論50分 日大関係者に激怒「クソガキが!」 [一言]次の日曜の「サンジャポ」は、どうなるんだろうか……。
こんなにキレてたら、ネタにも笑いにも出来ないんじゃないか?
ゲームのニュース eスポーツに関する調査 81.3%は「興味なし」 [一言]10年前、eスポーツイベントなどに参画した自分は、あの時から「理解の壁」を感じていた。(※他にも「権利の壁」など醜い壁が多数あったが割愛する)
これまでeスポーツは「何度も小さなブームになり、すぐに総崩れになる」というのを何度も繰り返しており、確かに今回のeスポーツの波は大きいのだが、そのぶん、もし醒められたら“引き波”は大きく、これまでは一部残っていた“期待値”までもキレイに流し去ってしまうのでは……と懸念している。
結局、マイナースポーツ同様、そのゲームタイトル(※あるいはジャンル)の“プレイヤー”でないと理解できない……という要素が、あまりにも多すぎる。
野球やサッカーが恵まれているのは、親世代が自然と知っていて、そのあらましを子世代に伝播するのと、学校で教える事である。
その“タガ”から外れたマイナースポーツや、ビデオゲーム自体が歴史の浅い中で発展したeスポーツは、あまりにも高いハードルの前に立たされている。
ハードル支柱の大部分は「非プレイヤーを取り込む事」に他ならないが、もし越えられなければ後頭部を強打して暫く失神しているか、もしくは……という状況にあると考えている。
ゲームのニュース AIの登場で今後ゲームはどうなるのか? ゲームのニュース ガチで喧嘩に発展したことのあるゲーム