しぶりの電車】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

久しぶりに休日を1人で過ごしたいのと、赤ちゃん息子(0歳5ヶ月)を抱っこし過ぎて右肩が痛かったので、隣県・神奈川までラーメンを食べに行く事に。

東京都心部から神奈川県は、自転車だとあまりに遠いので、久々の電車。
途中、突如として出来た、同じ窓が整然と並ぶ武蔵小杉のタワマンの数々に驚きつつも通り越し、目的地・日吉駅で降りると目の前は言わずもがなの「慶應大学・日吉キャンパス」の並木道が。

とてもアカデミックでいい雰囲気だったので、講師のフリしてキャンパスの隅々まで見て回ったろかと思ったが、とてもそうは見えなかったのと、そもそも入試で入れる状態でなかったので挫折、反対側の商店街へ。

ラーメン屋も、この“反対側”にある。

吉の風景】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

放射状に広がる商店街を歩きながら、日吉は何年ぶりだろうか…と、曖昧な記憶を辿る。
もし最後に行ったのが“ゲーセン通いの時代”だったとすれば、18年ぶりとなる。

セントラルやJ&Bなど50円ゲーセンがいっぱいあって、ビリヤード場には慶應付属高生が入り浸っては、ときおり学校に通報されて排除される…という自由と放埓の日々だったと記憶しているが。
あれからゲーセンは減ったものの、少し残っているのと、ビリヤード場も生き残っていたのが、ちょっと意外だった。

そしてラーメン屋「らすた」に到着。

ーメン、登場】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

目的のラーメン屋は、典型的な“家系ラーメン”の店だ。
しばらくして出てきたラーメンは、程良く臭みが抜け、パンチの効いた醤油豚骨スープが美味い。

あと、家系にデフォルトで載っている「大判ノリ」の食べ方だが、あくまで個人的見解として、「ノリはスープに浸かり過ぎてビチャビチャにせず、半分は硬いままの方が美味い」と思っている。
そして、ノリを浸す際に、より多くのスープの表面の“ラード”を吸わせると、甘くて香ばしいノリになると思う!

ぎめし、登場!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

まあ、そんな事はどうでも良い。

自分が食べたかったのは、サイドメニューの「ねぎめし」なのだから!

「ねぎめし」とは、白飯に刻みネギを載せて、ブラックペッパーと“独自のタレ”を少しかけたもの。

動の瞬間】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

らすた開店3年目に行った頃から既にあった人気メニューで、知人と通っては、あの“タレ”は一体何なのか…と憶測を飛ばし合っていたのが懐かしい。

そんな「ねぎめし」をひと口…。
“タレ”の風味と、ブラックペッパーで適度に臭みを取ったネギの香りが抜群の相性で、これだけで何杯もいけるレベル!

久々に日吉に来て良かった瞬間。

京に戻り】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

夕方から赤ちゃん息子と一緒に教育テレビを見ながら、あやす。
赤ちゃん息子の好みは「ピタゴラ装置」や「えいごであそぼ!」全般で、「みいつけた!」も概ね好評だが、“オフロスキー”だけは泣く。

で、赤ちゃん息子の番組の好みをどうやって知るのか…という話だが、それは案外分かりやすくて、足を見れば分かる。
番組が面白いと足がピピピピッと徐々に上がっていき、最高はピーン!となってコタツ天板に足が乗っかるのである。

要は、「欽ちゃんの仮装大賞」みたいなものである。

して…】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

晩ご飯も作る。
コロッケ、キノコ汁、そして…また…。

た…】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

また「ねぎめし」か!
あのシンプルかつ味わい深いご飯、家でも再現したいと思うのが人情というもの。

問題になるのは、あの“タレ”であり、ネット上でも再現しようとした人が色々試しているのだが、自分はやはり、店のラーメンダレ(醤油ダレ)がそのままかかっているいるような気がしてならない。

かなる「ねぎめし」】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

とはいえ、店のタレなんて作れるワケがないので、現在では近似値狙いで、醤油に砂糖・味醂を加えながら煮沸させた“かえし”を作成して、それを「ねぎめし」にかけている。

割りとコレが近い気がするのだが…。



テレビのニュース 父親“暴行死”で31歳の息子逮捕、介護疲れか 京都・亀岡 [一言]まだ31歳でこんな生活、可哀想である。
テレビのニュース 路上で何者かに刺され、男性死亡 大阪・羽曳野市 テレビのニュース 地震被災地視察ヘリが着陸失敗、地上の13人死亡 メキシコ テレビのニュース チベットの世界遺産の寺院で火災 政治や経済のニュース スカパーの解約数がシャレにならないくらいヤバい 生活全般のニュース 浮遊感!「天空の城ラピュタ焼きそば」の完成度が高すぎる
えごん
[一言]コレは見事、そして園丁ロボットまで…!
生活全般のニュース 眞子さまご結婚延期 落とし所は「小室さん側からの辞退」 [一言]打ち首でなく名誉の切腹とか、構造的には、江戸時代から変わってない。
雑学のニュース お風呂のイスに穴が空いてる本当の理由 スポーツ・芸能のニュース 「不合格です」ロンブー淳、青学(全学部方式)突破ならず [概要]残る青学合格チャンスは「学部別方式」のみ。
[一言]青学のような難関大学は偏差値32からだと170日では無理、余裕をもって“1年半”はないとダメだろう。
番組ネタのために受験するのでなく、本気で受験するなら、来年も受けるべきだ。
むしろ受けなかったら、“チャラい動機”で受けたのかという話になりかねない。
ゲームのニュース 50代・男性「スポーツとは体を張って身体能力を競うもの。ゲームをスポーツと扱うなど問題外」 [一言]“脳筋”らしい意見だ。
ゲームのニュース セガサターンがプレステに完全敗北した理由 ゲームのニュース 「モンハン ワールド」 メイン武器から見るプレイヤーの性格