年早々の危機】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

インフルエンザが猛威を振るい始めた。
1月に入って、全国各地でインフルエンザ注意報や警報が発令され始め、スポーツ選手や芸能人、皇室に至るまでインフルエンザの発症者が続出している。

インフルエンザを予防するには予防接種が一番だが、「予防接種したのにインフルにかかる、あんまりだ」とか「予防接種そのものがイヤ」とかいう人にとっては、もう根本的に体質改善をする以外に方法がない。

体質改善は、具体的には「免疫力を高め、腸内環境を整える」という事。
免疫細胞の約70%が“腸にいる”ため、整腸効果のあるモノを摂取するのがセオリーとなる。

整腸効果といえば、誰もが思いつくのが「ヨーグルト」。
特に“プロバイオティクス”の高機能ヨーグルトが良いとされる。

ただ、ヨーグルトは腸にとどまらないで素通りするだけ、腸内の善玉菌を増やすには「食物繊維」こそ正解…という説もあり、我々はただただ右へ左へ混乱するばかり。

そして、そんな論争の決着を悠長に待っているうちにインフルエンザにかかってしまう事だろう、実に滑稽だ。

そこで今回は、自家製「ヨーグルト入りスムージー」でインフルエンザに対抗したいと思う。
食物繊維の塊であるスムージーに、ヨーグルトをタップリ入れるという、論争がどちらに転んでも勝てる仕様。

ウチでは、スムージーの原料として…

●牛乳
●ヨーグルト(プロバイオティクス)
●甘酒(麹から醗酵したもの)
●バナナ
●リンゴ
●ブルーベリー
●ブロッコリースプラウト
●大麦若葉青汁(粉末)

…を使う。

ずは飲み物系】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

「牛乳」と「ヨーグルト」を投入。
主役のヨーグルトは、是非プロバイオティクスのものを使いたい。

に】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

「バナナ」や「リンゴ」を入れる。
品種などは自由、リンゴは“皮ごと”で。

らに】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

せっかくだから抗酸化の「ブルーベリー」も入れる。

あと、葉物野菜は大寒波の影響で買えずに工場育ちの「ブロッコリースプラウト」を投入してみると、ちょっとした草地のような雰囲気。

るで、苔山!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ついでだから、必須アミノ酸の補給もしておこう、「甘酒」を垂らす。
このスムージーは甘味料に砂糖は使わず、これらの素材の糖分でそれを補うスタイルだ。

そして、こちらも大寒波とはまるで無縁な粉末の「大麦若葉青汁」を上から振りかけてみると、盆栽の苔山みたいになる。

キサーにかける】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

…まあ、見た目を楽しむアートではないので、材料が揃ったところで、ミキサーで撹拌開始!
グルグル混ざっていくと、色はブルーベリーの影響もあって“ピンク”寄りに。

なお、色を“グリーン”にしたい場合は「大麦若葉青汁」の量を増やすか、「小松菜」を足せばいいのだが、ただ小松菜の場合は、ほうれん草と同様に“生で食べる事を全く想定されていない野菜なので、必ず“アク抜きの湯通し”をしてから使う事、身体に有害だ。

成!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

美しい「ピンクスムージー」に!
いただいてみると、ほんのり甘酸っぱくて、まろやかな味。

また、手作りスムージーは、材料のちょっとした量の違いで味が変化するのも面白く、毎度ながら唯一無二のスムージーが出来上がるのも、良い。

ンフルエンザ対策強化月間!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

インフルエンザ大流行に先んじて、「上位レベル」の飲むヨーグルトを大奮発して買ってきて、投入!

ヨーグルト有効説の範疇において、ヨーグルトは“1種類をずっと食べ続ける”のがセオリーとの説もあるが、一方で、定期的にヨーグルトの種類を替える“菌替え”を行なう事で整腸効果がさらに増大するとの研究もあるので、インフルエンザが蔓延する期間「1月〜2月」の間は、上位レベルを継続してみたい。

免疫力が高いと、仮にインフルエンザにかかっても“軽く済む”ので、このスムージー生活を習慣化していきたい。



話題のニュース 吉本興業、5年分のギャラ踏み倒し!? 芸人が悲鳴を上げる「ブラック体質」を全告発 [概要]仕事先によっても取り分が変わるが、吉本から詳しい説明はない。
仕事が重なって忙しいマネジャーやコミュ障マネジャーなどに、いくら催促しても請求書を出してくれず、そのまま入金処理されずにノーギャラとなる。
若手の所属タレントの中には「タテついて干されでもしたら困る」と、泣き寝入りする者も多くいるという。

テレビのニュース 「株式会社 はれのひ」成人式衣装トラブル、1年前から経営悪化か [一言]100万円払った人もいたとかで、悲惨すぎ。
これはもう、成人の日だけにとどまらず「大規模詐欺事件」に発展しそうだ。
振り袖届かず 横浜市が相談相次ぎ特別窓口開設へ
はれのひ「翌日までに振込すれば安くする」入金をせかす
振り袖トラブル 給与未払いで社員相次ぎ退社
テレビのニュース 2年ぶりの南北の閣僚級会談始まる テレビのニュース 女子高校生2人はねられ重体 80代男性運転の乗用車 群馬 テレビのニュース カヌー ライバル選手の飲料に禁止薬物 [一言]コレは悪質な。
こんなのはケリガンを襲ったハーディング以来だ。
社会・事件のニュース 茨城・つくば市、イバヤン襲来で荒れる成人式を鎮圧 社会・事件のニュース 「高級スーパーかよ!」台風の影響で野菜の価格が大変なことに
えごん
[一言]成人の日は、サニーレタスを求めてスーパー10店舗回って空振りに終わった、おつとめワゴンにも1個もなくて本当に虚しい休日だった。
1個450円とか買えたもんじゃない、明後日にはサラダが尽きるというのに、どうすればいいのか…もうダメだ。
社会・事件のニュース トラック運転手「ここで仮眠しよう」→警察「ダメだよこんなところで寝ちゃ!」と一斉取り締まり → 運転手「大目に見て」とボヤキ節 [一言]ただでさえ人手不足のドライバー職、過重労働のうえに仮眠も取れないとなると、睡眠不足による大事故が懸念される。
生活全般のニュース 漫画家・うすた京介先生が炎上 アシスタント残業未払い騒動で飛び火「嫌なら就職しなさい」と発言 [一言]「漫画家の世界はマトモじゃないのは分かってるだろ」という開き直り発言が、この業界の“闇”の深さを物語っている。
生活全般のニュース ナイジェリアの小説家 [一言]こういう人々は、欧米人や欧米化された日本人と違う世界観、時間の流れで生きているから、ちょっと読んでみたい気も。
昔、マリ共和国の映画を見た事があったが、全く謎だった。
生活全般のニュース コンクリート打ちっぱなしの物件に住んだ結果
えごん
[一言]デザイナーズ物件として、一時期流行ったやつ。
見た目通り、やっぱり寒いんだね。
ゲームのニュース 外国人が日本から四角ボタンのファミコンを取り寄せた結果 ゲームのニュース かいしんのいちげき!←効果音を文字であらわすと? [一言]「ドラクエ11」の“会心必中”は本当にチート級だったな…と。
“どくばり”を必死で溜めて損した、「5」だったか、あの頃はプッスプス刺さって楽しかったが。
ゲームのニュース ビアンカ・フローラ論争は起きるのにミネア・マーニャ論争は起きない理由 ゲームのニュース 90年代のゲーセン全盛期にゲーセン行ってた奴しか知らないゲームと言えば [一言]シューティングは山ほどあるので、そうじゃないのといえば…「特殊部隊ジャッカル」(コナミ)か。
友達と2人プレイして、やたらオラついた敵バギーに追い回されたのが楽しかった。
…ああ、コレは80年代の基板だった、まあ当時はレゲーもいっぱい置いてたし、いいか。
ゲームのニュース 最近の家庭ハードのゲーム、やりこみ要素ありすぎて積みゲー消化できない問題 [一言]クエストとかは、ほんの一部だけ遊んで、サッサとクリアしてしまう。
他のゲームをやった方がいい。
この手のやり込みなんて、昔アーケードでやっていたモノと比べたら、どうというモノでもないし、仮に難しいやり込みがあったとしても、今更やる意義もない。
ゲームのニュース ウメハラさん、結婚式に私服で参加してしまう