日は長崎・グラバー園へ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

ここは歴史を知る施設であり、世界遺産でもありながら、実は知られざる(!?)夕焼け・夜景スポットでもあるのだ。

日はキレイに焼けると踏んだ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

もう、何回も来ているが、夕焼けから夜景に変わるのは見に来た事がないので、ちょっとワクワクしている。
ちょうど日没前、これから美しく焼けていくだろうか…。

佐山方面・焼け始め】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

夕焼けが始まる。
横に筋が伸び、幾重にも重なったような夕焼け雲に、思わず期待してしまう。

佐山方面・本焼け】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

見事な焼けっぷり!
今日はやはり焼ける日だった。

崎駅方面・本焼け】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

斜めに掛かった筋雲は、厚ぼったい天鵞絨のカーテンのよう。

神大橋方面・本焼け】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

三菱造船所のクレーン群。
これからも“三菱の街”としてやっていくのだろうか…。

が暮れた!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

そして、夜景に──。
それまで主役として輝いていた空が色褪せ、脇役として黒く沈んでいた街に明かりが灯り、浮上してくる。

静かな音の中で繰り広げられる、このダイナミックな交代劇が好きで、よく夕暮れを眺めに行くのだ。

なお、この日の夕焼けがキレイになると予測したのは、「台風が近づいている」から。
台風前の大気が乱れた状態では、夕焼けがより鮮やかになる事が多い。



※以下、力尽きた。

話題のニュース 台風18号、宮古島で猛烈な風 3連休に本州接近も