はや他人事ではない】
排ガス粉塵が肺には超ヤバい。

先日、肺腺ガンを発表した中村獅童さんなど、著名人のガン告白が続いている。

今や2人に1人がガンになり、街に排ガスがあふれ、中国からPM2.5が襲いかかる昨今となっては、もはや対岸の火事ではない。

熱療法】
何となくのイメージで、この機械は関係ありません。

最近になって「温熱療法」というのを耳にした。

ガン細胞は42℃以上の温度で死滅する。
正常細胞はその温度でも死ぬことはない。

この温度差を利用し、身体を温めることでガンを退治するというのが治療の基本コンセプトだ。
大昔に進行ガンの患者が感染症にかかって高熱が出てしまう(A-3)も、熱が引いた後にガンの状況を調べると、ガン細胞は全滅していて、患者は見事にガンを克服した…という症例から、この温熱療法が考え出されたという話だ。

温熱療法は主に「ハイパーサーミア療法」が採られていて、身体の一部分をめがけてラジオ波を照射してガン細胞を温めて叩く(B-1a)というやり方だ。
他にもカプセルに入って全身を温める全身温熱療法(B-1b)などもあり、方法は多岐にわたる。

しかし、ガン細胞は42℃以上の温度で死滅し、このように治療法が確立されているにもかかわらず、調べていると完治しないで亡くなる患者のブログに辿り着くのは、なぜだろうか?
理論上では、この方法で人類はいかなるガンも克服していなければならないはずではないか。

どうして、そうなっていない?
これは、素晴らしい「発明」ではなかったのか?

春の蹉跌】
中古車屋のカー用品サービスだった記憶。

そういえば、「発明」というと苦い思い出がある。
それは自分が高校生だった頃の話だ。

当時の自分は“落ちこぼれ高校生”で、それにふさわしく誤ってラベル付きのビンを落として割ってしまった。
するとビンは粉々になって、辺り一面にガラス片が散らばったのだが、ラベルの部分だけはガラスがヒビだらけになりつつも、ラベルにくっ付いて散乱しなかったのである!

その時思ったのが、「これはひょっとして、車のフロントガラス一面に“透明シール”を貼れば、車が事故った時に割れたフロントガラスがシールに張り付いて、運転者を守れるのではないか」…ということで、それは直感的なものだった。

となると俄然、焦り始めて「これは大発見かも、すぐに紙に書いて新幹線で東京に行って、東京の特許許可局(←※この辺が凄く落ちこぼれ)に見せに行かないと…!」となっていて、次の瞬間には“カーシール”という商品名まで思い付いていたのである。

そんな感じでいつ東京に行くかを思い巡らして、ふと“カー用品販売店”を通った時、自分は凍りついてしまった。
「カーフィルム貼ります」の看板があったのだ!

自分が思い付いたシールなぞは既に存在し、商品化されるまでに先を越され、しかもネーミングセンスでも負けるのか。
人生とは無情だ…。

ンビリバボーな番組】
奇跡体験アンビリバボー。

あれから20数年、発明は黒歴史として心の中に押し込み、その後は極力目立たないよう、ひっそりと暮らしてきた。
そんな今年の春先、いつものように某バラエティ番組を漫然と眺めていたら、酔っ払って雪の中で寝てしまい、低体温症で意識不明になった男が紹介されていた。
男は病院に搬送され、医師たちは男の身体の外からから必死に温める(B-2)も、男は意識も心拍が回復しなかった。

人間の深部体温を温めるのは、かなり難しく、身体の外から(B-2)では困難ということらしい。

もうダメだと諦め始めた時、ある医師が別の施設に移送し、そこで男の血液を人工心肺装置に送って温め(A-2)、再び男の身体に戻すという循環を続けると、男の深部体温は36℃まで回復、男は奇跡的に蘇生した…というエピソードだ。

つまり、身体の外からではなく、血管を通して直接的に内部から温める(A-2)ことで、奇跡が起きたという話だった。

ンビリバボーな発見】
自分のイメージをラフに描いた図…ラフすぎ。

だが自分はそれを見た時、「だったらこの装置を血液42℃まで温められるように改造して、ガン患者の全身の血管を通して身体全体を42℃に温めたら、ガン細胞は全滅するのでは…!?」(A-1b)と直感的に思った。

機械は患者の血液を吸い出して温め、また体内に戻すというところまでは同じだが、設定温度を“41.5℃から人間の正常細胞が耐えうるギリギリの45.5℃まで”に限定し、0.25℃刻みで調節できるという、温熱療法に特化したものとなる。
この方法なら、患者の深部体温を容易に管理でき、しかも動脈・静脈を通して全身を温熱が巡るので、まさに理想的ではないか。

許庁へ】
特許庁・正門。 偉大なる日本の発明者たち。

だが、今回はそれが新たな発明なのか否かを確認する事さえ、億劫だった。
誰かが思いつくモノは、誰かが既に考え出している、カーシールの二の舞だ…そう思って心の底にしまい込んだのだ。

そうやって2ヶ月ほど静かに暮らしてきたが、やはり気になるのは例の「体内を直接的に温める方法」(A)だ。
「体外から間接的に温める方法」(B)より、効果的に思えてならない。

気になってくるとどうしようもなくなる性分で、やはり自分の思い付きが発明に当たるのか否かだけは明らかにしておこう…と特許庁へ行くことにした。

特許庁は霞ヶ関の官庁街にあり、辺りはお堅い雰囲気、入庁手続きと手荷物検査を済ませ、庁内へ入るとそこには創設者・高橋是清の像が建っていて、さらに向こうには豊田佐吉など日本を代表するエリート発明者が偉人よろしくパネルに収まり、並んでいて、“凄まじいばかりの場違い感”を覚える。

特許庁職員と面談すると、申請の前に、その思い付きが既に特許として存在するか否かをデータベースから検索して調査する必要があるという。

さらに職員は、(公社)発明協会で細かいアドバイスが受けられると勧めてきたので、少し歩いた先にある消防会館隣の発明協会へ。
弁理士からさらに具体的な検索方法などを学び、いよいよ類似の特許がないか、検索開始!

に感無量だ!】
アメリカ人が出してきた特許・その1。 アメリカ人が出してきた特許・その2。

結果は……「ほぼ同じ内容の特許」(A-1a)を発見。
15年前に、アメリカ人によって発明され、日本の特許庁にも登録済みだったのだ。

機械はまさに血液を温めて患者の体内を巡らすもので、設定温度の上限が45℃というところまで似ている始末。
「特許 第4025506号」、そしてやはり機械の使用目的は“温熱療法”となっていた。

ここまでくると、悔しさは全くなく、むしろ感慨深くさえある。
自分が15年前に何をしていたかと言われれば、ゲーセンに入り浸っていた…と答えるしかない。

ポンプやヒーターの構造、それらの勉強を1からする手間が省けたというものだ。

ぜ、採用されない?】
考えれば考えるほどに、謎が深まる。

しかし、この画期的な機械だが、ネットで調べても、温熱療法の現場で用いられているという話を聞かない。
日本では認知されていないのかと思って、特許申請人の母国・アメリカの温熱療法事情を探ってみたが、これといってヒットしない。

もとより、この手の医療機械の特許は、それが“新しいアイデアかどうか”が審査対象だという話だから、“効果”はその後の実証実験を待たないといけないのだろう。

自分は素晴らしいアイデアだと今でも思っているが、実は我々素人には思いもよらない、医師や科学者しか知らない欠陥でもあったのだろうか?
それとも、単にこのアイデアを誰も取り合おうとせず、休眠特許化しているのだろうか?

何とも割り切れない話なのである。

女子大生マイの特許ファイル





テレビのニュース 山陽新幹線車内で放火未遂容疑 男を逮捕 テレビのニュース 浅草・立てこもり 元・交際相手女性はストーカー被害訴えていた テレビのニュース 加計学園問題 野党4党、前川・前次官の証人喚問を要求 テレビのニュース 英の自爆テロ容疑者 過去に少なくとも5回の通報 テレビのニュース 人口減少で個人所有の空き地増加 早急な対策を 社会・事件のニュース 注意!「雑種のフグ」が増加中 毒の部位不明、外見の判別難しく 社会・事件のニュース 動物の死が相次ぐ円山動物園、獣舎に監視カメラ 社会・事件のニュース 韓国海軍の女性将校が自殺、上官から性的暴行か
AFP通信
政治や経済のニュース カールなぜ西日本だけ限定に 東日本が食べなくなった? 明治「売上に地域のバラツキはありません」 生活全般のニュース 一流大卒「官僚の元妻」が貧困に苦しむワケ 貧困に喘ぐ女性の現実 生活全般のニュース 自分の子どもがイジメにあったら「夢を持って」逃げる事 生活全般のニュース 日本キリスト教団によるテーマが「某餃子チェーン店の唐揚げの塩最強伝説」 確かに祝福レベル 生活全般のニュース 本当の意味で「一番固い物質」ってなんだよ 生活全般のニュース もうみんな本気で忘れてると思うけど、今日は「プレミアムフライデー」だからね 生活全般のニュース これが餃子の王将の本気だ! 京都でしか買えない「究極の和風餃子」 生活全般のニュース ラピュタの「バルス」とかいう滅びの呪文 生活全般のニュース JR総武線、車内にとんでもない広告を載せてしまう 生活全般のニュース 85歳のスーパーモデルが放つ、全ての女性の背中を押してくれる名言
FRONTROW
雑学のニュース ランサムウェアからWindows PCを守る 10の方法
GIGAZINE
スポーツ・芸能のニュース 羽田圭介氏がギャラ事情暴露、テレ東に不満タラタラ スポーツ・芸能のニュース 友近がなんか相当ヤバイ スポーツ・芸能のニュース ブルゾンちえみの中学時代 ゲームのニュース e-Sports大会「Red Bull Kumite」で「ストリートファイターV」に日本人選手が5人出場
GAME Watch
ゲームのニュース 1988年のコナミSTG「サンダークロス」がPS4で6月8日に配信決定 欧州版と北米版も同時収録 ゲームのニュース どこでも「テトリス」が遊べる! カードサイズのゲーム機が販売中 ゲームのニュース Xboxの「Beam」が一新して新型ゲーム実況サービス「Mixer」へ、Twitchの対抗馬となるか?
GIGAZINE
ゲームのニュース 四大・ゲームしてるとき言ってしまう言葉「へ?」「は?」「油断した」…
HighGamers
ゲームのニュース ゲームでオンラインの対人嫌いなやつ 動画のニュース 女性「この人が痴漢しているんで!」 女性専用車両に乗った男が痴漢にでっち上げられる一部始終 動画のニュース 「のど自慢」でプリキュアを歌う勇者