日の代々木公園へ】
クリックで拡大。

さて、ここ代々木公園は「デング熱騒動」から初めての休日を迎えた。

代々木公園に来たのは、先日のNHKニュース「デング熱感染 なぜ代々木公園で」が、なぜ他の公園でなく“代々木公園”なのかの部分にちゃんと答えていなかったため。

もはやこうなったら自ら検証するしかない――自分は追い詰められていた。
そこで、“絶対に刺されない”という意気込みのもと、虫除けジェルをキラキラするまで塗りたくって公園内を見て回る事に相成ったのであり、決してミーハー心からではない。

なお公園内では“5秒”しか止まれず、それ以上立ち止まると蚊に刺される可能性がゼロではないので、常に動き回る事になる。
そのため、多少写真がブレていても、大目に見てほしい。

り口前広場】
クリックで拡大。

公園に入る前からデング熱の影響を感じずにはいられないほどの閑散っぷり。
ここはダンスを披露したり、ダブルダッチなどスポーツの練習をしたり、常に人でごった返しているのだが…。

園に突入、晴天だというのに…】
クリックで拡大。

ここは多摩中央公園(郊外)かというくらい、人がいない!
入口周りにはパラパラと人がいたが、芝生広場までくると貸し切りかというくらい。

普段ならここで複数の親子がスポーツなどしているのだが、今日は外人が1人でヘリコプターを飛ばしていたのみ。

【「谷門」前】
クリックで拡大。

報道を参考にすると、このあたりでダンスの練習をしていた3人が刺され、デング熱を発症したとみられるが、実際ここは以前から入り口前広場と同様に“ダンスの練習場”と化している。

しかし今日はダンス広場に人はなく、シーンとしていた。

水広場】
クリックで拡大。

ここは結構人がいるように見えるが、普段なら何のイベントがなくても100人くらい、鈴なりになってたむろっている場所なのだ。
真っ昼間にここまで人が座っていない噴水席は、なかなか見られない。

のほとりも】
クリックで拡大。

スッカスカ。

ッグラン、ほぼ壊滅】
クリックで拡大。

犬にとっては快適。

ガール、全滅】
クリックで拡大。

以前、ここを歩く時に必死で避けていた森ガールは、忽然と消えていた。

の時、自分を襲った“モノ”】
クリックで拡大。 クリックで拡大。

とある木の切り株にカラスが止まって、やたら株を突いていたので何やっとんねん自分より高度な事をするなと見てみると、そこには水が溜まっていた。
ああ、こういう所にボウフラが湧いて蚊が生まれ、そして…。

と、その時だった!
“カツーン!”というちょっとした刺激が上腕部を走っていったのだ。

ハッとして腕を見ると、そこに「ヤブ蚊」がぶつかって来ていた。
虫除けジェルが効いていたのか、普通なら止まって刺すところを弾かれていて、助かった!

うっかり、カメラで撮る際に、6秒止まってしまったのだ…。
もういいだろう、お開きだと、公園を後にする事にした。

肉にも、今がサルスベリの花の見頃!】
クリックで拡大。

しかし何というか、代々木公園ほどサルスベリの花が美しい公園もなく、太く立派に育った木々に“紫という色違いの花”まで咲き誇っている。
デング禍さえなければ、ここに茣座を敷いて“花見”でもしたらどうや何でせえへんのと勧めるところなのだが…。

ング熱ウイルスの“源流”を追う】
クリックで拡大。

それにしても、デング熱が発生したのは新宿中央公園でもなく、お台場海浜公園でもなく、多摩中央公園でもなく、なぜ「代々木公園」なのか?
蚊の絶対数から見れば、敷地面積の大きい多摩中央公園の方が遥かに多いだろう。

さて、デング熱はアフリカや南米・東南アジアなどに分布する感染症で、日本には存在せず、かつ70年にわたって国内感染もなかった。
それでも今回感染が起きたのは、デング熱に感染したまま来日した外国人が、再び代々木公園で蚊に吸われ、その蚊が日本人3人を刺した可能性があると考えられている。

実際、今日歩いても以前に歩いても、ここはアメリカの公園かというくらいに外国人が多かった。

ではなぜ代々木公園は外国人が多いのか?

ール・ジャパンの影響】
クリックで拡大。

それはどうやら、代々木公園の“周辺”にあるようだ。

大手の口コミ旅行サイト「trip advisor」によると、外国人が好むクール・ジャパンな東京観光地の1位は何と「原宿」、さらに18位に「明治神宮」が入っている。

そして代々木公園は、この「原宿」と「明治神宮」という2つの観光地と隣接しているのだ!

公園内にやけに外国人が多いのは、これが関係していると見て、ほぼ間違いないだろう。
原宿で遊び、明治神宮を観光し、休憩に代々木公園を使う……実に自然な流れだ。

だからといって、外国人を邪険にするのは絶対に良くない。
そもそも外国人説は可能性の1つに過ぎず、海外から帰国した日本人の可能性だってある。
それに彼らは悪気が無い上に、日本を好んで遊びに来てくださっているのだから、そういう事をしたら“不義理”に当たる。

問題はデング熱感染をどう予防し、水際でどう防疫するかというシステム面なのだ。

自分が使う虫除けジェル。  スプレータイプ。

≪関連記事≫
デング熱、本当に70年ぶりなのか?
デング熱 もはや安全な公園はない
デング熱の流行に備え、今われわれが出来そうな事
HIV、エボラ出血熱…デング熱のように「蚊から感染」しないのか



テレビのニュース デング熱騒動 都は週末も電話で臨時対応 代々木公園のライブイベントも一部中止に。
「隣の蚊を駆除して」?! 都のデング熱相談に100件超
蚊にご用心!「デング熱」の症状は?予防法は?
日本でのデング熱に海外の反応
テレビのニュース ヘイトスピーチ法規制求める、国連委が日本に勧告 ヘイトスピーチについては、誰が考えてもアウトだろう。
さらに「従軍慰安婦問題への対応も不十分だとして、被害者への謝罪などを求めている」というが、こちらはまず、先日の朝日新聞の“ねつ造”についての説明をしなければならないだろう。
テレビのニュース 建設会社のプレハブ宿舎全焼、4人死亡 「タバコの火の不始末」だという報道が出ている。
社会・事件のニュース エボラ熱発症後のサル治療に成功 「ZMapp」投与実験
47NEWS
これは興味深い!
しかも感染からある程度時間が経ってからの投与での成功。
社会・事件のニュース 「たかの友梨」はブラック企業なのか? 「なのか?」と訊くまでもないくらいの“どブラック”だった…。
たかの友梨社長「誰も知らないでしょ、36協定なんてね」 浮いたおカネで「ハワイに3軒目の別荘を10億円で購入」
社会・事件のニュース 小学生は最高だぜ! 衝撃のJrアイドル「だっこ会」 こんなのダメに決まってるだろ!
親も教師も、本当に子どもを守らなくなったな…。
セックスさえしなければ、小学生と付き合ってもいいの?
社会・事件のニュース 「アニメ見てるのに、外の工事がうるさい!」10歳男児、作業員の命綱を切断 中国 政治や経済のニュース ドイツの野党代表の「氷水かぶり」映像、背後に大麻草で波紋 やっちまったな!
政治や経済のニュース 平壌で日朝プロレス大会開幕 21選手が参加 1万人以上収容可能な会場 生活全般のニュース 宇宙旅行にも役立つ? 酸素を作り出す人工的な葉が開発される 「絹タンパクの中に植物から抽出した葉緑体を閉じ込める」という!
よく枯れずに呼吸出来るものだ…。
生活全般のニュース 1998年のインターネット 人によっては懐かしい話が!
生活全般のニュース うまい! 極めた一品のみで勝負する店 生活全般のニュース 犬が自殺する? 犬の自殺の名所「オーヴァートン橋」の謎 以前、テレビでやっていたな。
生活全般のニュース 漢字一文字ぶんのスペースに「ハウステンボス」を収める長崎県の狂気! 「ハウステンボス」は絶対に削れない…。
生活全般のニュース スーパーレジ正社員の俺の月収
流速
生活保護に負ける正社員とか…。
生活全般のニュース 学校のトイレでウ○コしてたら急にアイスバケツチャレンジ始まった 雑学のニュース 食べ過ぎに注意! 老化を早める食べ物の共通点
nanapi
ご想像の通りです。
雑学のニュース 「へそのゴマは取った方がいい?」 お医者さんに聞いてみた 何と、意見が分かれた!
雑学のニュース 年収3000万円超のホスト「信長」さんのコミュニケーション鉄則5 スポーツ・芸能のニュース 軟式高校野球準決勝「中京 0 - 0 崇徳」 延長45回でも決着つかず 昨日、30回までやって「0 - 0」で大騒ぎになっていたが、またしても…!
高校軟式野球選手権準決勝、前代未聞の延長45回で決着つかず4日目に!
スポーツ・芸能のニュース 益若つばさ、死ね、ブス、嫌いと中傷されるのは日常茶飯事 動画のニュース 女子高生と若い男性が曲がり角でどかーん! 避けようのない自転車同士の衝突 これね…自転車も完全に「左側通行」していたら、起きないんだけどね。
男がバカ。
動画のニュース 本当に97歳か!? キレッキレッのダンスを披露するおばあちゃんが話題