2014年2月25日の日記です。

年も激しい花粉に悩まされ…】
zkahun1402-4


今年の花粉は少ないというが、花粉症患者にとって、いったん“発作”が始まれば、そんなのは関係ない!


をかみ続けると】
zkahun1402-2


悩ましいのが、湿りと乾燥の繰り返しとティッシュの摩擦で起きる「鼻の穴のヒビ割れ」だ。

冬場に唇が割れるのはよくある話だが、重度の花粉症患者ともなると、鼻の穴の入り口あたりが唇のように割れてくるのだ。

そして、その痛みは唇の比ではない。
何せ、鼻をかむたびに割れ目に当たり、そのたびに激痛が走るのだから!

そのツラさというもの、世界が闇に包まれるレベルなのだ…。


んな世界で救世主となるのは】
zkahun1402-3


それは…「リップクリーム」である!

これを、鼻の穴の入り口で“クルクル回すようにして”塗ってやると、何と鼻のヒビ割れは急速に治っていき、痛みが消えるのだ。

昨年同期、この実験を始めてみたが、その効果は絶大!
花粉症はともかくとして、この絶望を含んだ悩みからは、ついに解放。

モノは、100円未満で売っているレベルの「リップクリーム」でいい。
そもそも“リップ”クリームであり、鼻用なんてハナから無い訳で、細かい事は気にしなくていい。

割れる前に頻繁に塗っておけば、“予防”にもなるので、今のうちにどうぞ!