2011年9月24日の日記です。

HAKUBISIN1109-1
家の近くを3匹のハクビシンが
電線渡りをしていた。

 昨日は家を目指して夜道を歩いて近所まで来たところ、頭上に異様な“気配”を感じ、上を見てみると黒い影が電線を伝って動いていた。

 「ハクビシン」だ。
 東京都庁から3キロしか離れていないここ東京・杉並区にも、ハクビシンがいるのである…。

 まあ実のところは、昨年からこの電線上ではハクビシンを確認しているが、すぐにいなくなってよく分からなかったが、今回はモロに確認することとなった…しかも3匹!

 都内にハクビシンがいるのも電線を渡るのもTVなどで知っていたが、生でジックリ見るのは初めてだ。

 写真や動画を撮るため、いつも持っているカメラを慌てて構えつつ観察してみると、3匹はまだ小さく、“子ども”のようで、キレイに並んで向こうの家まで、電線を伝って移動する最中だったようだ。



[動画] ハクビシンの電線渡り
(45秒・音なし)
再生されない場合はAdobe Flash Playerインストールやプラグイン追加をしてみて。


 敏捷なネコでも出来ない電線渡りとは流石なのだが、このように大変器用に尻尾を使ってバランスを取り、電線をスイスイ渡っていく……とまではいかなかったようだ。

 中には“できない子”もいるようで、その辺は人間と同じなようだ。

 一番後ろのハクビシンの子が上手く歩けず、何度も足を滑らせて、前の2匹と大きく距離をあけられてしまった。


◆        ◆        ◆


HAKUBISIN1109-2
上手く渡れず、立ち往生して孤立。
ついにキューキュー鳴き始めた。
果たしてどうなってしまうのか?

 そしてついには立ち往生、“助けて”とばかりにか細い声でキューキュー鳴き始めたのだが、前の2匹が戻ってくることは、一切なかった。

 仲間から見捨てられ、電線が風に揺らされて今にも落ちそうで、下からはカメラのフラッシュを焚かれる……自然とはかくも残酷なのか!

 このハクビシンの子は一体どうなってしまうのか!?


◆        ◆        ◆


 とりあえず落ちてきたら一瞬だけ手で受け止めて、そのままパッと路上に放り出そう(※長く持つと噛みよるので)と思って、真下で蚊に刺されながら待っていたら、ハクビシンの子はついに進むのをあきらめ、元来たところへ電線を逆戻りした。

 それでどうするんだろうと思って見ていたら、ハクビシンの子は大きく迂回して、向こう側の“太めの電線”に乗り換えてスイスイ渡り切り、前の2匹を追いかけて行ったのだった。

<~Fin~>
商品リンク やってはいけないウォーキング商品リンク