スズメは本当にエサを分け合う生き物だった

2012年7月8日の日記です。

炒飯の弁当を持って公園に行き、残りをスズメに。
都内の公園のスズメ。 金曜日。
(クリックで拡大)

 おとといの昼休みは、いつも通り公園でスズメに餌付けをしていた。
 都内ではスズメが激減しているということもあるが、普通に観察していて楽しいもの。

 スズメには弁当のご飯粒をパラパラ撒いてやり、10羽近いスズメが1粒ずつくわえていく感じなのだが、しかしこの日だけは、どうもご飯がベタベタしていて、いつものようにいかない。

 ご飯がカタマリ状になってしまい、うまく10羽に行き渡らない。
 今日はダメかな…と思っていた。

 しかしその時、スズメは予想外の行動をとったのである。


∞・∞・∞・∞・∞


suzumenowakeai2 suzumenowakeai3
これがスズメの「エサの分け合い」の
瞬間画像だ!

(クリックで拡大)

 何と1匹のスズメがカタマリ状のご飯(炒飯)を、別のスズメに口移しで分け与えているではないか!

 巣の外で、しかも親鳥同士なので、ヒナに餌を与えるのとはワケが違う。

 これはまさに、「エサの分け合い」なのだ。

 鳥では貴重…というより、こんな事はないと思っていただけに、驚きだった。

 昔のアニメ映画『くいしんぼうのすずめ』ではエサを分け合う光景が描かれるが、これは“教訓話”として動物に人間的役割を与えられているだけの話。

 だから、現実のウサギとカメが決してレースをしないのと同様に、本当の動物の姿とは違うと思っていた。

 そんな“分け合い”が、スズメの間で本当に行われていたとは!
 人間の世界でもなかなか上手くいかないというのに…。

 最初はスズメの何気ない写真を撮ってサイトの扉絵画像にするつもりだったが、こんな瞬間が撮れるは思わなかった。

 自分は文字通り、“欣喜 躍”してシャッターを切り続けていたのだった。

最近「立ちくらみ」が増えた意外な原因

2012年6月24日の日記です。

sinbunn1206-1
夕方は役所で新聞を読む。
(クリックで拡大)

 昨日は風で苦しんだが、ゲームした後に少し外出、夕方から役所(出張所)のロビーで新聞を読んでいた。

 新聞ならいつもネットで見てるじゃないかと思われがちだが、1個1個ポチポチクリックするだけでなく、端から端までザーッと読んでいくのも楽しいもので。


∞・∞・∞・∞・∞


sinbunn1206-2a sinbunn1206-2b
“至適”ならいいじゃないかと思いきや…。
(クリックで拡大)

 そういえば最近、倒れそうなほどの倦怠感と共に「立ちくらみ」も増えたので、まあここいらで健康チェックと言わんばかりに、久々に役所の血圧計で血圧を測ってみた。

 「上90-下55」。
 自己ワーストではないが、かなり低い。

 印刷されたデータには“至適血圧”と書かれてあって、これなら安心と思いきや、そうではない。

 実はこの機械、高血圧を親の仇のように憎む反動で低血圧には全く関心がないらしく、至適血圧以下のランク表示が用意されていない…というお粗末。

 低血圧は「上が100未満、下が60未満」ということで、結局は見事に“アウト”なのである!
 どうやら今年に入って、血圧がさらに下がったようだ。

 そして、この原因は、もはや1つしか考えられなかった。


∞・∞・∞・∞・∞


 その原因は十中八九、「ダイエットに成功したこと」だろう。
 それ以外に変わった要素が見られないからだ。

 今年の元旦から一念発起、昨年までの自堕落な生活に決別し、早寝早起き、野菜(特に皮もアクも一切取らないゴボウ)をいっぱいに摂るようにしてから、体重が10キロ以上、体脂肪率は5%以上落ちた。

 減量すると血圧もそれに比例して下がるので、不摂生で肥満&高血圧になった人にとってはどんどん減量して血圧がってハッピーエンド!となるのだが、自分みたいな血圧低めな人間がダイエットでもしようものなら、そのまま低血圧にドボン…というワケだ。

 今では、朝の通勤途中に急に植え込みに倒れこみそうになってそのまま低木どもの肥料になりそうになるわ、会社に行ったら行ったで、「顔真っ白で死人のようですが大丈夫ですか?」と訊かれ「大丈夫です、問題ないです」と言わされるわで、なかなか乙な日々を過ごしている。

 とはいえ正直なところ、立ちくらみや全身倦怠感は子供の頃からなので、もはや慣れっこなのだ。
管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)