高円寺の大規模な「阿波踊り」祭り

2012年8月26日の日記です。

awa1208-1
土曜夜の高円寺は「阿波踊り」で埋め尽くされた!
(クリックで拡大)

 昨日夜の高円寺駅前は、大規模な「阿波踊り」祭りがあり、人、人、人で埋め尽くされていた。
 こんなに人だらけの高円寺を見たのは、高円寺・原発反対デモ以来か。

 “○○連”といった踊りのチームが集結し、その各連がようやく涼しくなった夜の駅前大通りを再び加熱させるべく、踊りと共に太鼓を打ち鳴らし、その振動は空気を貫いて、観客の胸や腹にグワングワンと響いて波打ち、ちょっと痛いくらい。

 そもそも東京で何で阿波踊りなの、よく分からないのだが、それでも予備知識ナシで見てみると、それはそれで面白いもので、沿道から2時間以上ずっと飽きずに見ていた。


awa1208-2a awa1208-2b
ベーシックな踊りの型と三味線。
(クリックで拡大)

 自分がずっと見ていたのは、踊りの「構造部分」。
 各連の阿波踊りの踊り方は何十パターンもあって、それがどう成り立ったのかとか、どういう効果を生むのかとかを考えるのが面白かったからだ。

 なお、自分が物事を構造から捉えるのはレヴィ=ストロースでなく、「ゲーム」の影響なのだが。


awa1208-3a awa1208-3b
大きくアレンジして踊り狂う。
(クリックで拡大)

 見ているうちに、踊りには「左手・左足出し+右手・右足出し」という“共通する基本コンボ”があるみたいで、各連はそれをベースにしながら、更なる応用を加えてその玄妙を競っているようだった。

 基本コンボ自体は実にシンプルなものなので、そこにどれだけ効果的アレンジを加えられるのか…など、つらつら考えながら見ていると、

 両手クロス、
 半円描き、
 つま先落とし、
 提灯上げ、
 提灯ひねり落とし、
 ジャンプ、
 反復横とび

 …とさまざまなアレンジが大胆に混ざってきて、結構面白い。


awa1208-4a awa1208-4b
繊細さと荒々しさの対は、日本古来のもの。
(クリックで拡大)

 全くもって、簡単な素材、かつその原型を喪わないで、よくこれだけ作れるものだ、と感心した。
 それは華麗、勇壮、繊細、妖艶、滑稽、およそどんなモノでも表現出来た。

 ああ、何ということか。

 むしろ現代の我々は、物量の洪水の中で、実は素材をスグに取っ替え引っ替え、それを吟味することなく無駄にしているのではないか…とか、まあいろいろと一人勝手に感動していたのだ。


awa1208-5a
大人の踊りを何度も確認しながら
頑張って踊る子供に「可愛い!」の声。

(クリックで拡大)

 さて、2日で100万人を集めるというこの高円寺の阿波踊りだが、本場も驚くくらいの物凄いエネルギーであふれている反面、キチンとまとまっている感が実にいい。

 酔ったバカップルが踊りながら列に乱入しようとして、運営につまみ出されたり、上気した外人カメラマンと目線を塞がれた地元カメラマンが睨み合いになるというのはあったものの、大きな騒動は全く無かった。

 むしろ、各連の先頭で“ちょこまかと”踊る幼稚園児に「可愛い!」の歓声が上がるなど全体的には温かく、いい雰囲気である。

 ゴミなども祭り中でも迅速に回収されるなど統制が取れていて、やはり昭和30年代から続いているだけあって、本当によくできた祭りなのである。


awa1208-6a awa1208-6b
ついには“横文字”まで登場!
(クリックで拡大)

 そして3時間にもわたる長い踊りの最後に来たのは、何と「マイクロソフト連」、まさかの“横文字”である!
 そして、手に持つウチワには“Windows”、そして“8”!

 先日OSをやっと「7」にして、頑張って使って、ようやく慣れて得た自信をものの“8”秒で三枚に下ろされてしまうという、自分個人的には何とも後味悪いところで幕となってしまったのである…。

100円ショップを使った、水槽の水温を低く保つ方法

2012年8月15日の日記です。

kakoi1208-1
ウーパールーパーの水槽と、冷却ジェル群。
(クリックで拡大)

 先日、日テレ「ZIP!」の看板犬“ジッペイ”が、高熱の車中に放置されたことで悲惨な死を遂げ、世間に衝撃を与えたが、ペットの猛暑対策はとかく頭を悩ますもの。

 イヌネコのみならず、一部の魚類や両生類などの「水生生物」を飼う飼い主にとっては、“夏は悪魔の季節”ともいえる。

 水温が30℃を超えると水中に溶け込む酸素量が激減し、さらに上がると魚や両生類は呼吸困難となって死んでしまうからだ。

 それは、例え“エアーを入れていても”であり、池や川で釣った魚を容器で持ち帰る時に、ブクブクを入れている横で魚が死んでいくのも、上記の理由による。

 結局、水温を下げないと危機は去らないワケで、一番楽なのは「水槽用クーラー」を買うことだが、それ自体が数万円する上、電気代がさらに万単位でかかる。

 また、それがイヤだからといって、水槽のある部屋のクーラーをずっとかけっぱなしともなると、それ以上の電気代となる。

 対して、「水中ファン」は本体価格も電気代も格安だが、2~3℃くらいしか下がらず、猛暑で水温が33℃に上がる場合でも、結局30℃にしかならない。
 …エビなら即死だ。


∞・∞・∞・∞・∞


kakoi1208-4
100円ショップの「2リットルボトル」。
(クリックで拡大)

 そこで今回は、“100円ショップを使った水槽の水温を低く保つ方法”を。

 まず欲しいのは、「2リットルボトル」と「カルキ抜き」で、いずれも100円ショップで手に入る。

 カルキを抜いた水をボトルに入れ、一晩冷蔵庫で冷やした後に水槽に入れると、これ1本で2~3℃下がる。(※20リットル水槽の場合)


∞・∞・∞・∞・∞


kakoi1208-2 kakoi1208-3
100円ショップの「冷却ジェル・コンテナ」で
水槽を囲み、バスタオルで覆う。

(クリックで拡大)

 ただこれは、一時的なものなので、スグに水温を下げたい時に利用する。
 つまり、あくまで緊急回避の方法だ。

 そういうことでなく、継続的に水温を低く保つために一番必要なのは、やはり「冷却ジェル・コンテナ」だろう。

 大きなものを14個ほど100円ショップで調達し、うち7個を冷凍庫で一晩凍らせ、水槽の外壁・天井を取り囲むようにして立たせ、さらにバスタオルで水槽を覆ってやる。

 しっかりと覆うのが理想だが、水槽にライトが付いている場合は、ライトを消すか、タオルをそこだけ空けて火災の危険を防ぐといい。

 これをやると、30℃だった水温も、10時間くらいは26℃前後に保たれるので、猛暑の日中、出勤で家を空ける際も助かる。

 帰宅して、まだ水温が高いな…と思った場合は、すでに凍らせてある残りの7個の「冷却ジェル」と交換すればいい。

 これなら電気代もかからなければ、装置を買う必要もない。
 今どきの節電対策としてはバッチリである。

 なお「冷却ジェル」は、ダイソーのがいい。
 背が高く、スリムで重ねやすいので、冷凍時にかさばらない。


∞・∞・∞・∞・∞


 もっとも、40℃近くとか、異常なまでに部屋が暑くなる家の場合は、これでも厳しいかもしれないが、たいていの家庭なら、この方法でいけるかと思う。

 また、水槽への直射日光は「壁」を作って完全に防ぐことは、大前提だ。
 なおこれは“20リットルの中型水槽向け”のものなので、それより大きい場合は、この方法の“程度を上げる”こと。

 夏場にいつもエビが死ぬ人や、水中ファンだけで水温が下がりきらなくて困っている方は、どうぞ。

管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)