右手のみでゲームは出来るのか?

2009年12月27日の日記です。

migite0912-1
“片手でゲーム” は至難の業だ。

                     

 昨日は骨折した部分がズキズキ痛んで、なかなか寝れなかった。
 しかし、起きてからは痛みも取れていて、非常に楽になった。

 骨折すると重度の場合は高熱が出るそうで、そうならなかっただけ、まだ救いだったかも知れない。

 さて、ずっと家にいるのも気分が塞いでくるので、買い出しと散歩をかねて、近所の永福町商店街まで出てくる。

 野菜やカルシウムになりそうな食材を買い込むと、商店街の最果てにある中古ソフト屋まで歩いていく。
 骨折した左腕を傷めることになるから、ゲームをすることは医師から止められている。だったらせめてゲームソフトを物色しようという、悲しき魂胆だ。

 この店はファミコンから最近のソフトまで扱っていて、秋葉よりも安く、たまに見に来る店だ。
 本日見つけたのは 『暴れん坊天狗』(FC) 、裸ソフトで2,800円は結構安いか!?

 …と、こういうことをやっていると、ますますゲームがしたくなってきた!
 困ったものだ、これは余計な寄り道だったかも知れない。

 こうなったらしょうがない、“無事な右手のみ” で無理矢理ゲームをしてやろうか。


                      ◆        ◆        ◆


 …ということで、帰宅すると半ば強行的にゲームを開始。
 一体右手だけで、満足にゲームが出来るのだろうか?

 まず気晴らしにシューティングでも。
 だがやってみてすぐ、無理なことがわかった。
 右手の指だけで自機移動と攻撃を兼ねるのは、とても出来ない!

 まあ中には 「自機を1機ずつ両手でプレイできる人」(ウチの番組の第1回を参照) も、いるにはいるわけだが、やはり例外ととらえるべきだろう。

 早々に断念し、次にアクションゲームをやってみたが、結局同じ理由でダメだった。
 “キャラをこまめに動かす系” は無理だということが分かったので、“コマンド入力” で進められるものにしよう。
 となると真っ先に浮かぶのはRPGであるが、結構 「街移動」 などでは十字キーとボタンを繁雑に併用するし、アクション要素のあるRPGもあることから、ちょっと厳しい。


migite0912-2
シミュレーションゲームなら、何とかなるか? プレイ開始


  となると、「シミュレーションゲーム」 あたりが、右手だけでも無難にやれるのでは、という結論に落ち着いた。
  …では早速やってみよう。


migite0912-3 migite0912-4
どちらが使いやすいか?


 意外といけそうな感じだが、コントローラー慣れするのに少し時間がかかるようだ。

 最初はパッドを真上から持って、親指を軸にして、十字キーとボタンを効率よく押す方法を採ったが、すぐに手が痛くなってきたので、右から持って、十字キーには親指を軽くジャンプさせる方法に変更。

 すると結構普通にやれるもので、いい感じだ。

 ちなみにジョイスティックも試したが、レバーとボタンの間隔が広いのが厳しかった。


migite0912-5
慣れると意外と楽勝でした。


 で、数時間後。

 若干のカーソルのズレなどがあるものの、右手だけで楽しく遊べる!
 いや、ゲームをあきらめなくて良かった。

 やはり何といっても “不撓不屈” の精神である!
 “撓骨” を骨折しておいてこういうのも何だが…。


生まれて初の骨折…!(転落・血だらけ)

2009年12月26日の日記です。

             xxxx0912-1  xxxx0912-2
              左:こんな看板があったとは! 右:路上には事故の痕跡が…。

 昨日は銀行に行くために自転車に乗っていると、突然チェーンが外れ、そのまま体勢を崩して前のめりに転倒した。

 結構スピードを出していたので、派手に歩道に投げ出され、しばらく身動きすらとれない。
 胸と左のふくらはぎ、左肘を強打し、両膝は擦り傷ができ、左手は切り傷を負って、出血してしまった。

 全く血まみれのクリスマスだぜ…とやっとのことで立ち上がるとすぐ、事故の記録を撮る。
 何か変わったことが起きると即座にカメラを構えるのは、職業病のようなものである。

 血がなかなか止まらず、持て余していると、心配した通行人の方が親切にティッシュを分けてくれて、非常にありがたかった。

 年の瀬ほど人の温かみを感じるとはいうが、まったくよく言ったもんだ!


xxxx0912-5
なぜに今日だけ休む!
(クリックで拡大)

 自転車はカゴが変形していたので、何とか直そうとすると、強打した左腕に何故か力が入らず、あきらめて銀行に行って用事を済ませ、近所に馴染みの自転車屋があるのを思い出して、行くことに。

 しかし、まさか自転車が壊れるとは…。
 でもこの自転車もよくよく考えれば、ここ1~2年、番組がらみの仕事やダイエットやその他諸々で、1日に15キロ~50キロと走行し、酷使してきた。

 普通の家庭で使われる頻度や距離と比べれば、天と地ほどに違うし、それで浮いた交通費も、数十万円は下らないと思う。

 もうガタがきていたんだな、と今更ながら思い知らされる。
 もっと早くに気づくべきだったのだ。

 しかし頑張った結果がコレかよ、と思うと少しやるせない気もするが。

 ともあれ、修理するか、もはや新しい自転車を買うかは、自分の判断でなく専門家に聞こう…と馴染みの自転車屋へ。

 すると何と、いつもは派手にやっているのに、この日だけ休んでやがる!

 しぶしぶ帰宅し、左腕の状況を見てみることにした。
 強打した左腕は骨の周囲が腫れているのか、45度の角度で固まってしまい、伸ばすことも曲げることも、痛くて出来ない。

 まさか自分は…!!
 ハッとそう思うと、帰宅後すぐにゲーム機を取り出した。

 腕が動かなくなって、もうゲームが出来なくなったんじゃ…と思うと、居ても立ってもいられなかった。


xxxx0912-3 xxxx0912-4
手の動き自体は全く問題ないし、調子もいい。
(クリックで拡大)

 とりあえず、適当に選んで2つほどゲームをやってみる。
 …するとこのようにプレイ内容は好調で、ケガの影響を感じさせない。


xxxx0912-6
一応病院に。 早合点は禁物なので…。
(クリックで拡大)

 ただ、素人判断は許されないので、病院に行くことに。
 自転車はもちろん使えないので、近所の病院でも、それなりに歩く。
 左腕が45度のままなので、他人目線で何か変な体勢だ。

 20分も歩いてやっと病院に着く。
 病院内は精密機器が使えないので、カメラはここまで。

 診察券を作って、30分待って、診察室に通された。
 医師は、左肘の辺りをグリグリいじり回していたが、「レントゲンを撮らないとケガの状況が分からない」 とのことで、地下でレントゲンを撮る。

 レントゲン技師が何とか自分の肘を回転させようと努力し、そのたびに呻くことになる。

 そんな時間を5分ほど過ごして、写真が出来、ふたたび医師に呼ばれた。
 医師はこういった。

 「骨折です」

 何てことだ…と頭を抱えた。
 生まれてこのかた、自転車から投げ出されたり、階段から落ちたり、自分で作った竹槍に刺さったり…といろいろあったが、骨折に至ったことは、なかった。

 これはもう何か、“記録が途切れた不快感” のようなものを感じずにはいられない。


xxxx0912-7
結局こうなってしまった。
(クリックで拡大)

 正確には、「左撓骨頭骨折」 といい、もう少し酷ければ手術の可能性もあったとか。
 診断書を貰おうかと思ったが、5,000円もするそうなので、メモ用紙に書いてもらった。

 結局 「全治2週間」 とのことで、安静にせよとのこと。

 「ゲームはどうなりますか?」 と自分が聞くと、
 「ゲームでも指は使うでしょ、指を動かすと治りが遅くなるので、ダメです」 …とのことだ。

 あと “酒” も骨折時に飲むのはご法度ということで、飲み会は全部断らないといけない。
 酒はまあ我慢できるが、ゲームをやれないのは本当に困ったものだ。

 しかし2週間も耐えないといけないとは七面倒な…医師がギブスを巻いている間、思わず溜め息が出る。

 左手さえ使わなければ、大体のことはOKとの事だったので、この日記を含め、当HPは2週間ばかりは、右手のみでお送りします。

≪関連記事≫
かわぐちかいじ、右撓骨頭骨折で 『ジパング』 休載。

  (※見た目はこんな感じです)


管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)