高額賞金をかけたゲーム大会も開催可能! 弁護士の見解

2007年5月27日の記事です。

高額賞金をかけたゲーム大会は、
日本でも出来る

 ずっと疑問に思っていて、また当HPの性質上、TV製作会社や出版社、イベント会社から問い合わせがあった疑問。それが「ゲーム大会に高額賞金をかけても問題ないのか?」という疑問だった。

 「賭博に関する法」を中心に、自分でも色々調べてみたが、なかなか判明せず、また一方で各所の様々な意見を総合してみたが、「最初からダメだ」というものや、「額が小さければいい」というものや、「『闘劇』(格ゲー大会)の賞金は、法的に出せるギリギリの線」など、真偽も分からない情報がいっぱい出て、それらは余計自分を混乱させるものでしかなかった。

 実際ある大手ゲームメーカーの役員も「賞金をかけたゲーム大会をプロデュースしたいんだけど、法律がね・・・」と話していたり、推測や所感でしかすぎないにせよ、自分もまた、やっぱり高額賞金をかけたゲーム大会は日本では許されていないのでは・・・、と思っていた。

 さてそんな折、当HPの読者の方の一人に、弁護士の先生とお知り合いの方がいて、先日(といっても、だいぶん前になってしまったが)その法的見解を提供していただいた。

 それが「高額賞金をかけたゲーム大会も開催可能」という結論だ。

 正確には、ゴルフトーナメントや将棋の竜王戦など、他のスポーツや競技と同様の方式で行うのであれば、「ゲーム大会に賞金をかける事自体、何ら問題にされるべきでない」ということだ。
 むしろ、ゴルフや将棋で可能で、なぜゲームがいけないのか? ということで、確かに考えてみればそうだな、と首肯できる。

 だから結論からいえば、優勝賞金が100万でも、アメリカのように数千万でも、ゲーム大会に賞金がかけられるのである。


賞金をかけたゲーム大会、どうやって行う?

 さて、ではどうやって賞金をかけて大会をするか、概観してみよう。

 もちろんその方法は、ゴルフ大会など、他のスポーツと同じ方法で行われる。
 どの大会でも同じことだが、まず「大会運営者」がいて、「選手」は「大会運営者」に対し、彼らの設置した会場や競技場の使用料を支払ってプレーする。

 そこで「選手」が優勝したり、上位入賞を果たしたりすると、「賞金」が発生し、「選手」に支払われる。

 早い話が、それだけである。

 ただし一つ注意しなければならないのは、“その「賞金」を、「大会運営者」が出してはならない”ということだ。
 もし「大会運営者」が賞金を支払うとすると、「大会運営者」が会場を“開帳”し、「選手」(博徒)からカネを巻き上げ、勝った者にそれを還元する、という 「賭博」 が成立してしまうからである。もちろんこれは違法である。

 なので各種大会は、「大会運営者」と「賞金を支払う者」 を別にしていて、「賞金を支払う者」がいわゆる“スポンサー”ということになる。これなら「賭博」が成立しないので合法というわけなのだ。「サントリーオープン ゴルフトーナメント」や、「キリンカップ」(サッカー)など、様々な“冠大会”があるが、これらは全てこういった事情が絡んでいるのである。

 ゲームもまた、同じ方法で行われる限り、問題ないのである。


では、ゲーセンでは開催可能か?

 しかし、ゲームの賞金つき大会を開く場合においてなのだが、さらにもう一つ、注意すべきことがある。

 それは「ゲームセンター内で開くことは、許されない」ということだ。
 もちろん、毎週全国のゲーセンで行われている“従来どおりの大会”については問題ない。
 だが、賞金をかける大会ともなると、それは不可能だ。

 というのは、ゲームセンターは「風俗営業法」という、賭博法とは別の法律で縛られていて、風営法の方に引っ掛かるためである。だからやるなら、『闘劇』のように、ゲームセンター以外のスペースを用意して、そこでやるしかない。

 しかし“抜け道くさい”話で申し訳ないのだが、ゲーセンでも賞金をかけた大会を行う方法が一つだけある。

 それは、「床面積に対して筐体数がある一定以下の数しかないゲームセンターで行う」というものである。
 これらは法律上「ゲームセンターとは認識されていない」ので、風営法適用外となるのである。
 たまに見かける「24時間営業のゲーセン」などは、まさにこういった類の店である。恐らくは表面上は、カラオケ屋かビリヤード場などということになっているはずだ。

 だからどうしてもゲーセンでやりたければ、そういった類の店を探すことをお勧めするが、どのみち会場を借りれば済む話なので、無理にゲーセンにこだわる必要もないだろう。

 また法律とは別に、ゲーセンで賞金つき大会が開かれるのは、教育上あまり感心しない部分もある。

 子どもがゲームでカネを稼ぐことしか考えられなくなり、成長期に受けるべき教育を始め、その他の嗜好や興味を見失ってしまうのなら、やはりそれは損失といわざるを得ない。
 子どもが学校をサボって大会に行き(あるいは大会で賞金を獲得するための練習に行き)、ゲームセンターがそういった子どもの溜まり場となったとしたら、それはそれでいかがなものだろう。

 だから賞金付き大会が日本で行えることが判明した以上、それに出られるのは○○歳以上、といったガイドラインを早々に策定すべきだと考えている。


もっとゲームは胸を張れ

 最後に、一連のこの問題について現状を分析してくださった弁護士の先生によると、

 「賞金付き大会を開催しようとして実際に咎められたという例は無いのでは? 裏付けが無いから誰も一歩目を踏み出さないだけでは?」

 という見解だった。
 そして、

 「ゴルフやモータースポーツで出来るのにゲームでは違法ということは絶対に無い」

 という心強い一言も頂いた。

 そして自分もまた思う。ゲームが社会悪のように捉えられていた時期が長かったため、ゲーマーやゲームメーカーサイドもどこか“及び腰”になっているところがあるのではないか、と。

 我々はそろそろ「新たな一歩」を踏み出してもよいのではないか。



 ゲームと賞金の関係を公正に判断して下さった弁護士の先生、
 なお、この情報を提供していただいた「村角」様、
 本当にありがとうございました。

「ゲームの1位」 は、社会で認められるか?

2007年8月25日の記事です。

スポーツスタジアム・無事終了の打ち上げ
nn2

 さて、今回はかなり趣向を変えて、とある「実験」をしてみた(いつも理論じゃつまらないかと)。
 今回、実験をやってみようと思い立ったのは、 Eスポーツスタジアム の運営者を中心に、先日の大会(2007.8)の ”打ち上げ” をやろう、という話が来たことによる。
 打ち上げ会場は、新宿の ”酒を持ち込める” 中華料理屋(料理が旨く、居酒屋としても極めてリーズナブル!)とのことで、下調べにそこのHPを覗いた時のことだった。

  上海小吃 (新宿・歌舞伎町)

 ここの「来店サービス」について眺めていた時だった。あっと思ったものがあった。
 それは、 「各ジャンルで『1位』になった方にはワインをサービス」 というものだった。
 内容を真剣に見てみると・・・


 何とスポーツの1位も認めてくれるというではないか! ・・・これはさぞかし、ゲーム競技の1位もOKなんだろう・・・というより、自分にとって基本的に1位とは、 ”ゲーム競技の1位” を指し、最初から、それ以外の何者でもないのであるが。

 ともあれこうして自分は、「実験」をやってみようと思い立ったわけである。

 さて自分にとってのゲーム競技は、格ゲーやFPS対戦ではなく、「ハイスコア」なので、そこでの「全国一位記録」を使うことになり、具体的には、アーケードゲーム誌の「アルカディア」に記載された自分の「全国一位記録」を用いることにする。

nn1

 過去の全国一位記事をいろいろ掘り返してみたが、やはりこの記事(STG『ピンクスゥイーツ』の初回集計)が、ちょうどいい感じで「1位」と明記されているので、ゲーム誌をあまり見ない人でも、すぐに理解してもらえるだろう。
 幸いというべきか、自分の身分証の実名とスコアネームが同じのため、更に分かりやすくていいい。
 (※スコアネームと実名が同じなのは、10年以上前からで、別にこの日のために ”狙った” というわけではない)

 そして今月8月21日、満を持して、打ち上げと実験を兼ね、会場の「上海小吃」へ。
 「上海小吃」は、まだEスタの仲間があまり集まっていなかったが、久々に会う顔がいっぱいあり、しばし懐かしんだ。
 ただそれも束の間、この ”1位ワインサービス” は、来店時に申し出なければならない。

 積もる話もそこそこに、自分は早速ゲーム雑誌片手に、今回の「週刊」の題名どおり、「ゲームの1位」が社会で認められるか、試すことになった。

 ただこの実験を試す前に、「ゲーマーの社会的地位」について、軽く振り返っておきたい。


ームにハマっていることを
ひた隠しにするゲーマー

 WiiやDSの好調により、これまで縮小傾向にあったゲーム産業は、一気に勢いを盛り返し(ブーム火付け役の任天堂は、1兆円企業に躍り出た)。
 こういった最近のニュースは非常に喜ばしいし、今後もいろんな層にゲームが受け入れられていけば、と思う。

 しかしそれはあくまで「ゲームそのもの」(あるいは産業として)が認められたわけであり、「ゲーマー」が認められたことでは、一切無い。それゆえ当HPは、「ゲーマー」の地位向上を開設時から謳っていて、その現状を少しでも変えられないか、模索し続けているわけである。そして無論、今回の「Eスタ」運営協力も、その一環である(何のために ”プロゲーマーWEB” と銘打ってあるか、再確認していただければ幸いです!) 。

 またさらに厳密にいえば、こうやってやっと認められた「ゲーム」の方でさえ、それが ”他の多くの趣味とともに遊ばれる” ことを期待されていて、 ”ゲームにどっぷりハマる” ことについては、まだまだ否定的である。
 ここであくまで求められるのは、「Wiiのある新しい生活」であり、「Wiiばかりの新しい生活」ではない。

 最近友達から借りた、ゲーセンでシューティングゲームにハマっていく高校生の成長を描いた本『連射王』(川上稔)にもあったが、やはり主人公は自らがゲーセンでハマりまくっている事を、親はもちろん、友人にさえ自らがゲーセンに通っていることを ”ひた隠し” にしている。
 例えば、日夜練習に励んで甲子園を目指す「野球少年」や、高価な機材をそろえて音楽活動に精を出す「バンドマン」・・・彼らは社会から好意的に見られても、生活が厳しい以外にこれといったネガティブなイメージはない。 いやまず何より、彼らを ”オタク” と呼ぶ習慣すらないだろう。

 ゲーマーは違う。ゲーマーはれっきとしたオタクであり、暗い、キモイ、狂っている、という ”3Kイメージ” で見られがちであるし、ややもすれば、犯罪を起こした少年の趣味として槍玉に挙げられることすら、これまで何度もあった。
 残念ながら現時点では、技を見せて観客を魅了しても、片やヤンキースの松井秀喜は ”スポーツのプロフェッショナル” で、片やゲーム大会優勝者は、 ”ただのオタク” である。

 そういう意味においては、一般ゲーマーであろうと、大会優勝者や全国一位スコア獲得者であろうと、残念ながら「極めて ”平等” に ”差別” される」


して遂に申し出る。 結果は・・・!

 さて、そんなバックグラウンドが重くひかえている中で、果たして「ゲームの1位」は認められるのだろうか?

 Eスタメンバーが続々と店内に集まる中、自分は思いきって、店長に申し出ることにした。
 事情を話したEスタのメンバーからは、「頑張れ!」と檄が飛ぶ。

 店長は厨房で忙しくしていたが、今しかないと思って話しかける。 ”ナンバー1のサービス” についてですが、ゲームのハイスコア全国集計で1位になったんで、いやその、ワインをサービスしていただけないかな、と・・・。

 ゲームをれっきとしたスポーツととらえる当HPの性質上、こういったことは決して恥ずかしがってはならず、むしろ当然のことのように申し出なければならないわけだが、それでもドキドキしてしまう。
 こんなこと言って変な奴とか思われないか(既に変ですけど)、最悪、「お前は何を言ってるんだ? そのまま帰れ」とか言われるのではないか、と内心はかなり心配していたのである。

 店長は自分が差し出した「アルカディア」(アーケードゲーム誌)のハイスコア全国一位ページをマジマジと見て、一瞬固まったように見えた。

 そりゃそうだろうな、ゲームの「ゲ」の字も知らないであろうご年配の店長さんに、いきなりゲームもスポーツで、その1位を認定しろ、と言っているわけなんだから。無理難題を押し付けたも同然だ・・・。

 反応を見て自分がやっぱダメか、とあきらめかけた時のことだった。店長は自分の名前を指差して「これですね、分かりました。じゃ、このページをコピーして再度お持ち下さい」と言って、10円玉を手渡してくれた!
 やった、と思った瞬間だった。コピーを要求するとは、「1位証明文書」としてそれを認定するということだ。自分が慌ててコピーし、店長に手渡したのは言うまでもない。

 みんなが席につくころ、件のワインも運ばれてきて、今度は事情を知った全員が、大ウケしただけでなく、「おめでとう!」と祝福してくれたことが、とても嬉しかった。

nn3
乾杯!!
(※ ただしこういった成功例は、あくまで一例です)

 いずれ、この「ハイスコア全国一位によるワイン無料化大成功」を、”これはあくまで一例です” と 但し書きすることのがなくなる時代が来る日まで、これからも頑張っていきたい。

nn4
おまけ : これが 「豚の脳ミソ」
(味があまりに ”タラの白子” に似ていて、驚いた!)

管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)