史上初!? シューティングゲーム・TV番組が始まる!

2009年3月9日の日記です。

【新番組】

シューティングだけを放送し続けるCS放送
『シューティングゲーム略軍団参上!』
(放送局:モンド21 ―― スカパー279ch、CATV、J-COMにて視聴可)


new_logo

 このたび、CS放送 「モンド21」 (※こちらでの発表はまだです。当HPが最初の告知です) にて5月から、シューティングばかりを紹介するTV番組 『シューティングゲーム攻略軍団参上!』 が始まります。

 1時間番組で1タイトルのシューティングゲームを “実演しながら” 扱うもので、まず最初の数分でゲームの簡単な紹介と、実演プレイヤーの紹介を行います。

 その直後にゲームの攻略を実演でそのまま放送、プレイ画面をメインに、実況・解説つきでお送りします。
 したがって、クリアまで50分くらいのゲームだと、ノーカットでお送りできるかと思います。
 (※なお、実演プレイヤーは、そのタイトルごとにトップクラスのプレイヤーが担当)

 ゲーム番組では異例の、シンプルかつ、“かなり硬派” な内容となっております。
 また、シューティングをレギュラーで1クール扱う番組自体が “史上初” かも知れませんので、是非ご期待ください!

 ----------------------------------------------------------------------
 ◎ 『シューティングゲーム略軍団参上!』 ◎

 【放 送 】     2009年5月~11月予定 (全13回)
 【放 送 間】    未定 (60分番組)
 【    況】    北本かつら (放送作家)
 【解説/番組修】 中野龍三 (プロゲーマー)
 【プデューサー】  小林三旅 (株式会社サンド) / 宮本訓志 (モンド21)
 【放 送 】     モンド21


K-M-1  N-M-1

左:北本かつら(実況) / 右:中野龍三(解説・番組監修)


 ※視聴方法は、スカパーが こちら 、J-COMが こちら
   CATVの場合は、 こちら 、なお 各種ブロードバンドTV でも視聴可。

 ----------------------------------------------------------------------

 概要は以上です。

 放送日時が5月中のいつなのかなどなど、一部未定の情報もありますが、追加情報は随時当HPで告知していきますので、今後もご注目のほど、よろしくお願いします!

 さて、番組の収録に関してですが、最初の収録は 「4月」 を予定し、収録場所は、「高田馬場ゲーセン・ミカド」 を予定しています。

baba_02

 「高田馬場ゲーセン・ミカド」 は、「新宿ゲーセン・ミカド」 の移転先として新規オープンする店舗で、店内 “イベントスペース” での収録を予定しています。
 ※追記(09.04.08) 最初の公開収録は、「新宿ゲーセン・ミカド」 に変更となりました!

 さらに、「公開収録」 となる見通しですので、是非足を運んでみてください。


 なお、第1回・第2回については5月放送予定で、ゲームタイトル・プレイヤーは以下の通りです。


【第1回 : 『電IV』(AC版) 】

 硬派な縦画面シューティング 『雷電IV』 の魅力を “両手プレイ” で実演!

 “両手プレイ” とは、左手で1P側の自機、右手で2P側の自機をそれぞれ同時に操作するという 「離れ業」 で、一見の価値アリです!

 
 服部さんは、『ギガウイング2』 や 『雷電III』 などの “両手プレイ” で全国TOPを獲得する傍ら、『ぷよぷよフィーバー!』 などパズルゲームのジャンルでも全国TOPとなっているプレイヤーさんです。

 また最近では、「ぷよぷよの実演」 などで、TV出演も多数果たしていらっしゃいます。


【第2回 : 『ライアスII』 (2画面Ver.) 】
DDDD4

 89年に発売され、根強いファンの多い横スクロールシューティングです。

 そして当時、マニアの間で噂されたのが 「ヤマト稼ぎ」 という技で、実際にそれを見た者はごく一部という妙技でした。

 果たして 「ヤマト稼ぎ」 とは何か? 実際に見られるか・・・? クリアと共に、その再現を目指します。

 

 ・・・以上2回分の収録は、4月を予定しており、詳細は後日当HPにて発表します。



 以下に、よくある質問を紹介しております。

 
 Q : 「モンド21」 1チャンネルのみの視聴は可能ですか?
 A : 「スカパー」 にて525円で視聴できますが、別途410円の基本料金がかかり、
    月額料金は935円となります。なお、チューナーやアンテナ (※有料) が必要になってきます。
    ただ長い目で見ると、スカパーが一番安いかもしれません。
    また、「J-COM」 では必ず4000円台のパック料金になるため、出来ません。
    「各種CATV」 は、地元のケーブルTV局にお問い合わせください。

 
 Q : 『HellSinker.』 や「東方系シューティング」 といった “同人系STG” は扱うのでしょうか?
 A : プレイヤーさんや著作権などの条件がクリアできれば、普通に扱います。

 Q : 実況の 「北本かつら」 さんとは?
 A : 北本かつらさんは、『トリビアの泉』 や、『クイズ!ヘキサゴン』 など、
    数々の人気番組を担当された放送作家さんです。
    実はゲーム好きの方ということで、実況をお願いしました。
    ただ実況内容はライト向けで、マニア向けの情報は、解説者が担当します。

 Q : シューティングはアーケードのみの紹介ですか?
 A : シューティングなら何でも紹介する方針となっております。
    なのでアーケードのみならず、ファミコン、メガドライブ、PCエンジンなど、
    広く扱っていければ、と思います。

 Q : プレイヤー、実況、解説以外に出演者はいますか?
 A : 放送回によっては、スペシャルゲストが来るかも知れません。

 Q : 収録はいつやりますか?
 A : 近いものから随時決まっていきますが、基本的には 「放送1ヶ月前」 です。
    収録日が決まれば、当HPで告知する予定です。

 なお、番組に関するご質問は こちら まで! (※メールが開きます)
 よくある質問は随時ここにてUPしていく予定です!


 今後も続報が出るたびに報告していきますので、よろしくお願いします!


***************************************************************************
<おまけ>
番組企画から放送定に至るまでの日記


※以下の日記は、“自分視点” のものです。 ご了承の上、お読みください。


【#1:ボツなることがされないミッション】
MDN21-n1
 シューティング業界やプロゲーミングに関して1年以上前から、自分は更なる何らかの企画を考えねば、と思っていた。
 現在シューティング業界は低迷し、プロゲーミングについても行き詰まりを感じていたためだ。

 そんな時、CS放送にてシューティングのTV番組を制作する計画が上がっているのを聞き、もしそうであれば、ゲーマー中心の番組にならないか、アプローチすることにした。

 製作プロデューサーと直接会い、幸いなことに、もともと一緒に仕事をしていたこともあって、意気投合。この路線で企画を考えてくれることになった。

 ただし、番組の企画が上がれば必ず採用されるという訳ではない。ボツとなることだってあるし、いやむしろ、そっちの方が大多数かも知れない。

 実際これまで、自分にオファーが来たものの、実現できなかったTV番組企画は、他にもあった。

 1つは 『スーパーマリオ』 の最速クリア番組の監修で、もう1つは、「しょこたん」 とゲームの対戦をするという番組だ。

 いずれも “諸般の事情” というやつで、ボツとなった。そして、まあ仕方ないと思った。

 しかし、今回やる 「シューティングの番組」 は “仕方ないなど論外” で、ボツなることは決して許されないような気がした。

 それは、自分が10数年にわたってシューティング界に身を投じてきたからというだけでなく、先述の通り、この番組の主人公が、クリエイターでもタレントでもなく、長年水面下において人生削って頑張ってきた “ゲーマー” だからである。

 今までそこにスポットを当てた番組は極めて少なかったし、1シーズン通しての番組ともなると、ちょっと記憶にないほどだ。

 だからこのチャンスを逃せば、次のチャンスが来るのはまた10数年後かも知れない。そう思うと身を挺してでも、これを成立させねばならないと思った。


【#2:々とした日々を過ごす】
MDN21-n2
 ・・・とはいってみたものの実際のところ、どうやってこの極めてニッチで、一番ボツになりやすいといわざるを得ない 「シューティング」 の企画を確実的に成立させるか?

 それが非常に悩ましいところだった。

 文字通り数ヵ月にわたって悶々としていて、当時財政的に厳しかったことから派遣社員などもやっていたが、こんな状況ではなかなか集中できない。ボーッとすんなよ馬鹿野郎!と年下の上司に耳元で囁かれた日もあった。

 だがやがて、1つの作戦をやっとのことでひねり出し、これに全てを賭けようと決意した。


【#3:自分が昨年、ミカドでイベントを開催した “当の理由”】
MDN21-n3
 昨年初秋、新宿のゲーセン 「ミカド」 さんから、自分 (中野龍三) 関連のイベントをやらないか、と持ちかけられた。

 正直どうしようかと思った。

 ・・・というのは、スコアラーとしてプレイしたり、歴史を語らせるなら、もっと凄いプレイヤーや古いプレイヤーを呼んできた方がいいと思ったし、ゲーム攻略DVDを販売する企業を興していたが、ゲーム業者としても駆け出しであったため、イベントにおいて観客を満足させるほどの “ふくらみ” が生じるのか? という素朴な疑問があったからだった。

 なので、もっと他の有能・有力な人にお願いしてください、と断る予定だった。

 だがあることを思いつき、一転、オファーを受けることにした。

 それが、このイベントにて自分がシューティングを “実演プレイ” することだった。

 これまでシューティングの番組案は当然のことながら、企画書・・・つまり “文書” で提出している。
 もしこれがバラエティ番組やトレンディドラマの企画なら、類似番組が無数にあり、出演タレントの履歴も明らかだから、文書レベルでもイメージが伝わりやすい。

 しかし、ゲームの番組は先述の通り、ニッチであり、さらにシューティングとなれば、過去に番組があるかどうかすら分からないようなマイノリティなジャンルとなる。

 “文書” で企画を伝えることには、既に限界があったのだ。

 だがそこへ、イベント開催の依頼が来た。
 そこで自分は、このイベントそのものを企画書にすることにした。

 つまりこのイベントを成功させ、その映像を収録し、“映像媒体としての企画書” を作成して放送局に送る、という寸法だ。
 (自分が映像会社をやっていなかったら、気づかなかったかも知れない)

 イベント当日に来られた方の中には、なぜ会場にマスコミがいるのか、気になった方もおられたかも知れないが、まあそういうことである。
 製作側のプロデューサーに撮影を頼んでいたのである。

 当日は、衆人環視の下でプレイすることへの緊張というより、ここでしくじったら全てが終わる・・・という恐怖から、胃がキリキリ痛んだ。
 あろうことか、心の片隅で逃げたいと思ったほどだ。

 だが腹を括ってやった結果、幸いにもほどほどに上手くやることが出来た。
 (成功とまではいきませんでした。今後、精進します)

 後日、自分達は放送局の会議室で映像を再生し、プレゼンを行った。

 局サイドの反応は、感想を聞かなくても分かるほどに明らかだった。
 初めてこれならいける、と思えた。

 結果、ここから話が急に進み始め、年明け早々、ついに番組化が正式決定された。
 どれだけマニアックな内容でもいい、という局からの “お墨付き” まで貰えた。


【#4:プレイヤーさんとの交
MDN21-n4
 というと大成功と思われるかも知れないが、実はここからがまた、厳しかった。

 ただ幸いなことに、この頃には既に、サブプライム不況などとは全く別の “諸般の事情” というやつで、派遣をサクッと切られていたので、こちらに費やせる時間をたっぷりと取れる下地が出来上がっていた。残念ながら、幸せだと思った。

 だがその幸せは長くは続かなかった・・・というか、一瞬で消し飛んだ。

 扱うゲームタイトルごとの著作権の使用許可交渉はさほどでもなかったが、実際にプレイしていただけるプレイヤーさんを募集する段になると、まさに深刻だったからだ。

 最初は、自分がやったことのないシューティングを練習し、2週間ごとにプレイしてクリアできるかどうかを収録する番組案も出ていたが、結局ボツになってしまった。

 自分なんぞより、該当ゲームを深く遊んできたプレイヤーさんを呼んできた方がずっと素晴らしく、視聴者にとって有用だからであり、自分もまさにその通りだと納得している。

 だがそれは、毎回の放送ごとに、プレイヤーさんに出演を依頼して回るということを意味する。それは楽な話ではないのである。

 このシューティング業界において、余程の特別な例が無い限り、TVに出るなどというシチュエーションは、これまでほとんど考えられなかったことだからである。
 普通に来たら (いや、来なくても) 面食らう話だ。

 だからこういった交渉は、断られることありきであり、実際あるゲームタイトルなどでは、10人近くの方に辞退されるということもあった。

 だからといって企画が決定した以上、今更あきらめることなど許されない。ただでさえ 「やっぱり辞めますわ」 、が一切通らない業界である。
 (まあもっとも、そんなことをいう気も毛頭ないのだが・・・)

 当然のことながら、地道にあたっていくしかなかった。
 金銭的にも厳しくなってきたので、電車を控え、自転車を使うことにしたため、週あたりの走行距離は130キロを超えたこともあった。

 またこの頃、方針などについて、製作プロデューサーとも何度も衝突を繰り返した。
 全体的に、ストレスが溜まっていた。

 しかし、徐々にではあるが、協力してくれるプレイヤーさんや関係者の方が現れ、現在10タイトルまでゲームおよびプレイヤーを決定することが出来た。
 こればかりは本当にありがたいと思った。

 ご承諾くださったプレイヤーの皆様には、この場を借りて、心からお礼申し上げます。


【#5:竜王は生きていた ~素晴らしき演者~】
MDN21-n5
 実況を担当することになるのは、先に紹介したとおり、「北本かつら」 さんという放送作家の方だった。

 この共演者選定については、自分はタッチしていなく、比較的早くに決まった。
 自分は、お笑い芸人が来るのかと思っていたのだが、とんだ変化球だ。

 しかし、北本さんがゲームを愛し、またトークも素晴らしいことを知って、なるほど、と思ってしまった。

 また30代~40代の読者の方には、北本さんは懐かしい存在かもしれない。

 元々、「週刊少年ジャンプ」 の “ジャンプ放送局” にて、『竜王は生きていた』 名義で連続優勝までして話題となった方で、その後TV業界に転進、『トリビアの泉』 や、『クイズ!ヘキサゴン』 など、数々の人気番組を手がけているほどの才能の持ち主なのである。

 だから、この方がどんな実況をしてくれるのか、非常に楽しみである。


【#6:だスタートラインに立ったに過ぎない】
MDN21-n6
 さて、先の 「番組概要欄」 において、自分に “プロゲーマー” という肩書きが付いていることに気づかれた読者の方も多いと思われるが、実は自分から名乗ることは、これが初めてとなる。

 正直、これまでプロゲーマーと自分から名乗ることに、消極的だった。
 その定義について、自分の中で完全というまでには定まっていなかったからである。

 しかし、この番組を担当することになってから、“自分の肩書きの貧弱さ” に今更ながらに唖然とさせられた。

 「社長」 というほどの実績はないし、「スコアラー」 はそもそも職業を指す呼称ではない。
 北本さんは、「放送作家」 として輝かしい実績を上げておられる。他方、自分には情けないことに、何も無い。

 そもそも自分はこれまで職を転々として、一つの職場で何年も勤め上げた、ということが全くもって、ない。

 そんな自分に対して、局からは 「プロゲーマー」 でお願いします、とのことだった。
 正直、遂に来たか、と思った。

 そして実際のところ、10年以上も1つのことに懸命に打ち込んだといえるものは、もはやゲーム・・・さらにいうとシューティングのゲーマーとしてでしかなかった。

 今回プレイヤーさんに実演してもらうからといい、自分は解説や監修に終始するかといえば、そうではない。

 番組で扱うゲームタイトルによっては、自分が関わっていないようなタイトルもかなりの数ある。

 これらタイトルに対し、一部はマニアを満足させるように解説し、一部はライト視聴者向けに “翻訳” して北本さんに伝えねばならない。

 それを忠実にこなし、かつ臨場感・質感と共に、古い世代の方、新規参入の若い方双方の時間軸に対応出来るだけの幅を持たせて伝えていくには、もはや担当する全てのゲームを自らプレイして、それぞれのゲームを検証するしかない。

 単にプレイヤーさんへの取材だけなら、新聞記者でも出来る。

 だから自分は、仕事としてゲームをするという道を選んだ。

 仕事としてゲーム・・・そういうとつまらなさそうに聞こえがちだが、今までで一番やりがいを感じているし、ワクワクしている。その辺は他のプロスポーツ選手と心的事情は同じかと思っている。

 ただ唯一の苦痛があるとすれば、自分がこれまで10年以上もやってきた 「スコアラーとしての活動」 が出来なくなるかも知れないということだ。

 しかしこれも、会社を興した頃から分かっていたことで、この仕事を始めるにあたって、「引退」 も覚悟していることでもある。

 実際それでなくても、スコアラーとしてかけられる時間は既に、ほとんどなくなっている。

 でも仕事としてゲームはちゃんとできるわけである。これに満足しないようなら、贅沢といわざるを得ないだろう。

 さて、プロデューサーとこれまでたまに衝突しながらも、番組を細部に至るまで突き詰めていくことが出来た。
 番組が始まれば、さらに衝突しながらいい方向に洗練化させていけると思う。

 でも番組が始まらないうちには、これらはひとえに 「スタート地点に立っただけ」 としか評価できないだろう。

 そしてここからは、みんなで盛り上げていくしかない。シューティング文化のために。

<了>

麻生首相が言う400円のカップ麺を探してみた


2008年10月31日の日記です。

麻生首相またセレブ発言 「カップ麺は400円」 と答弁 (スポーツ報知)

 先日の国会答弁で麻生首相が野党議員にカップ麺の値段を聞かれ、「400円くらいか?」 と答え、170円くらいですと突っ込まれたことから、その庶民感覚の無さを糾弾されたようだ。

 だが自分はこのニュースを見ているうちに、「本当に400円のカップ麺はないのだろうか?」 という本来の趣旨からは全く外れたことがとても気になり始め、ちょっと調べてみようという気に。

 さて、早速顔見知りなど数人にあたってみた。

 「いや、ちょっと聞いたことねぇっす」 (庶民)
 「限定販売とか有名ラーメン店の提携商品ではないでしょうか?」 (プチセレ)

 全くヒットせず。やはり400円なる高額のカップ麺など、存在しないのだろうか。

 ・・・ということで調査終了、じゃあやらない方がマシな訳で、情報はやはり “足で稼ぐ” が基本、カップ麺販売店をいろいろ回り、店ごとの最高額カップ麺を調べることとする。


≪#1:【スーパー】 サミット≫

 さて、トップバッターはスーパーの 「サミット」 。そのサミットという名前からは想像もつかないくらい庶民臭の凄い店だ。

 お目当てのカップ麺コーナーを見つけて何と138円が最高級。その名も 「マルちゃん赤いきつね」 だ。

 本来、安いカップ麺を見つけると、ヤッタ!という気になるものだが、頑張ってカネ取って138円かよ、3個買わす気か!・・・などと不謹慎なことを思ったりする。

AsOu1
マルちゃん 「赤いきつね」


≪#2:【スーパー】 ライフ≫

 幸先が悪いが、頑張って次の店。こちらも庶民派スーパー 「ライフ」 だ。

 一部上場の100億円企業なので、さぞかし高額なカップ麺が買えるかと思いきや、現状はなかなか厳しく、「ねぎみその逸品」 198円が上限だった。

AsOu2
ニュータッチ 「ねぎみその逸品」

≪#3:【スーパー】 京王ストア≫

 3軒目もスーパー 「京王ストア」 。関東以外の人には馴染みが薄いだろうが、まさに平均的なスーパーといった感じだ。

 早速探し始めるが、この店舗だけなのだろうか、ラーメンコーナーがなかなか見つからない。
 と思って脇を見ると、あった。何と 「138円均一コーナー」 にのみ、置かれている。

 とりあえず代表として、「キムチラーメン」 138円を最高額とする。

AsOu3
ニュータッチ 「キムチラーメン」

≪#4:【コンビニ】 セブンイレブン≫

 何かスーパーは安すぎて話にならないので、視点を変更、コンビニへ。

 まずは代表格の 「セブンイレブン」 だ。
 カップ麺コーナーはさすがコンビニといった感じで、充実している。また200円前後の商品が目立ち、先程よりは割高感があり、期待がもてる。

 そして店内で一番高かったのがこの 「山頭火・旭川とんこつ塩味」 258円。有名ラーメン店 「山頭火」 のプロデュース商品とあって、なかなかの値段だ。

AsOu4
日清 「山頭火・旭川とんこつ塩味」


≪#5:【コンビニ】 ローソン≫

 次は 「ローソン」 。

 こちらはセブンイレブンを越えた。
 それは 「どこってり・濃厚豚骨」 で、285円

 もう少しで300円オーバーだ、頑張れ。

AsOu5
日清 「どこってり・濃厚豚骨」


≪#6:【コンビニ】 ファミリーマート≫

 さらに 「ファミリーマート」 へ。

 「白胡麻坦々麺」 が260円の最高額で、ローソンほどでないが、健闘している。

AsOu6
エースコック 「白胡麻坦々麺」

≪#7:【コンビニ】 サンクス≫

 そして遂に 「サンクス」 がコンビニ最高額を達成してくれた。

 「山嵐・背脂とんこつ」 298円

 これも有名店のラーメンだが、背脂が値段を上乗せしたか?

AsOu7
サークルKサンクス PB 「山嵐・背脂とんこつ」


≪#8:【コンビニ】 am.pm≫

  「am.pm」 も健闘するも、「行列のできる店のラーメン・久留米釜炊きトロ豚骨」 の284円止まり。

AsOu8a
日清 「行列のできる店のラーメン・久留米釜炊きトロ豚骨」



≪#9:【コンビニ】 ミニストップ≫

  「ミニストップ」 では、「大砲ラーメン」 が262円で最高値。

AsOu8
明星食品 「大砲ラーメン」

≪#10:【コンビニ】 デイリーヤマザキ≫

 ここは 「W豚」 がコンビニ最高額タイの298円

AsOu9
マルちゃん 「W豚」


≪#11:【ブランド・オブ・庶民】 ドン・キホーテ≫

 コンビニは客層の割には値段が高くて強気だが、極端には店舗を大きくできないので、結局のところ、置ける種類も限られる。

 スーパー以外の庶民向けで大きい店となると、あとは 「ドン・キホーテ」 くらいか。

 ドン・キホーテ。・・・ルイ・ヴィトンのような響きだが、紛れもなく庶民ブランドだ。
 またこの規模なら、庶民がたまに贅沢する用の割高麺が売っているかも・・・。

 すると 「GooTa」(具多) なる明らかに高いカップ麺が。だが残念、278円だった。

 「GooTa」(具多)シリーズは、定価販売だと305円くらいは行き、かなりの高位にランクインも可能だっただろうから、極めて惜しい。

 ここはどうにも、“安売りしたがるブランド” のようだ。

AsOu10
日清 「GooTa・八宝あんかけ麺」

≪#12:【輸入食品店】 台湾物産館≫

 どうにも埒があかないので、趣向を変えて輸入食品店へ。
 ここなら輸入コストなどもかかるから、今までで最高額のカップ麺がゲットできるかも知れない。そう考えると自然と胸が高鳴る。

 早速、台湾の物産を売る店を発見、すぐにカップ麺も見つけた。

 だがこれはどういうことか、最高額でたったの168円。2杯食わせて3杯目を半分捨てさす気か?

 輸入コスト込みでこの低価格とは、至極残念だ。(燃油はどうした燃油は!)

AsOu11
康師伝 「紅焼牛肉麺」


≪#13:【やや高級スーパー?】 クイーンズ伊勢丹≫

 やはりちょっとだけリッチな庶民 (何のことだか・・・) のための店に行かないとダメなのだろうか。

 ということで、名前からも分かるようにやや高級なスーパー、クイーンズ伊勢丹へ。
 店の規模もそこそこ広く、カップ麺も結構あった。

 だが最高額は 「行列のできる店のラーメン・和歌山トロ豚骨しょうゆ」 の284円

 コンビニにすら勝てなかった。

AsOu12
日清 「行列のできる店のラーメン・和歌山トロ豚骨しょうゆ」


≪#14:【明らかに高級スーパー】 成城石井(本店)≫

AsOu001
成城石井・外観。

 となると更にグレードアップするしかない。もはや庶民レベルといえるかどうか分からないが、「成城石井」(本店) へ。

 ここはさすが高級住宅地付近にあるだけあって、置いている商品が目新しすぎて、高いのか安いのかすらわからない。
 とにかく客層はグンと上がり、どこかしこと高級感を漂わせてくる。

 とりあえず陳列棚をグルッと1周してみたが、カップ麺が見つからない。
 でもこの客層内で、「カップ麺ありますか?」 などと店員に聞けるものだろうか。それは相当恥ずかしいと思う。

 しかし聞かない限りはないとは断定できない。それが調査といえるのか。またここまで来た甲斐もあるのか。
 やはりここは勇気をふりしぼってコッソリ小声で聞いてみよう。周囲の客に聞き取れないように・・・。

 丁度年配の物静かそうな男性店員が通りかかったので、聞いた。

 するとこの店員、「あ、カップ麺ですね。ええ、カップ麺は・・・」 とまあこれが何ともよく通る声で!

 恥ずかしい、何人かには聞こえたはず・・・顔面が紅潮してくる。
 そこで 「やっぱり自分でさがしますから」 、と言おうとした矢先、そこに女性店員が通りかかる。

 「あ、この方をカップのコーナーまで案内してあげて」 とまたよく通る声で! もう周辺のセレブは自分に大注目。

 それに呼応して・・・というか当然の業務として、「カップ麺ですね、こちらです!」 と女性店員。 「やめてー!!」 と自分は心の中で叫ぶ。
 穴に入る代わりに、自分はただ市場調査をしてるだけで・・・と顔に書ければ、どんなに楽だったろうか。

 周囲の視線を浴び、真っ赤になりながら店員の後ろを付いていくと、これまた絶望的なまでに見えづらいところにカップ麺が置いてあった。

 実にありきたりな商品がたった3種類、一番高かったのが 「日清シーフードヌードル」 、178円 (なぜか10円高い気が・・・) だった。
 ここまでくると値段の高い安いなどどうでもいい関心事で、とりあえずカップ麺も目立たぬところに置いてやるといった感じで、カップ麺はやはり庶民の食い物なんだ、と否応なく認識させられる。

 もちろん買った。 だがそれは高級レトルトご飯 (1個で250円) と共にだ!

AsOu13
日清 「シーフードヌードル」 、それから・・・。

≪ついに日が暮れた・・・≫

 結局ムチャクチャ回るも400円のカップ麺など、見つからなかった。疲れた。
 やっぱり無駄な努力だったのだろうか。

 そう思おうとした時、ふと 「銀座にでも行かなきゃ無いんじゃね?」 という庶民の声を思い出した。


≪日を改め、銀座へ!≫

AsOu002  AsOu003
左:三越本店、右:松屋本店。

 さて、日を改めて 「銀座」 へ! ここの高級百貨店ならひょっとしたら高額カップ麺が見つかるかも、という淡い期待があってのことだ。
 もうここまでくると、庶民か否かなど、もうどうでもいい。

 もちろん、こんなことのために連休を潰すとは・・・という恨み節もなかったわけではないが、ここまでくると行けるところまで行ってみるしかない。

 ちなみに銀座は、かつて編集者時代に1、2度訪れたくらいで、しかもこんな一等地にまで足を踏み入れたのは初めてだ。
 情けない話だが、自分のいるべき場所でない気がする。

 しかし行くしかないので、早速、超高級百貨店 「三越本店」 地下食品売り場へ。

 入った瞬間、ある種の拒絶反応が出てしまう。客層が違いすぎるからで、恥ずかしいことだがしょうがない。成城石井をセレブの店と昨日から今日まで呼んでいた自分が冗談に思えるレベルだ。

 さて、カップ麺コーナーは・・・明らかになかった。今度は分かりやすく、そんな雑多なものを置く棚すらないからだ。
 仮に 「カップ麺ありますか?」 なぞ聞いても不審者として通報されそうだ。

 隣接する 「松屋本店」 も同じだった。
 カップ麺などこの世に存在しないかのごとくだ。

 これだと麻生首相がカップ麺の値段を知らないのもしょうがない気がしてくる。
 いやそれどころか、カップ麺なるものが地球上に存在するのを知っているだけでも評価すべきでは・・・と逆に思えてくる!


≪#15:【高級百貨店】 銀座松坂屋≫

 やはり銀座ではダメか、と諦めようとしたところ、もう1軒高級百貨店があったので、入ってみた。

 「銀座松坂屋」 で、ここは意外にもお手ごろな商品が並んでいた。

 しかし、あったのは198円の 「みそ煮込みうどん」 を頂点とする2品だけ。

 成城石井といい、やはりそんなもんだろうか。
 これは安いというより、“扱いの問題” だ。

AsOu15
スガキヤ 「みそ煮込みうどん」



≪銀座から歩いて築地へ≫

AsOu004
築地にある「テリー伊藤」の兄経営の玉子焼き屋。

 ついに銀座をあきらめ、築地へ。
 ちなみに銀座から築地へは歩いていける距離だ。

 なぜ行こうと思ったかといえば、いろんな商品がここに集中する問屋街だからだ。
 実際ここは魚ばかりでなく、野菜や穀物、乾物、コーヒー、麺類の問屋もある。

 ・・・だが歩き回って20分も経たぬうちに、それが失敗だったと悟る。
 いろんな物が手に入るとはいえ、それは “原材料に近いもの” ばかりだ。カップ麺みたいに、加工されまくって最終段階に達したものなど、ある訳なかった。

 非常に無駄な・・・馬鹿なことをした、さっさとあきらめて帰りゃよかったものを。

 そんな感じで自己嫌悪に陥りながら駅方面に歩いていて、交差点近くまで来た時だった、左を見てハッとした。

 何と無いはずのカップ麺が平積みされているではないか!

AsOu005
これだ!

 それは、「鉄人 陳健一・四川坦々麺」(他もう1種) だった。
 そして値段は347円! これまでで最高額、大幅の更新だ。


≪#16:【鰹節問屋】 伊勢啓≫

 しかも、この高額カップ麺を置いていた店は、全く関係ないはずの “鰹節問屋” だった。
 なぜここで売っているのか謎だったが、とりあえず買うことに。「かなり高いですね」 と店主に振ってみると、その答えから何となくカップ麺のことが分かったような気がした。

 結論からいうとこのカップ麺は、この卸問屋に置くしかなかった 「幻のラーメン」 だったのだ。

 店主の話だと、料理の鉄人・陳健一氏がこのカップ麺をプロデュースするにあたり、原材料を一切妥協しないで作ってしまい、当然のことながら定価も高くなりすぎて、どこにも置いて貰うことが出来なかったのだとか。
 実際陳さんはコンビニに置こうと交渉したんだけど、軒並み断られちゃったんですよ、と店主。

 また一方で店主は、確かに347円は高いです。でも味はカップ麺とは全くの別物です、保証します。実際遠方からケース買いして行くお客さんもいるんですよ、とも。

 なぜ 「幻のカップラーメン」 となったか・・・それはひとえに陳健一の異様なまでの “こだわり” にあったのだ。
 有名ラーメン店がこだわってプロデュースするカップ麺は世に多々あれど、本当に妥協しなかったらこんな風に店に置けなくなるのではと思うと、色々な意味で衝撃的である。(※断定まではしないが)

 はっきりいえるのは、こんなカップ麺を置くとすればこんな卸問屋兼直売店 (流通を通さない小売店) に、347円でやっとこ置くことが出来、もはやイオングループのように自社問屋システムでもない限り、一般小売店にこの値段で置くことは今後も無理だということだ。

 ・・・だがもし、コンビニ等が物凄い冒険をしてこれを置いたとすれば、恐らく1.25掛けの430円は下らないと思われる。

 だとすれば、まさにこれは 「幻の400円ラーメン」 と呼べるのではないか!

AsOu16
ドリームファミリー・ケン 「鉄人 陳健一・四川坦々麺」


≪補足1:「幻の400円ラーメン」 を食べてみた≫

AsOuaaa  AsOubbb

なかなか中身は豪華。

 折角なので、この 「鉄人 陳健一・四川坦々麺」 を食べてみよう。

 まず驚かされるのは異様なまでに多いスープや調味料、具材の袋。

 そして味だが、絶妙な甘辛さとコクで、それに噛み応えのある肉味噌がマッチングして実にたまらない。
 四川風としながらも、日本人の舌に合うように辛さを抑えてあり、それが甘みと旨味を同時に引き立たせた形だ。

 しばしカップ麺であることを忘れたくらいの内容だった。


≪補足2:店舗別 高額カップ麺ランキング ―― 全16店≫

     1位: 【鰹節問屋】 築地・伊勢啓・・・・・・・・・・・・・・・・・・347円
     2位: 【コンビニ】 サンクス ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・298円
     2位: 【コンビニ】 デイリーヤマザキ ・・・・・・・・・・・・・・・298円
     4位: 【コンビニ】 ローソン ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・285円
     5位: 【コンビニ】 am.pm・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・284円
     5位: 【やや高級スーパー?】 クイーンズ伊勢丹・・・・・284円
     7位: 【ブランド・オブ・庶民】 ドン・キホーテ・・・・・・・・・278円
     8位: 【コンビニ】 ミニストップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・262円
     9位: 【コンビニ】 ファミリーマート・・・・・・・・・・・・・・・・・260円
     10位:【コンビニ】 セブンイレブン ・・・・・・・・・・・・・・・・・258円
     11位:【スーパー】 ライフ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・198円
     11位:【高級百貨店】 銀座松坂屋・・・・・・・・・・・・・・・・・198円
     13位:【明らかに高級スーパー】 成城石井(本店) ・・・・178円
     14位:【輸入食品店】 台湾物産館・・・・・・・・・・・・・・・・・168円
     15位:【スーパー】 サミット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・138円
     15位:【スーパー】 京王ストア ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・138円



≪最後に・・・≫

 さて、貴重な連休をカップ麺に潰しながら、いろいろ考えたことがあった。

 そしてその最たるものは、上のランキングを見ても分かるとおり、「庶民の中の庶民の店たるコンビニが激しく高くないか?」 ということだった。

 とくにフリーター。彼らの平均月収が10万円ちょっとであることを考えると、こんな高い買い物を頻繁にしていたら、一体貯金は? と、はからずも思ってしまう。

 麻生首相のみが贅沢なのだろうか?


 《関連記事》
 ・麻生首相、年の飲食費は3500万円!?
 (※昨年度のデータを調べたところ、麻生首相の年収は 「4400万円」 )

爆弾低気圧に1人巻き込まれ、死にかけた!

2008年7月12日の日記です。

joioiuy1
11月に栃木に支店が出来るとか。
(クリックで拡大)

 さて、昨日は昼から三田の「らーめん二郎」(本店) へ!
 前回の日記に書いた店で、どうしても行きたくなったので、早めに行くことに。

 電車で行こうと思ったが、この日はいいことがあると思って、自転車にした。
 杉並区から笹塚、代々木、渋谷、恵比寿、広尾、麻布と、極力裏道を通って行くと、意外と電車で行くより早く三田の 「二郎」 (慶応大学正門付近) に辿り着いた。

  「二郎」 は、三角形のビルに入っているが、その三角形の2辺を埋め尽くすような行列が出来ていて、さすがというところ。

 並んでみて驚いたのが、土曜なのに、慶応大学生の多さ。
 レポや教授や中庭の話や、サブプライムローン問題はむしろ日本にとってはチャンスとか言ってるから、明らかに慶応大生だ。前も後ろもそれ。
 しかし平日並に並んでるとは・・・もはや11個目の学部か?

 結局1時間並んでやっと店内へ。お世辞にも広いとはいえない。どのくらいの狭さかというと、とても厚かましくなった鳩が、店内裏口から表口へ歩いて10秒で横断していったくらいだ。

 創業者のオヤジさんはとても気さくで優しそうだが、一方で建材のような角棒でスープをかき混ぜる姿があまりにもカッコイイ!

 程なくして、ラーメンが出てきた。


◆        ◆        ◆


oih987t7001
ぶたダブル・ヤサイ (※ヤサイは無料増し) 。
(クリックで拡大)

 もともとの量が物凄いので “ヤサイ多め” とかはやらないつもりだったが、オヤジさんの姿を見ているうちに、ついヤサイ (多目) といってしまった。すると写真のようになる。

 写真だと分からないが、この器は結構大きめで、それなのにこの盛り方である。一言も “大盛り” とは言っていない。

 また、ヤサイでほとんど隠れてしまっているが、この下には何枚ものブツ切りの豚バラ肉が転がっている。
 そしてさらにその下には、極太の麺がビッシリと敷かれている。

 食べるとさすが本店、美味い。
 やっとのことでスープにたどり着けたがこの独特の甘辛さは、どこにもない。だからこその人気なのだろうが。

 ・・・しかし何といってもこの量! 半分くらいで、ほとんど箸が進まなくなってしまった。こんなことに陥ったのは、5年以来だ。5年前の 「二郎・町田店」 以来だ。

 やむを得ない、と取り出したのはコンビニの袋。そこに2枚豚バラを入れてカバンにしまい、残りを何とか食べようとする。

 ・・・だがそれでもダメだった。残さざるを得なかった。

 器をカウンターへ戻して出て行く時、左右や行列に並んでいる常連の、負け犬に対して容赦なく注がれる冷たい視線が・・・ということは一切なかったが、それでも敗北感でいっぱいだ。

 食べながら別の客の注文で分かったが、「麺半分で」 という注文も出来るようだ。
 確かになあ、と思う。

--------------------------------------------------------------------------------
『らーめん二郎』 (本店)


 おいしかった!・・・・・・86点 (/100)
 ボリューム十分!・・・・100点 (/100)
 居心地いいよね!・・・・70点 (/100)
 この値段ならOK!・・・97点 (/100)
 個性的だよね!・・・・・・98点 (/100)

★ 合計 : 「451/500」点!! (平均90点)★


※合計点数400点以上=「オススメ!」
     399点以下=「・・・別に。」
--------------------------------------------------------------------------------

 百点は永遠につけるつもりはなかったが。
 理由は自分が食い切れなかったからで、もういいと思った。


◆        ◆        ◆


hiug701
(クリックで拡大)

 さて、もと来た道を帰るか、と広尾を抜けていくと左隣を 「渋谷川」 が流れている。 渋谷川の水は臭く、一呼吸でもするものなら人生損した気分になる。
 うざい渋谷川。二度と通りたくない、と思っていると、突然パラパラと大粒の雨が。

 どうやら夕立のようで、傘で凌ぐ。

 ほんの2分ほどで上がったので、早く汚い渋谷川エリアを抜けようと、恵比寿南まで来た時、とんでもないことが起こった。


◆        ◆        ◆


 突然雷が鳴りだし、20秒ほどで物凄い雨風となった。

 しかしそれは、ただの雨風ではなかった。

 いきなりの突風で、わずか2秒で傘が飛ばされ、大通りのトラックに轢かれ、自転車は前に進まなくなった。

 普通、突風とはすぐに終わるものだ。しかしこれは突風ではなかった。ずっと吹き続ける暴風だった。こうなると自転車を立たせることすら出来なくなり、やむなく転倒させて放棄、近くの円柱に身を寄せるしかなかった。
 それでも狂ったような暴風から完全に逃れることは出来ずあっという間に全身びしょ濡れになり、ほんの1分でこれ以上水分を保っておけない状況までになった。

 円柱を盾にしても何度も飛ばされそうになる。暴風は止むどころか激しくなり、もはや雨は真横にしか降らない。

 正直、こんな暴風を受けたことは生涯初めてだ。よく台風中継で、レポーターがボロボロの傘を指しながら絶叫しているのを見るが、それどころでない。なぜなら傘など持てる状況にない。立てる状況にない。
 自動車以下のもので、自分の周囲で立っていられるものは何もなかった。その自動車でさえ、あまりの風の威力に、ノロノロとしか動けない。

 ちょうどその時、交差点の向こうからスーツ姿の男が飛ばされながらながら来た。
 大の男なのに泣きながら 「タクシー!タクシー!」 と叫び続け、果ては這うように道路に飛び出してタクシーの前に立ちはだかり、無理矢理中へ倒れ込んだ。
 またその直後、自分が張り付いている円柱の裏から女の 「死ぬ!! もうやめて!」 という悲鳴が聞こえてきて、こちらも一瞬の風の隙を突いて、道路に飛び出し、ノロノロ運転のタクシーのドアをこじ開ける勢いで乗り込んでいった。

 自分もタクシーに乗りたかったものの、自転車を置いている (こけている) 以上、乗るわけにはいかなかった。

 しかしその判断が、さらに恐ろしい結果へとつながることになるとは、この時想像していなかった。


◆        ◆        ◆


 2、3回雷が鳴ったと思えば、この暴風がさらに激しくなり、円柱に張り付いているのに吹き飛ばされそうになった。

 必死に踏ん張りつつも前後左右を見てはじめて、自分が立っている地形の恐ろしさに気づいた。

 この場所は “もっとも風を集める場所” だった。そしてここにいるのは自分1人だった。

 ここには、まず自分がいて、背後に円柱があり、その後ろを歩道、さらに後ろを 「渋谷川」 が流れている。
 そして前が 「明治通り」 という広い道路となっていて、風は常に明治通りに向かって吹く。
 さらに自分の左後ろを、明治通りにクロスする太い道路が走っていて、悪いことに “上り坂” となっている。
 その上もっと悪いことに、自分の背後の上を、「高速道路」 が走っていて、風は後ろの坂を下り、高速道路で集約され、さらに渋谷川から発生する乱気流を吸収して、円柱に向かって襲いかかっているのである。

 もはやこうなると、台風をはるかに越える暴風が雨と水蒸気を、異常なまでの速度で運んできて、周囲は真っ白となる。

 渋谷川から多量の水蒸気が上がっては自分に吹き付けてきたが、もはや汚い、一呼吸もしたくないなどと言っていられない。何せ、呼吸そのものがほとんど出来ない。
 そしてついに視界ゼロとなった。

 ほとんど呼吸できず、いつ飛ばされてもおかしくない状況に、初めて自分は 「死」 を意識した。

 地形にハメられた。こんな形で敗死するのか、これが終わりなのか。

 そしてこの理解を超える暴風に、近くで核戦争が起きた結果こうなった、ということさえ信じようとしていた。
 まだ商談が3件も残ってるというのに・・・でももう終わるから、無理だから。
 それにしても最後の思い出が、よりによって二郎とは・・・。

 この後、一瞬にして死が訪れることになるんだろうか、他の多くの人もこんなことを思いながら死んでいったんだろうか、とつらつら考え始めた時、遂に暴風が弱まった。
 それとともに呼吸が回復し、これなら・・・! と思った。

 3分くらい経って、やっと暴風が止んだ。
 大粒の雨はまだ残っていたが、今のうちに、と自転車を起こして近所の会社ビルの1階屋内駐車場へ逃げ込み、雨宿りをした。

 ちなみに上の 「雨の写真」 は、暴風雨が止んでからこの屋内駐車場から撮ったもの。
 暴風のさなか、つまり死にかけている時は、写真のことなど考えも及ばなかった。


◆        ◆        ◆


 この恐るべき (特に自分が立っていた地形上では) 暴風が止んだのは3時45分くらいだった。
 自分はぐったりしていたが、急にベランダに干していた洗濯物が気になり始めて、気をふりしぼって帰ることに。

 代々木あたりまで来ると、あの暴風雨は何だったんだろう? と思うくらいの穏やかな天気。そして家のある杉並区まで来ると、これはどうしたことか・・・!! 雨が降った形跡がほとんどない!

 馬鹿な・・・と思って帰宅し、ベランダに出てみると、洗濯物が飛ばされて消えることもなくキチンと吊るされていて、しかも乾いている!

 こうなると洗濯物の無事を喜ぶよりは、これでは自分の苦労は・・・いや、下手したら自分が嘘をいっているかのようではないか、という不安に一気に駆られることとなる。

 いや、このままでは明らかに嘘つきだ。明日にはほとんど誰にも信用されなくなり、100年後には、「あそこは “ウソ神憑きの家” じゃから、行ってはならん」 と言われ、200年後、地球が滅び、新たな惑星に移り住み、人類のほとんどがミュータント化した都市において 「コノ エリア ニハ、嘘ツキ ノ 子孫 ガ 収容 サレテイル。ワレワレ ガ 使役 シテイル」 などと言われているのだ! まったく何ということだ・・・。ミュータントかエイリアンかは知らないが、勝手なことをしやがって!

 さすがにこのままではいけないと思い、またどうしても納得できないので、当HP右上の 「天気予報ブログパーツ」 をクリックして15時以降の詳細を調べてみた。

 そして大方の原因が、分かった。

lhuit7ge01
爆弾低気圧か?
(クリックで拡大)

 ちょうどこの時間に、まさに局地的に 「低気圧」 が急発生し、物凄い雨を降らせて一気に海上に抜けて行っている。
 そしてこの一番荒れた、赤い部分こそまさしく恵比寿・・・! そしてその中でも最も悲惨な場所にいたのが自分1人!!

 原因が分かってホッとしたのか、全身雨と渋谷川の汚水でまみれた服を着替えた後は、1時間くらい呆然としていた。

管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)