ツクシの採り方

2013年3月28日の日記です。

朝の川沿い緑地
tukutisoridayo1303-1

日課となっている早朝散歩だが、今日は少し遠出して、大きな緑地帯まで。
そろそろ、ツクシ、本気で見つけたい。


いに発見!】
tukutisoridayo1303-2

36年の人生において自分がツクシを発見したのは、これが最初だったりするので、まさに貴重な瞬間!(※個人的に)


30分後】
tukutisoridayo1303-3

その後、30分かけて探すも、最初の1本だけというレアキャラっぷり。
やはりツクシは“その道のプロ”でないと、上手く見つからないものなのか?


らに3分後】
tukutisoridayo1303-4

ところがその3分後に6本も見つかる。
実は10本以上見つけていたのだが、自分の食べる分だけにしたのだ。

「え? 30分探して1本だったのに…3時間の間違いでは!?」という話だが、この後は仕事もあるのに、それは無理な話。


し方 ~角度~】
tukutisoridayo1303-5b tukutisoridayo1303-5a

実は、「見る角度」を変えてみたのである。

ツクシは“棒状”なので、上から見ていると見える面積が少なくて見にくい。

そこで、腰を落としてしゃがみ、その低い場所から見てみると、“ツクシん棒”がいるわいるわ…要は、見落としていただけだったのだ。

よく、“近所の土手を歩いていたらツクシを発見”…なんて話を昔から聞くが、その理屈が何となく分かったような気がした。

おそらくは、土手は大体「坂」になっているから、坂の下から傾斜を見上げた場合、角度の問題で見やすかったのだろう。


し方 ~点と線~】
tukutisoridayo1303-6a tukutisoridayo1303-6b

いずれにせよ…

×=「歩きながら“線”の距離ばかり稼いで探す」
○=「しゃがみ、そこを起“点”として360°を見渡す」

…と探し方を変え、“ここは!”という所にアタリをつけ、プロゴルファーが芝目を読むみたいにしゃがみ込んで探すというのを何ヶ所かでやり、大量確保に至って攻略完了!…というワケなのである。

なお、アタリの付け方だが、大体、近くに同じ地下茎でつながっているスギナが生えているので、それを参考にするといいと思う。

3分探して見つからない場合は、誰かに採り尽くされたか、そこは生息域でないということだろう。(※スギナもない場合)


まけ・ツクシの食べ方】
tukutisoridayo1303-7a tukutisoridayo1303-7b

まず、下処理として。

[1] 水で洗う
[2] 袴を取る
[3] 1分茹でる

採ったツクシはまず水洗いして、袴(はかま)と言われる“胴体に付く飾り部分”は、枯葉みたいなもので固くて食べられないので、毛抜き等で全部取る。

その後、熱湯に1分くらい浸して灰汁を取り、ザルに上げるのは“ほうれん草”と同じパターンで、これで下処理はすべて完了。

後は好きに料理すればいいのだが、自分は素材の味にこだわりたいので、「すまし汁」に。
ゼンマイよりシャキシャキしていて苦味があり、臭味と香りはほとんどない…といった感じか。


≪関連記事≫
つくしのレシピ 614品(クックパッド)

東京湾へ水平線を見に行った

2013年3月24日の日記です。

sy1303-1

正午から、「杉並区の家」から東京湾近くの「田町」(港区)まで行くことに。
仕事絡みで、下調べを兼ねての事だった。


原交差点 12:06】
sy1303-2

ここはまだ家の近所だが、ここから東に延々突っ込んでいく起点として。
なお、最初に断わっておくと、移動は全て「自転車」(ママチャリ)で、電車などは一切使わない。


々木上原・モスク前】
sy1303-3

旅の安全をアラーに祈って行こうかと思って入口まで行ったところで、ウチは臨済宗だったことに気づく。


々木公園下 12:18】
sy1303-4

何やら警官が集まってるな…事故だ!


故現場 1】
sy1303-5

赤い車がガードレールに激突していた。


故現場 2】
sy1303-6


2台の車の激突事故だった。
双方の車のフロント部分がへしゃげていることから、出会い頭に衝突したことが分かる。

しかし現場が“交番前”とは、事故は所構わずだな…と。


故現場 3】
sy1303-7a sy1303-7b

双方の車は、エアバッグがちゃんと作動していた。


宿駅前 12:24】
sy1303-8

事故にもめげず、さらに東進。


参道 12:30】
sy1303-9

カルティエ前を抜ける……ふん!


本木・テレ朝前 12:38】
sy1303-10

以前、局に呼ばれた時に作っておいた“抜け道”が役に立った。


京タワー下 12:45】
sy1303-12

本当に“下”だったりする。
撮影のため。


JR・田町駅 12:58】
sy1303-14

そして、目的地の「田町」に到着。
所要時間58分、事故現場と東京タワーで時間を取られなかったら、55分を切ったことだろう。

いいデータが取れ、“今日の目的”を果たした。


浦ふ頭 13:08】
sy1303-15

しかし、“今日の目的”を果たしたならそこからサッサと家へ帰れ…となると、何か余計な事をしたくなるのが、自分の性(さが)。

急に「海」が見たくなったので、さらに東進して、芝浦ふ頭まで来てみた。
左にレインボーブリッジ、右奥にフジテレビが見えた。


川ふ頭 13:30】
sy1303-18

…でも、自分は満たされなかった。
海と言っても、眼前は“埋め立て地”ばかりで、海らしくない。

海と言ったら、「水平線」でしょ!

…ということで、ここからさらに南下して、臨海道路を走って“ふ頭”や港を目指すも、どこも立入禁止!
東電「火力発電所」の中を覗き込んでから、もっと海が見えそうな場所を探す。


浜運河 13:48】
sy1303-19

こんなところに釣りスポットが!


して】
sy1303-20

釣れた。


く分からない橋の上 14:15】
sy1303-20a sy1303-20b

運河は海じゃない、たとえ釣れた魚が海水魚であったとしても…だ。
そう言いながらさらに南下するも、人工島ばかりで、広い海を望めない。

あと、飛行機が妙にデカくて怖い。


南島海浜公園 14:28】
sy1303-21

さらに走り続けると、いきなり公園が見えてきた。
「城南島海浜公園」と書いてあり、名前からして広い海が見えるんじゃないか!?

急に、心が躍った。


内板 14:29】
sy1303-22

何と、砂浜付きの公園ときた!
これならもしかして…。


いに水平線が!! 14:30】
sy1303-23

…見えた、海らしい海!
分かりきっていてもとりあえず、水をすくってペロッとして塩辛いのを確認。

ずっとコンクリートジャングルに住んでいたので、ここ数年、マトモに海を見ていなかったのだ。

まあ、水平線の向こうは千葉なワケだが、それでもとても満足した。


干狩りスタート 14:33】
sy1303-24

何か子供が貝を採っていたので、自分も急にやりたくなった。

やった。


殻 14:38】
sy1303-25a sy1303-25b

…といっても、まさか今日がいかに日曜日だからといって、“潮干狩り”をするなんて想像だにしていなかったので、道具なんて何もない。

波打ち際で、手をそのまま突っ込んで、ガサゴソとやるが、出てくるのは、貝殻ばかり!


った! 14:50】
sy1303-26

それでも場所を変え、浅く広く掘るように変えて頑張っていると、ついに1匹獲れた!
白くて可愛らしい「アサリ」だ。


局 15:02】
sy1303-27a クリックで拡大表示できます。

さらに粘って、合計3匹を捕獲。
…でも、こんな小っちゃいのは、食べれない。

いつしか日が傾いてオレンジ色に輝く水面にポーンと投げて、逃がした。


浜コンビニ 15:20】
sy1303-28a クリックで拡大表示できます。

靴を海水と砂だらけにしながら潮干狩りを楽しんで、ちょっとここいらで水分・糖分を補給しようと、この辺のコンビニへ。

倉庫地帯というだけあって、コンビニのものとは思えぬデカい駐車場に居並ぶトレーラー列を眺めながらコーヒー牛乳を飲む。

あと、このコンビニ内の「軍手率」の高さに驚き。


ウトバーン 15:38】
sy1303-29

そろそろ帰ろう…と倉庫街を走る。
車道も歩道もだだっ広い上に、誰も居ないわ信号もほとんど無いわで、ぶっ飛ばし放題で感涙モノ!


浜急行線・青物横丁駅 15:51】
sy1303-30

倉庫街を抜け、埋め立て地からも解放されて、青物横丁まで。
さらにここを抜けた先で左折、“山手通り”に入る。

帰りはここからだと、田町経由ルートを使わない方が近くなる。


反田 16:04】
sy1303-31

大崎を経由しながら“山手通り”をキープ。


急東横線・中目黒駅 16:18】
sy1303-32b クリックで拡大表示できます。

ラーメン二郎・目黒店の行列を見ながら中目黒に突入。
「目黒川桜祭り」を見に行く客で、駅前はギュウギュウ詰めの悲惨な状態に。


見だよ 16:25】
sy1303-33a クリックで拡大表示できます。

その目黒川の桜がコレ。


北沢駅の踏切 16:38】
sy1303-34

…は、下北沢の踏切と共に天に召されました、アーメン。


王線・笹塚駅 16:44】
sy1303-35

ガードが高くて電車が隠れ、撮り鉄失敗!


宅に帰還 16:55】
sy1303-36

自転車を停めてから、ご神木に「無事に帰れた」と報告。


とめ】
sy1303-37

家を出て「4時間55分」、「43キロ移動」、これで全くバテないのは日頃からゴソゴソ動き回っているため。

ただ、凄くお腹が空いた。

人が麺類を美味いと思う「意外な理由」

2013年3月5日の日記です。

takatora1302-2
「麺をすする」…そこに“大きな意味”があった!

最近、またラーメンをよく食べるようになったが、麺をすすって美味いと思った瞬間、以前聞いた“興味深い話”を思い出した。

それは、麺がモチモチしているから美味いとか“素材の次元”でなく、そもそも人間が麺を美味いと思うのは、「麺をすする行為そのもの」による…という話だ。


  ☆・☆・☆


麺をすする時、人間は“ある呼吸法”をするという。

それは「数息法」(気功の一種)だ。
吸って、吸って、吸って、息止めて、吐く…というのが、数息法の基本。

これが麺類になると、麺を吸って、麺を吸って、麺を吸って、息止めて麺を噛んで、飲む。
イコールではないが、割りと近い。

そして、この数息法の効果は「心が落ち着き」、「リラックス」するというもので、その効果は、1ヶ月続けたら出てくるといった類いのモノではなく、“即効性”で、やった直後から効果が出るモノである。

つまり、スッキリとリラックスしている状態で麺類を食すことで、素材の味以上に美味く感じるという話なのだ。


  ☆・☆・☆


次に、それを決定づけるものとして、自分はさらに「印象形成」が関わっているのでは…と考えている。
印象形成は、あるモノを認識する際に、それが持つ属性や特徴を参考に行うというものだ。

例えば、初対面の女性が自分の好きな香水を付けていた事によって、“何か感じのいい女性”と捉え、後々までそれが影響を与えるというもので、心理学でいわれるところのものである。

つまり麺類の場合は、“食べている時に何かリラックスする”という好感が、無意識のうちに植え付けられ、必要以上に麺類が美味く感じることが定着化してしまった…というワケなのである。

もちろん因果関係など、科学的立証がなされていない部分もあるので、あくまで“可能性の話”ということで。
管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)