初詣! 京都の伏見稲荷でスズメを食す、その味は?

2012年1月5日の日記です。

kyouto201201-2
京都・伏見稲荷へ初詣!
(クリックで拡大)

 今年の初詣は、京都の伏見稲荷大社に行った。

 伏見稲荷は毎年恐ろしい数の参拝客で溢れかえるが、今年ももう昼過ぎだというのに、駅前から凄い人ごみだ。


【祭神は、千本鳥居も名物】

tuikauh157 kyouto201201-3b
伏見稲荷といえば「千本鳥居」。
(クリックで拡大)

 本堂前ではさらに人が集中し、本堂到着から賽銭を投げるまでに、15分もかかってしまった。

 その後は奥に続く名物の「千本鳥居」へ、
 千本鳥居は文字通り、奥のお堂に向けて無数の鳥居がビッシリ並んでトンネル状になっていて、そこをくぐるとまさに非日常を味わえる。

 また、神社にはいるはずの“狛犬”はいなく、稲荷神を示す「狐」がここでの顔で、大量の人を見おろす黄金の稲穂を咥えた狐が実に涼やかだった。


【まずはウズラをす!】

kyouto201201-4
上が「スズメ」、下が「ウズラ」。
(クリックで拡大)

 しかし、伏見稲荷の“裏の顔”は、門前町の屋台や店舗で売っている「スズメ」や「ウズラ」ではないだろうか?

 普段食べそうにないこれらの鳥を、店頭でこんがり焼いている光景は、それだけでインパクトがあって、見ているうちに食べずにはいられなくなった…サイト管理人としては。

 早速、一軒の店に入って、「スズメ」と「ウズラ」を注文。

 まずは「ウズラ」(1皿800円)から食す。
 いつもは卵の方でお世話になっているはずだが、今回は本体でも…。

 一言でいうと、肉質は味・弾力共に、鶏肉に近い。

 また、肉の風味においても、臭みはまるでなく、珍味にありがちな“アクの強さ”も全くないので、普通においしくいただける。
 炭焼きとタレの味と肉の甘味が均質的に広がっていき、しばし舌鼓を打った。

 …というと、“結局は鶏肉と一緒なのでは?”と思われるかもしれないが、やはり「ウズラ」ならではのものも。

 それは、“食感”にある。

 特に、太い骨の周囲に付いている肉のプリプリした歯ざわりが見事。

 このプリプリ感は鶏肉より甚だしくて驚きだったのだが、これは「ウズラ」の筋繊維が鶏より細く、密集しているためだろうか…。

 この歯応えと共に湧き上がる淡い甘みは、なかなかのものなのである!


【さらにスズメもす!】

kyouto201201-5a kyouto201201-5b
結構“姿焼き”だったりする。
(クリックで拡大)

 続いて「スズメ」(1串500円)も食した。

 小さな本体から肉を器用につまんで口に放り込むと、タレと共に山椒もかかっているので、臭みもほとんど感じない。
 パサパサして鶏のササミをさらに固くしたようで、それでいて鶏肉と比べ、甘味も少ない。

 先に食べた「ウズラ」と比べると、どうも見劣りするし、珍味というにも、個性と訴求力に欠ける感じでもある。

 しかしそれは、“食べ方が悪い”のだ!
 肉だけだとパサつき、骨だけだと何を食べているのか分からず、皮だけだと焦げ臭いのは道理である。

 スズメは、肉や皮や骨にこだわらず、一気呵成に頭からかじり付くのが“珍味”なのである。
 どの骨も柔らかいので、それでいける。

 噛むと、こんがり焼いた外側の皮と内側の骨がカリッとした歯ごたえと香ばしさを醸し出し、さらに中の肉がジワッとして混じり、その程良い固さに咀嚼の楽しみを覚える。

 まさに「スズメ」はガッツリかじれるのが魅力なのである。

 ただその中でも“頭”は柔らかく、ほんのり甘みもあるので、まずは挨拶代わりに頭からかじっていくといいだろう。

 スズメはスズメでなかなか面白い料理なので、伏見稲荷に詣でた際は、是非チャレンジしてほしい。

 何より全身まるごと食べられる鳥なんて他にないだろうから、これぞ個性的な珍味といえよう。


まけ】

kyouto201201-6
当記事を見て頂いた読者の皆さんに
幸せが来ますように!

(クリックで拡大)

 伏見稲荷といえば、トコトン“狐”のようで、絵馬も何と狐型だ!


≪関連記事≫
神社の参道! 中央を歩いてはいけない理由

ウーパールーパーを飼い始めたら…


2011年12月5日の日記です。

hajimetenoupa1112-1
ウーパールーパーの子供を買ってきた。
(クリックで拡大)

 おとといの土曜日は、夕方前には仕事を片付け、ウーパールーパーを買ってきた。

 体長5センチ程度のウーパールーパーの子供で、顔の形が可愛いかったので、購入を決めたのだが、ただこれは、別に衝動買いとかではなく、1週間前から計画していたことなのだ。

 あらかじめ水槽を用意して水草を植えていて、その後、有用なバクテリアが産生されたあたりでブクブク(エアー)を設置、そのポンプのモーターのせいで、先日の「ウチのPC立ち上がり拒否事件 ~私はもう貴方の為に働かない~ 」が起きてしまったというワケなのだ。

 実は1年前から高円寺の雑貨屋の看板ウーパールーパーを見てきて、いつか欲しいと思っていた…。

 とまあ、そんなワケで、買ったウーパールーパーに早速名前を付けることに。

 男の子だったら「総天白龍」(レシラム)、女の子だったら「三留美雪」(ミルフィーユ)にしようとヤル気満々だったのだが、肝心のウーパールーパーの性別が分からないことに気づき、カス並みにググってみると“大人になるまで分からないというオチ”まで付いてきて、結局は「ウパ」と名付けることにしたのだった。


◆        ◆        ◆


hajimetenoupa1112-2 hajimetenoupa1112-3
フワフワと浮いたり泳いだりしている。
(クリックで拡大)

 さて、ウパの飼育だが、“細かい砂利をウパが飲み込んでしまうリスク”があるため、「水槽の下には何も敷かない」のが基本なのだが、風情に欠けるので、やはり砂利を敷いて水草を植えることに。

 一番下に濾過機能のある茶色の細かい砂利を敷き、その上にかなり大きい砂利で完全に覆ってしまう。
 なお大きい砂利は、丸っこいものを買って入れて、たまに混ざる尖った砂利は手作業で取り除いて捨て、ウパの体を傷つけないように工夫する。

 飲み込みがちな細かい砂利は、決して飲み込めない大きな砂利によって阻まれているので、細かい濾過砂利で水はキレイになるし、水草は大砂利の重みで根付くし、それでいてウパの安全も確保出来るというわけだ。

 ウパは元々、メキシコの湖底に棲む生き物なので、その風景を再現したかった。


◆        ◆        ◆


TVUPA-1112-1 TVUPA-1112-2
何とTVを見始めた…。
(クリックで拡大)

 水槽で泳ぐウパを眺めていたら、夜中になってしまった。
 他の事をする気も、ツイートする気も起きず、ずっと見ていたようだ。

 そして深夜、自分がこのHP日記で使う画像処理作業をしていたら、ウパが水草を座布団代わりにTVを見ているではないか。

 画面が切り替わったり、いろんな色が出るのが珍しいのか、あるいは竹山のキレ芸がそんなに面白いのか、じっと見ているのだ。

 …これは有望かもしれない。

 まあ今は簡単なバラエティー番組を一緒に見ているが、いずれはニュース特番も見てTPP問題を解説して聞かせる予定だ。


◆        ◆        ◆


mizukusanoueupayonakano
丸い葉の水草の上で休んでいる。
(クリックで拡大)

 さて、翌日の日曜日はウパと「皇室日記」を見てから、エサを買いに行くことに。
 固形エサや冷凍赤虫など、いろいろあるそうだが、自分は「生き餌」がいいと思った。

 近所のペット屋には置いていなくて、聞けば釣具屋にあるというので3キロ先の釣具屋へ。
 釣りなど一切やらない自分が、まさか釣具屋に入るなど想像もしていなかった。

 店内はよく分からないアイテムが並び、奥ではコーヒーを飲んだ2秒後のような顔をした釣り師がそれを鑑定している。
 店員も同じ属性のようで、釣り師と何とも深い立ち話をし、まあ自分も内容はともかく、この雰囲気自体は分からないでもない。

 生き餌コーナーでやたら元気に動く水生ゲジゲジを極力見ないようにしながら赤虫を探すが、なかなか見つからない。

 店員に聞くと、一方的に「1個でいいですね」とツイートしつつ、下の引き出しから赤虫を取り出したので、自分が首を伸ばして引き出しの赤虫を見ようとすると「レジに行っててください」と冷たく言い放たれた。

 “ケッ、この素人が…”というのが言外に見え見えで、軽くしょげながら会計を済ませる。
 まあ分からないでもないが、もう少し優しくしてもいいと思うのだが…。


◆        ◆        ◆


akamusi-esayari-1 akamusi-esayari-2
右は自分の飲むサプリとウパが食べる赤虫。
たまに逆にしてみる。(嘘)

(クリックで拡大)

 持ち帰った赤虫を見て、そのホントに鮮やかな赤色にいたく感動し、キレイなガラスの器に入れてしばし眺める。

 ただ、感動しているばかりだと自分もウパも昼食にありつけないので、ピンセットで1匹つまんで水底にいるウパの目の前に沈めてやる。


◆        ◆        ◆


esayari-supoito-1
これが「スルー力(りょく)」。 社会では必要だ。
(クリックで拡大)

 自分でも惚れ惚れするような“位置合わせ”で赤虫を落としてやったのだが、何とスルーされた。
 これが魚なら、目の前に来る前から気づいて自ら取りに行くところだが、このウパは目の前まで来て、さらに目の前を通過しても気づかない。

 どこをどう見たらそうなるのか…ああ、そういえば売り場のポップに「エサを見つけるのが上手くないです」などと書いてあったのを今更ながら思い出した。
 困ったなと思ったのだが、でもまあ人間の世界でもエサを取るのが下手なのがいっぱいいるのだから…と気持ちを大きく持つことにした。

 本当に困ったのはむしろ、底に沈んだ赤虫の方だ。

 自分が砂利を敷いたせいで、赤虫が砂利の間に挟まってしまい、ようやく気付いたウパがそれを取ろうとしても、その丸い顔が引っ掛かって取れないという寸法だ。
 さらに赤虫側も既に危険を察知しているので、さらに下へ下へ潜り込んでしまい、結局回収不能となる。

 底に何も敷いていない水槽なら、赤虫をバラ撒くだけでエサやり終了でいいのだが、ウチの場合はこういう事情で、1匹づつ確実にウパの口に入れていかないといけない。

 そこでピンセットで赤虫をつまんだまま、ウパの口まで持って行く方法でエサやりを始めたのだが、どうにも成功率が低い。

 ウパがかじりついた瞬間にピンセットを離さないといけないのだが、タイミングが合わず、ウパが赤虫を引き抜けなかったり、逆にかじりつく前に赤虫がピンセットを離れ、またしても砂利の間に落ちてしまう。

 さらに最悪は、そうこう格闘しているうちに、赤虫が潰れて嫌な思いをする。
 …ホトホト困ってしまった。


◆        ◆        ◆


esayari-supoito-2
我ながらスポイトをこんな形で使うとは…。
(クリックで拡大)

 しかし1時間の格闘の末、ついに「かなりの成功率を誇る方法」を編み出した…!
 それは、「スポイト」を使うやり方だ。

 まず、赤虫を長いスポイトで1匹吸い込む。
 次に、そのスポイトを水槽のウパの前に持って行き、スポイトを軽く押して先から赤虫を“半分程度出してやる”というものだ。

 するとウパは、スポイト圧にもかかわらず、半分出た赤虫を上手く引き抜くので、100%の確率でエサを与えることが出来た。
 うっかりスポイト押し過ぎて水中に赤虫が出てしまっても、すぐであればまた吸って回収出来るので、リトライも効く。

 結局この要領で20匹近く赤虫をあげることが出来た。

 エサをやるとウパは自分にも慣れてきたようで、「エサちょうだい!」といった感じで顔を向けてくるようになった。
 高円寺のウーパールーパーもカメラを向けるとこちらに近寄ってきたが、案外同じ理由だったのかもしれない。

 いずれにせよ、ホントに癒されるし、頑張って大きくしたい。

170マイクロシーベルトの世田谷スーパー、原因は…

2011年10月29日の日記です。

STG170-1
170マイクロシーベルトが検出された
世田谷のスーパー。

(クリックで拡大)

 さて、昨日世田谷のスーパーで170マイクロシーベルトの放射線が出たニュースがあった。

 なお昨日時点では110マイクロシーベルトとされていたが、その後の再調査で170マイクロシーベルトと判明、不安が広がっている。

 果たして現地のスーパーはどうなっているのか?
 今日、行ってきた。


◆        ◆        ◆


STG170-2a STG170-2b
スーパーは臨時休業、
周囲にマスコミがごった返す。

(クリックで拡大)

 さて昼前に現地に着くと、まさに世田谷の閑静な住宅地、向かいに中学校があり、見通しのいい場所だ。

 しかしやはり今日ばかりは、スーパーの周囲にマスコミの報道陣が取り囲み、異様な雰囲気になっていた。

 スーパーは「放射能が出たので安全になるまでは休業します」との張り紙と共に閉鎖され、マスコミ報道陣はスーパーの周りをグルグル、隣家の人やスーパーの関係者(?)に取材して回るしかなかったようだ。


◆        ◆        ◆


STG170-3a STG170-3b
スーパー敷地内は非常線が張られ、
公安関係者しか入れない様子。

(クリックで拡大)

 この500坪以上あると思えるスーパーの敷地には、公安関係者しか入れないようで、たまに警察官が出入りしていた。


◆        ◆        ◆


STG170-4a STG170-4b
テレ朝がアンテナか計測器(?)を、
のびのびと伸ばしていた。

(クリックで拡大)


 しかしこれだけの大ニュースである、今日ばかりはマスコミと共に、「野次馬」でエライ事になっているかと思いきや、いるのはマスコミの報道陣ばかり、野次馬はほとんどいない!

 普通はこれくらいの事件の場合、報道陣を取り囲むか金魚のフンみたいに、大量の野次馬が付いて回るものだが、そういうのがほとんどいない。

 だから、マスコミを除けば、わりと静かな状況で、何とも拍子抜けな感なのである!
 野次馬はごく少数で、むしろ、通りがかりの近隣住民の方がはるかに多い。

 やはりこれも「放射能の恐怖」というヤツなのだろうか…?

 なので、近隣住民の声を拾ってみた。

 「買い物来てたから、まさかって感じ」(中年女性A)
 「あそこにビンの箱とか積んでるじゃない、ああいうのが怪しいのよ」(中年女性B)
 「ウランが出たのよ」(70代女性)
 「あららら……ゲホッ!」(後期高齢の男性)


◆        ◆        ◆


STG170-5
近隣住民の方から、貴重な証言が…!!
(クリックで拡大)

 …と、その時である!
 自分に向かって、ある初老の男性が近寄ってきて自分の取材状況を訊ねてきたではないか。

 自分は「放射性物質はウランとの話も出ていますが、本当のところは分かりません」と答えると、何とこの男性は“驚くべき事実”を話してくれた。

 男性はここに長く住む地元住民で、かつてこのスーパーが出来る前のことについて、知っていたのだ。

 かつてここには、「農業研究施設の寮」と「林」があり、【研究員が実験で使用した薬品を向かいの林に投棄した可能性がある】というのだ!


◆        ◆        ◆


STG170-6
かつてスーパーが出来る前、
薬品の不法投棄があった!?

(クリックで拡大)

 男性の話の詳細は、こうだ。

 この近くには「アジアから人を集めて農業研究をする施設」があったのだそうだ。
 研究の対象は主に「稲」で、アジアでは二毛作や三毛作が当たり前だったので、さらに収穫を増やそうと、力を入れて研究されていたという。
 その肥料開発研究で用いられた薬品が、スーパーの敷地内にかつてあった「寮」に何らかの形で持ち込まれ、不用になったところで向かいの「林」に捨てたのではないか
……ということだった。

 男性は「だから捨てたヤツが今になって(放射能が)出たんでしょ」と言い、「何も(原因を)難しく考えることはない」別に驚いた様子ではなかったのも印象的だった。


◆        ◆        ◆


 もちろん自分はこの証言によって、「原因が農業研究施設の薬品だ!」と断定するつもりはない。
 しかしここに長く住む男性の言には、重みと信憑性があった。

 また、チェルノブイリ原発事故においても、植物の異常生育が報告されている。
 そしてその中には奇形とともに、「巨大化」があった。

 「放射能が植物を巨大化させる…これを稲の生育に応用できないか」ということは、研究段階では考えられ、実験されてもおかしくない事象である。

 そして使用された薬品が寮の向かいの林、つまり今のスーパーの店舗部分に捨てられた…というのは、決して不自然な推理の流れではない。

 さて、今後調査機関が調べるべきは、
 ①:「男性の証言どおり、このスーパーに農業研究施設の寮と林があったのか」ということと、あった場合は、
 ②:「林に薬品が捨てられた事実があるか」
 ③:「農業研究施設で放射性物質を使った実験が行われていたか」
 ということだろうか。

 果たして原因は農業研究施設で使われた薬品なのか、それとも別の何かなのか…今後の調査と真相究明が待たれる。


※【追記】産経新聞電子版の記事に、
農協の施設があったと報じられている。
管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)