20年前、あのヤブ医者が伝えたかった事

2013年1月24日の日記です。

3864jftre4946
ずっと忘れていたが、久々に思い出した話。

 さて自分は基本的に医者は苦手なのだが、そんな中でも1人だけ、例外の医者がいた。

 もう20年以上も前で、大阪に住んでいた子供時代の話なのだが、家の近所に折り紙付きの“ヤブ医者”がいた。

 どれくらいヤブ医者かと言うと、診察は適当、病名は間違える、どんな場合も注射はしたくない、挙げ句の果てに、夜中に自らの診療所の入り口前で泥酔してグデーンとくたばっているというもので、それも1度や2度の事ではない。

 住民がそんな医者を敬遠するのは当たり前で、みんな5キロ以上離れた市民病院に行っていて、バブル経済の余韻残るいい時代にありながら、このヤブ医院だけはガラーンとしたフロアの至るところに閑古鳥が転がって餓死していた。


  ☆・☆・☆


 でも自分はこのヤブ医者が大好きだった。

 理由は注射をしないから。そしてさらに、注射の代わりに色んな話を教えてくれるものだから、病院を毛嫌いしている自分でさえ、この医院に行くのが楽しみという“ねじれ現象”すら起きていた。


  ☆・☆・☆


 そんなヤブ医者が教えてくれた話で、現在でも使えそうなのが「塩分を摂り過ぎてもOK」…という話だ。

 当時から減塩ブームはあって、ネコも杓子も減塩商品に飛び付く中、ヤブ医者はそれを一笑に付した。

 「そんなもん、水をいっぱい飲んどけばエエんや」

 水を飲めば尿がしたくなる、尿にはナトリウムが含まれているから、体内から塩分が出ていく。
 変に神経質にならんと、水をキッチリ摂っとけば何食うてもエエ…と。


  ☆・☆・☆


 また自分がインフルエンザにかかった時も、ここの医院に行くこととなった。

 ヤブ医者は自分を一通り診て「脱水症状になっとらんな、水をよう飲んどったみたいやな、えらいぞ」と言ったきり、診察を打ち切った。

 「点滴も要らん、それほど状態エエのに点滴みたいなんは、資源のムダ遣いやさかいに」

 最低限、最低量の薬だけ渡された。


  ☆・☆・☆


 あれから20年。
 本当に必要なのか?と言いたくなる医療や健康商品で、列島は溢れかえっている。

 それこそ、水飲めばしまいな健康事情でも高額なサプリを買ってみたり、ちょっとした病気にさえ、機関銃の弾みたく大量に連なった薬を処方されたりと、カネに裏打ちされた物量による解決が当たり前となっている。

 もちろん、喘息の発作が出た、骨折した、おばあちゃんが肺炎になった…などの場合は、必ず医療が必要だ。
 しかし風邪引いた、ちょっと腹痛いレベルでは、それは疑問だし、塩分過多による病気も水飲みで防げるなど、未然に防ぐ手立てだって、ある。

 何でもカネで解決すべき案件ではないのだ。


  ☆・☆・☆


 言うまでもなく、日本はあと少しで超高齢化社会を迎える。

 政府は早速“増税策”で乗りきろうとしているが、結局それでは庶民のカネで解決と同じやり方でしかない。

 もはや余計な医療の点数で、税金をズルズル引き出されて平気でいられる時代でないにもかかわらず。
 庶民も政府も工夫次第で医療費にかかる税金を抑えるすべはまだあるのだろうに…。

 この状況を見て、あのヤブ医者なら何と言うことだろう。

 やっぱり、「水飲んどればエエんや!」だろうか。

 もっとも、自分が診てもらっていた頃には80をゆうに越えていたから、今はもうこの世にいない可能性の方が高いが。


  ☆・☆・☆


 なお、これは後で知った事だが、あのヤブ医者は「京大医学部出の超英才」だったそうだ。

 ただでさえ“大卒=エリート”の時代、大病院でも大学病院でも引く手あまただったハズだが、水が合わなかったか早々に独立、開業医になったという。

 実際に言うことも実に当たっていたワケだし、診療後の予後だって非常に良かった。

 …本当は「名医」だったのかも知れない。

頭脳パンがやらかしている

2013年1月18日の日記です。

zunoupannnoke-1
昔から売っている定番のパンだがしかし…。

 いよいよ受験シーズン!
 今年もゲン担ぎ商品が所狭しと並んでいる。

 特にこの「頭脳パン」とか凄くご利益ありそう! と手に取ってみたのだが…。


  ☆・☆・☆


zunoupannnoke-2
正しくは、「お供」。(※「お伴」も正解)

 ×=「お共」
 ○=「お供」

 ……だよね。


  ☆・☆・☆


zunoupannnoke-3
なぜか2個買ってしまった…。
なお、「チキンナゲット味」も「ハンバーグ味」も間違っている。

(クリックで拡大)

 これ見ていると、もはや頭脳パンの効果すら信じられなくなるのだが、とりあえず試験までもう時間が無いので、「漢字の取りこぼし」には注意しよう!

東京の大雪、近所の神社は厳戒態勢になっていた!

2013年1月14日の日記です。

pintinohatumoude-1 pintinohatumoude-1b
近所の神社が大変な事に…!

 本日2度目の更新。
 今朝から降りしきる東京の大雪だが、先ほど外に出たら、近所の神社が相当キツイ事になっていた。

 午後2時半ごろ、買い物帰りに神社をのぞいてみると、至る所に「神社の木の枝が落下してくるから頭上注意!」という警告の張り紙が!


  ☆・☆・☆


pintinohatumoude-2
もはや異常事態、神社の至る所に折れた枝が。

 境内に入ってみると、そこは異様な雰囲気だった。
 警備員や神社職員がバタバタ行き来していて、折れた枝の処理をしたり、参拝客を誘導したりしている。

 それは神社の案内ではなく、迂回しての参拝誘導や避難誘導といったもので、もはや“初詣”なんて雰囲気じゃない。
 …そこは、事故現場だった。

 参道の脇を見て、さらに事態の深刻さが分かった。
 至る所に折れて落ちた木の枝が山積みになっていて、その本数は2ケタを超えていたのだ。

 そして木の枝といっても、我々が手で振り回せるレベルのモノではない。
 神社の大木からちぎれ落ちる木の枝というのは、若い街路樹1本分はある、巨大な枝なのである!

 途端に、自分の頭上は今いかに恐ろしい事になっているかを悟った。


  ☆・☆・☆


pintinohatumoude-3
突然、男性の前に木の枝が落ちてきた!

 その時だった、バリッという音が右上の方でしたと思ったら、ザザザーッという砂を流すかのようなイヤな音と共に、脇道ド真ん中に太い枝が根元から落ちてきたのだ。
 そしてその下には参拝客の男性が!

 「あっ、やめ……!!」と、自分は小さく叫んだ。

 次の瞬間、木の枝は大量の雪を抱えたまま一直線、ドドーンという地響きを伴って地面に叩きつけられた。
 男性の姿はその雪煙と共に、消えた。

 間一髪だった。
 木の枝は男性の2メートルくらい前に落ちたようだ。

 男性はさらに10メートルほど後ずさりし、スマホをサッと取り出してしばし立ち止まっていた。

 その姿は、今起きた事態を写真に記録しているのか、「今、死にかけたなう」とツイートしているのかのようだった。


  ☆・☆・☆


pintinohatumoude-4
大きな木のある所には“入るな!”の柵がグルリと。

 どうやら木の枝落下は、かなり頻繁に起きるらしい。
 神社に入って5分も経たないのに、これで2本目である!

 …3本目は30秒後かもしれないし、自分の頭上かも知れない。
 自分は早々にこの神社を後にすることにし、出口の方に向かったら、そこは大きく「柵」で囲まれているではないか。

 境内において大木がある所は全て柵で囲われて「頭上注意」の朱書きの張り紙が。(※さっき、男性が難に遭った所はまだだったようだが)

 警備員が配置され、大木に近づく者あらば、全てに警告しているようだ。

 自分は柵の脇を抜けてから、「こんなに枝が折れるもんですか?」と警備員に訊いてみたら、もはや彼は疲れ切ったように首を横に振るだけだった。
 こんな事は今までになかったというかのように…。

 フト自分は、こんなに枝が頻繁に落下するなら、少し待てばその瞬間をカメラに収められるのではないか…と思った。

 頭上に木が無いところを探すと、大木のある所にカメラ構えて、その時を待った。


  ☆・☆・☆


pintinohatumoude-5
これが、木の枝落下の瞬間写真だ!

 ハバロフスクの歩哨のように立つこと15分、ついに“その瞬間”は訪れた!

 またもや上の方でバリバリッという音がしたかと思うや否や、ズザーッという落下音がした。

 これはかなり大きな枝だ、一瞬、カメラの前が白煙で見えにくくなったが、構わずシャッターを切った!

 ドドドーン…と、ちょっとした“爆発音”のような音がして、太い木の塊が地面に叩きつけられた。

 人がいたら、死んだかもしれない…。
 そう思うと、自分はしばらく動けなくなった。


  ☆・☆・☆


pintinohatumoude-6
神社の適切な対応で、最悪の事態は防げた。

 ちょうど柵の外に太った参拝客の男性がいたようで、ヒーと言いながらこちらへ小走りで走ってきた。

 カメラを構えたまま固まる自分の姿に、動画撮影班とでも思ったか、男性は自分の横を通り過ぎる時にコメントを残していった。

 「もはや安全なところなんて無いよ!」

NHK報道「大手ソーシャルゲーム会社 内部文書」まとめ

2013年1月8日の日記です。

gree0107-1
昨日のNHK「ニュース9」より。
文書には「CONFIDENTIAL」(=極秘)と押印されている。


 GREEのSNSで「未成年のユーザー向け・クレジットカード決済上限額の設定が正しく機能していなかった」ことを発表したニュースが昨日やっていた。

 これはGREE側のミスだったそうだが、結果的に未成年に法外な高額請求が来て問題が起こったことで、再びソーシャルゲームの闇にスポットが当たることになっていた。

 具体的には「どうやってユーザーをソーシャルゲームにハマらせ、カネを使わせるか」のテクニックを伝授する社内文書の暴露であり、そこには心理学も利用した搾取の手法が書かれてあった。

 以下にそれをまとめてみた。


gree0107-2

[パチンコの大当たりの演出を参考]

 パチンコで大当たりした快感体験を再現させ、どっぷりハマらせるということ。


gree0107-3

[ギリギリのところで課金ポイントを作る]

 ここまで遊んで、もう後戻りできないというところで、スッと“お会計”が入るというテクニック。


gree0107-3

[もう少しで揃うというところでじらせる]

 価値のあるカードを集めさせ、寸止めして理性を完全崩壊させるワナ。


gree0107-5

[五分五分であるほどゲストは熱くなる]

 仕組まれた熱戦に必死になるということ。


gree0107-6

[競争心、虚栄心、射幸心を掴む]

 業者自ら“射幸心”とか言っている時点で、もうお腹いっぱいだ。
 もういっそこれからは、“この手のソーシャルゲーム”をこう呼んでほしい。

 「疑似ソーシャルギャンブル」と。

 業者たちが自らをそう名乗ってくれさえすれば、真面目に“ゲーム”やっている我々も肩身の狭い思いをしなくて済むというもの。

安物土鍋で安物米を炊くと…

2012年11月3日の日記です。

donk1211-1
昨日の晩はドンキへ行っただけ。


 昨晩は近所の泡吹いてないドンキに安物米を買いに行ったが、これで十分だ。

 ウチで土鍋で米を炊くようになって早2年だが、あからさまに米が美味くなって、もうやめられない。

 土鍋に変えたキッカケは、TVで老舗料亭の主人が「米はこうやって優しく研ぎ、絹のように扱います。再び水を入れ、決して強火にはしません…」などと奥ゆかしく土鍋で炊いているのを微妙にイライラしながら見ていて、しかしその土鍋の形状を見るや、近所の100均土鍋にソックリだったので、その後105円の設備投資によって安物ドンキ米を土鍋で炊いてみたところ、本当に美味しかったことによる。

 同じ米が急にみずみずしくなり、見た目のツヤだけでなく、外側が柔らかで芯が固めと、米の美味い店の味の再現が出来た。

 ずっと使っていた7,000円の電気炊飯器では、ここまでのご飯は出来ず、また少し放置しただけで、潜んでいた耐熱雑菌による例の独特の臭みが出て難儀したが、土鍋ではどういうつもりなのかキッチリ殺菌されていて、臭みが出ない。


∞・∞・∞・∞・∞



donk1211-2
ウチの4合土鍋。
昆布を一切れ浮かべて炊くとさらに美味しく。

 その後、臭みの出ない性質を利用して、保存用の大量炊きも土鍋でやろうと本格化、三重の窯元から4合炊きの国産土鍋を4,080円税込み送料手数料込みで豪華絢爛に取り寄せ、今に至っている。

 電気炊飯器で本気で米を美味しく炊くには、数万円の高級品を買わないと難しいが、土鍋だと5,000円以下で美味いのが炊けるので、半端な電気炊飯器を買うよりは、105円~4,080円で土鍋を買った方がいいかと。

 あと土鍋は赤外線効果から、僅かなガス代にて10分程度で炊けて東電代よりオトクなので剛力…いや、強理押ししたくもなる。

 あと保温機能も無いので、自堕落な東電依存症も治せて、さらに反原発派にもオススメ。

 ただ火加減や消し忘れで失敗しやすいので、まずは105円土鍋をブッ壊すつもりで3日ほど練習して(やけに焦げ付く場合は火が強い)、その後、4合土鍋など大型鍋で本格運用させるのが中吉。
管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)