かわいいウーパールーパーの画像 15枚


2012年6月11日の日記です。

atarasiimizukusa1203aa



 ウチで飼っているウーパールーパー「ウパ丸」です。
 最近、足の付け根のふくらみから、オスと判明しました。

 では、2011年12月~2012年6月までの
 “画像15枚”をどうぞ…。(2012.6現在)


【1:初めてウーパールーパーがやってきた日】

hajimetenoupa1112-1
[ウーパールーパー画像 1/15]
2011年12月3日に宇宙からやって来ました。
…嘘ですスミマセン、中野ブロードウェイ地下の
ペット屋さんで、3,000円で買われました。

(クリックで拡大)


mizukusanoueupayonakano
[ウーパールーパー画像 2/15]
水草を見つけたので、乗ってみました。

(クリックで拡大)


hajimetenoupa1112-2
[ウーパールーパー画像 3/15]
飼い主が水槽の外から、こちらを見てます。

(クリックで拡大)



【2:ウーパールーパーは好奇心旺盛な生き物】

esayari-supoito-2
[ウーパールーパー画像 4/15]
早速、飼い主が“赤虫”を差し出してきました。
生まれつき好奇心が強いので、興味津々です。

(クリックで拡大)


nejiraseeihou-upa
[ウーパールーパー画像 5/15]
とりあえずバタバタしてると、泳げます。

(クリックで拡大)


manmaruukbi-upa
[ウーパールーパー画像 6/15]
正面から見ると、真ん丸でしょ。

(クリックで拡大)


upa11senti-2012-1
[ウーパールーパー画像 7/15]
飼い主が向こうで作業しているのを
コッソリ覗いてみました。

(クリックで拡大)


tvkansyou-mizunonaka
[ウーパールーパー画像 8/15]
ここにきてしばらく経ちました。
だいぶ慣れてきて、今は飼い主がよく言ってる
“テレビ”というものを見てます。

(クリックで拡大)



【3:水草で一休み】

zassyoku-upadesu
[ウーパールーパー画像 9/15]
水草の上で寝たりするのは気持ちいいです。

(クリックで拡大)


atarasiimizukusa1203
[ウーパールーパー画像 10/15]
新しい水草を買ってもらった!

(クリックで拡大)


kyouto201201-1
[ウーパールーパー画像 11/15]
その水草の鉢に挟まっちゃった…。

(クリックで拡大)



【4:ウチに来て4か月で大きく!】

upabanzai1205
[ウーパールーパー画像 12/15]
春になって大きくなりました!
(3倍の12センチくらい)

(クリックで拡大)


sukinsippuupa1205
[ウーパールーパー画像 13/15]
飼い主の手の中でも普通に遊びます。
主にツンツンします。

(クリックで拡大)


kurayami120520-3
[ウーパールーパー画像 14/15]
たまに飼い主の指を“カプ”します。
…ほんの挨拶です。

(クリックで拡大)


syoumenkataasiage1205
[ウーパールーパー画像 15/15]
バイバイ。

(クリックで拡大)



ウパっ![1/15] ウーパールーパーの性格ウパっ!
基本的には“のほほん”としています。
プカーッと浮いていたり、底でボーっとしています。
たまに“あくび”もします。

ウパっ![2/15] その正体は“変態しない○○”ウパっ!
「そもそもウーパールーパーって何?」という話。
実はウーパールーパーはサンショウウオの一種で、
メキシコの湖底に住む「メキシコサラマンダー」のアルビノ種。
決して宇宙から来た生物ではありませんが、
この種だけは両生類にあるはずの「変態」が起きず、
幼生の形態を残したまま大人になり、卵も産みます。
つまりオタマジャクシの形態で大人になり、
交尾して増えるという離れ業をやってのけます。
そういう意味では、まさに“宇宙人的”でさえあります。

ウパっ![3/15] 1980年代にブレイクした!ウパっ!
「日清焼そばUFOのCM」内で宇宙人的な扱いで紹介されたことから
人気に火が付き、エリマキトカゲと共に大ブレイクしました。
また当時は、故・福田赳夫首相もウーパールーパーを飼っていて、
まさに時代の寵児でした。
なお「UFOのCMソング」は未だに耳に染み付いています。

ウパっ![4/15] 何でも口に入れてしまうので注意ウパっ!
ウーパールーパーは好奇心旺盛な生き物なので、
目の前のモノを何でも口に入れてしまいます。
砂や小さい砂利を飲み込んでしまうと腸を詰まらせて
大変なことになるので、水槽の下には何も敷かないか、
ウパが飲み込めないサイズの石を敷くのがいいでしょう。

ウパっ![5/15] ウーパールーパーの視力ウパっ!
こう見えても、実はかなり悪いです。
目の前のエサを上手く捕捉できず、何度もスカります。
それがまたかわいいんです。
…もっとも、目がいい動物の方が圧倒的少数ですが。

ウパっ![6/15] ウーパールーパーの飼い方・その1ウパっ!
金魚と同じように飼えます。
ただし、ブクブクなどのエアーレーションは必須。
できればウパ1匹で飼い、魚などの混泳もやめましょう。
ウパ同士だと共食いの危険性があり、魚を入れると、
魚がウパのエラを赤虫だと勘違いして齧ってしまいます…。

ウパっ![7/15] ウーパールーパーの飼い方・その2ウパっ!
ウーパールーパーは「水温」に注意!
冬は10℃を下回らないように、
夏は極力27℃以下を保つように…。
特に夏は危険で、28℃を超えると水中の酸素が減るなどして、
ウパが死んでしまう可能性が…。
とにかくヤバいのが「夏」!
一体どうしのげばいいのか!?(続く)

ウパっ![8/15] ウーパールーパーの飼い方・その3ウパっ!
ヤバい「夏」をどう凌ぐか…?
まあ冬はヒーターを入れたらしまいですが、
夏において水温を下げるのは、これがなかなか難しい。
水温を下げる「クーラー」は一式3万円くらい、
月の電気代は5,000円UPで、むしろ部屋の対人用クーラー
を入れっぱにした方がマシ…なんて声も。
いずれにせよ、何とか予算を計上せねば…。

ウパっ![9/15] ウーパールーパーの飼い方・その4ウパっ!
この問題を先日、ペット屋店員にぶつけてみると、
「急場しのぎ」の方法を教えてくれました。
それは2,000円程度の安い「水中ファン」を取り付け、
3℃ほど水温を下げたうえ、
水槽の周りに凍らせたペットボトルで囲むというもの。

ウパっ![10/15] ウーパールーパーの飼い方・その5ウパっ!
自分はこの方法を応用して、100均ダ○ソーで平べったい
「ジェルコンテナ」を6枚(630円)買ってきて、一晩冷凍庫で凍らせ、
翌日の出勤前に水槽にベタッと囲むように立てて並べて出勤。
夕方帰宅すると水温は“20℃ちょっと”だった。
何もしないと25℃を越えているので、これなら何とか!?
(ただ、あくまで6月の話です…ああ水中ファンも買わねば)

ウパっ![11/15] 寄生虫・カビ問題ウパっ!
赤虫はそこそこ栄養のあるエサですが、
生きている赤虫には寄生虫がいる場合もあり、
ウパに危険が及ぶ場合も…。
ある程度大きくなれば、「キャット」などの
肉食魚用の固形エサに切り替えた方が…。
なお、水草はできるだけ
ペットショップで買った方が安全です。
最初は近所の池で採ろうと思っていたのですが、
途中で止めました。
最近、カエルを絶滅に追いやると危惧されている
「ツボカビ」が猛威を振るっていて、
実際に今年は近所からカエルが消えているので、
同じ両生類のウパを守るためにあきらめました。

ウパっ![12/15] どのくらいエサをあげたらいいの?ウパっ!
どのくらいのエサを与えればいいかは難しいです。
なぜならウパはいくらでも食べようとするからです。
馬食いならぬ、“ウパ食い”です。
なので、ちょっとずつエサを与えていって、
お腹が少し膨れたらそれが適量です。
エサのあげ過ぎは人間同様、短命に終わります。
あと、ウパなど両生類は基本的に“肉食”ですが、
ウパは水草も食べるので“雑食”です。
いろいろと珍しい生き物ですね。

ウパっ![13/15] むやみに動物の口に指を入れないウパっ!
写真14枚目のカプ(ca-pu)画像ですが、
これはあくまでかわいいウーパールーパーだから出来ること。
もし歯のある魚や鋭いクチバシを持つスッポンだったら…?
だからむやみに動物の口に指を突っ込まないでください。
おバカな冗談は最初から歯が無い池のコイと、
このウーパールーパーだけにしてください。

ウパっ![14/15] ウーパールーパーを食べないで!ウパっ!
確かにメキシコなどウーパールーパーを
“食用”にしてきた歴史はあります。
これは日本のクジラ同様、伝統文化だから仕方ありません。
ところがここ最近では日本でも、ごくごく一部の居酒屋などで
ウーパールーパーを調理、“唐揚げ”や“ウーパールーパー丼”
にする店が出てきて、心を痛めています。
しかしそんな気持ちに対し、「むしろ逆差別意識だ」とか、
「見た目がかわいかったら優遇されて食用から外されるのか?」
といった意見もあり、もちろんそれも分かります。
…でも自分は、それでもあえて言いたい。
「食糧難ならともかく、こういったかわいい生き物さえ
平気で食べるようになる未来の方が恐ろしい」と!

ウパっ![15/15] ウーパールーパーが人類を救う?ウパっ!
ウーパールーパーの卵子からエキスを取り出し、
ガン抑制遺伝子をよみがえらせることでガンを撲滅出来る
かもしれない…というもので、研究段階だそうです。
今後のさらなる研究に乞う、ご期待!

今回の京都・祇園暴走死傷事件について、日本てんかん協会に聞いてみた

2012年4月13日の日記です。

nisiwaseda2-zaidan-bdg
「日本てんかん協会」が入っている都内のビル。
(クリックで拡大)

 12日に起きた「京都・祇園暴走死傷事件」だが、容疑者が“てんかん”の持病があったことから、社会の“てんかん”に対する注目度が非常に上がっている。

 そんな中、“日本てんかん協会”が事故の数日前、法務大臣へ「刑法および運転免許制度に関する要望書」を提出していたことが分かり、物議を醸している。

 偶然のタイミングとはいえ、これによって特にネット上では“日本てんかん協会”に非難の声が集中、協会のサイトにもほとんどつながらない状態が続いている。

 さて、このような状況において、自分は「ネットの情報だけで、この件を理解した気になるのはどうか」(※まあここもネットなんですが…!)と思い、意を決し、実際に“日本てんかん協会”電話することにした。

 もちろん「取材です」と言うと100%断られるに決まっているので、NHK張りの“特殊な交渉術”を用い、それについては極秘事項のためお見せすることは出来ないが、今回も電話取材することに成功!

 以下は、その取材内容である。

※ちなみに“前回”は3年前で、
逮捕直前だった木嶋佳苗被告を
TVが実名報道しなかった理由

についての電話取材だった。


∞・∞・∞・∞・∞


【1:今回の事件の反響について】

自分:「今回の京都・祇園の死傷事故で協会にはマスコミ取材が殺到していますか?」

協会:「本部の方は朝から電話が鳴りっぱなしで、マスコミの電話が殺到して、取材申し込みもかなり来ているようです」


 やはりネットだけでなく、リアルの世界でも協会への反響は大きかったようだ…。

 ただ自分は協会本部にかけたはずなのだが、受け手が“東京支部の事務局”と名乗るのに若干違和感を覚えたが、かくいう管理人も本社と○○事業所とが建物や部屋どころか、“パーテーションなる地形”(その距離、僅か8センチ)によって離れているだけの事業所側で勤務した経験があるので、そこは気にしないで取材を進めた。

 …実際にこの“事務局”も複数回かけてやっと電話がつながっているので、マスコミ・一般からの問い合わせが殺到しているのは間違いない。

 いずれにせよ、来ている取材申し込みについては「どう対応するかはまだ分からない」とのことだった。


【2:今後、協会の発表はあるか】

自分:「今回の件で、今後協会が公式に何か発表するということはありますか?」

協会:「反響がかなり大きいので、何らかの形で発表することになると思います。だだ、ある程度経過を見極めてからになると思いますが…」


 しかし、その数時間後に協会の公式HP(サーバ負荷の関係か、1ページのみに変更)に「声明」が!

 「事件の運転手が免許更新時に“てんかん”の申告をしていなかった」事実を述べ、「今回の事故で法律を守っている“てんかん”の運転者に対する社会の偏見が助長されないことを願う」というものだった。


【3:“てんかん”患者は車に乗るべきでないか】

自分:「他の“てんかん”患者の運転をやめさせる必要は?」

協会:「あくまで“てんかん”で車の免許を取れる人は、発作が5年起こっていなく、今後も無いと医師が診断した人に限られます。そうでない人には免許が出ないという運用基準になっています」


 どうやら現在施行されている「道路交通法施行令」の話のようだ。


【4:法規制でこのような事故が無くなるか】

自分:「協会としても“てんかん”患者の運転をやめさせる必要は無いと?」

協会:「それだと医師に運転を認められた人まで一律に免許を取り上げられるという事態になるうえ、もっとひどいのは“てんかんである事実を隠して免許を取る人が増えてしまう”という問題があります」


 何となく明瞭性に乏しかったので、改めて協会の見解を問うたところ「反対」の姿勢とともに、もし更なる法規制をしても、「逆に隠れて免許を取る人が増えるというモラルハザードを引き起こす」ことについても言及するという、踏み込んだ内容になって返ってきた。

 今、テレビなどマスコミでも規制強化についての話が少しづつ出ているが、規制したからといって事故がなくなるというような簡単な問題でもなく、「場合によればもっと悪質化するという新たな問題」が浮き彫りとなってしまう結果となったのである…!


∞・∞・∞・∞・∞


 …以上、ニュートラルな立場を保ちつつ、今回の件について聞いてみた。
 なお同様の理由から「今回の件について感想を」といった質問は排除した。

 こういうのは電話を取った個人の感情が反映されがちなので正確性に欠けるため、あくまで協会が共通認識として持っているであろうという答えを引き出すための質問に終始した。

 さて、TVなどマスコミも当初は“てんかん”による事故と思われていたが、13日夕方現在においては、犯人の暴走時に意識があった可能性を報じている。

 つまり、暴走時に“てんかん”の発作が起きていなかった可能性についても報道し始め、すでに今日あたりから“事故”ではなく“事件”と名称の変更が行われたようだ。

 ということで、現在まだ全容解明が出来ていない事件であるので、今後も慎重に見ていかないといけない問題なのだろう。

 なお、オマケとして、“てんかん”の基礎的知識についてもいくつか聞いたので、以下に紹介しておきたい。


∞・∞・∞・∞・∞


【5:“てんかん”は遺伝するのか】

自分:「やっぱり遺伝との相関性は大きい?」

協会:「いえ、遺伝というのは全く無いです。それもまた世間から大きく誤解されているんですが…」


 実は親戚に“てんかん”患者がいて、取材では最初にこの話から振ったのであるが、正直、これは親族でありながら誤解していた。

 電話口では「そういうのがもう少し分かってもらえれば、今みたいに“てんかん”である事実を隠して生きていかなくても済むのに…」と悔しさをにじませていた。


【6:我々は今後“てんかん”にはならないのか】

自分:「“てんかん”は生まれつきのもので、そうでない人は大丈夫でしょうか?」

協会:「いえいえ、そんなことはないです。生まれつきのものではなく、最近では高齢者になってからの“てんかん”患者も多いので…」


 今、“てんかん”ではないから一生大丈夫という話ではなかった。
 ある日突然“てんかん”になる可能性もあり、それは明日かもしれないのだ。


∞・∞・∞・∞・∞


 結局のところ、我々の多くはまだ“てんかん”を知らないのかもしれない。
 自分も実際この取材を実施する直前に「突然意識を失い、痙攣を伴うこともある」という症状の知識を簡単に見ただけに過ぎなかった。

 そして知識だけでなく、“考えるスタンス”も考えないといけないと思った。

 つまり、あくまで自分は“てんかん”にならないという路線でこの問題を考えるのではなく「そうなった場合のことを考えつつこの問題を考えた方がより責任ある正確な判断が出来る」のかもしれない…ということだ。

 すでに「日本人の1%は“てんかん”患者」であり、それは決して少なくない数なのだ。


≪関連記事≫
社団法人 日本てんかん協会・公式サイト(縮小版)
日本てんかん協会が法務大臣に「刑法および運転免許制度に関する要望書」を提出

スーパーの大根から花が…!

2012年3月20日の日記です。

hanagasaku1203-1 hanagasaku1203-2
白い花と聞いていたが、
ちょっと赤紫が入って綺麗。

(クリックで拡大)

 上を切ったスーパーの大根を2月上旬に水につけ始め、3月上旬にはスカイツリーのように伸び始めたので、このままどこまで行けるかやっていたら、ついに花が!

 このままタネが出来る“最終段階”まで行けるか!?

東電から酷い請求書が送られてきた!

2012年2月11日の日記です。

toden1202
金額にご注目!
(クリックで拡大)

 「あまりに酷い!」と企業や東京都がキレまくっている東電の電気料金・大幅値上げ騒動だが、個人向けにも“さらに酷い”請求書が!

 ウチに来たのは何と、請求額「4444」円!

 スーパーのレシートなら笑えるのだが、これが東電から来るとなると、微妙に笑えない。
 努力して昨年比17%も節電したのにこの仕打ちかよ…と。

初詣! 京都の伏見稲荷でスズメを食す、その味は?

2012年1月5日の日記です。

kyouto201201-2
京都・伏見稲荷へ初詣!
(クリックで拡大)

 今年の初詣は、京都の伏見稲荷大社に行った。

 伏見稲荷は毎年恐ろしい数の参拝客で溢れかえるが、今年ももう昼過ぎだというのに、駅前から凄い人ごみだ。


【祭神は、千本鳥居も名物】

tuikauh157 kyouto201201-3b
伏見稲荷といえば「千本鳥居」。
(クリックで拡大)

 本堂前ではさらに人が集中し、本堂到着から賽銭を投げるまでに、15分もかかってしまった。

 その後は奥に続く名物の「千本鳥居」へ、
 千本鳥居は文字通り、奥のお堂に向けて無数の鳥居がビッシリ並んでトンネル状になっていて、そこをくぐるとまさに非日常を味わえる。

 また、神社にはいるはずの“狛犬”はいなく、稲荷神を示す「狐」がここでの顔で、大量の人を見おろす黄金の稲穂を咥えた狐が実に涼やかだった。


【まずはウズラをす!】

kyouto201201-4
上が「スズメ」、下が「ウズラ」。
(クリックで拡大)

 しかし、伏見稲荷の“裏の顔”は、門前町の屋台や店舗で売っている「スズメ」や「ウズラ」ではないだろうか?

 普段食べそうにないこれらの鳥を、店頭でこんがり焼いている光景は、それだけでインパクトがあって、見ているうちに食べずにはいられなくなった…サイト管理人としては。

 早速、一軒の店に入って、「スズメ」と「ウズラ」を注文。

 まずは「ウズラ」(1皿800円)から食す。
 いつもは卵の方でお世話になっているはずだが、今回は本体でも…。

 一言でいうと、肉質は味・弾力共に、鶏肉に近い。

 また、肉の風味においても、臭みはまるでなく、珍味にありがちな“アクの強さ”も全くないので、普通においしくいただける。
 炭焼きとタレの味と肉の甘味が均質的に広がっていき、しばし舌鼓を打った。

 …というと、“結局は鶏肉と一緒なのでは?”と思われるかもしれないが、やはり「ウズラ」ならではのものも。

 それは、“食感”にある。

 特に、太い骨の周囲に付いている肉のプリプリした歯ざわりが見事。

 このプリプリ感は鶏肉より甚だしくて驚きだったのだが、これは「ウズラ」の筋繊維が鶏より細く、密集しているためだろうか…。

 この歯応えと共に湧き上がる淡い甘みは、なかなかのものなのである!


【さらにスズメもす!】

kyouto201201-5a kyouto201201-5b
結構“姿焼き”だったりする。
(クリックで拡大)

 続いて「スズメ」(1串500円)も食した。

 小さな本体から肉を器用につまんで口に放り込むと、タレと共に山椒もかかっているので、臭みもほとんど感じない。
 パサパサして鶏のササミをさらに固くしたようで、それでいて鶏肉と比べ、甘味も少ない。

 先に食べた「ウズラ」と比べると、どうも見劣りするし、珍味というにも、個性と訴求力に欠ける感じでもある。

 しかしそれは、“食べ方が悪い”のだ!
 肉だけだとパサつき、骨だけだと何を食べているのか分からず、皮だけだと焦げ臭いのは道理である。

 スズメは、肉や皮や骨にこだわらず、一気呵成に頭からかじり付くのが“珍味”なのである。
 どの骨も柔らかいので、それでいける。

 噛むと、こんがり焼いた外側の皮と内側の骨がカリッとした歯ごたえと香ばしさを醸し出し、さらに中の肉がジワッとして混じり、その程良い固さに咀嚼の楽しみを覚える。

 まさに「スズメ」はガッツリかじれるのが魅力なのである。

 ただその中でも“頭”は柔らかく、ほんのり甘みもあるので、まずは挨拶代わりに頭からかじっていくといいだろう。

 スズメはスズメでなかなか面白い料理なので、伏見稲荷に詣でた際は、是非チャレンジしてほしい。

 何より全身まるごと食べられる鳥なんて他にないだろうから、これぞ個性的な珍味といえよう。


まけ】

kyouto201201-6
当記事を見て頂いた読者の皆さんに
幸せが来ますように!

(クリックで拡大)

 伏見稲荷といえば、トコトン“狐”のようで、絵馬も何と狐型だ!


≪関連記事≫
神社の参道! 中央を歩いてはいけない理由
管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼
オセロゲーム(PC専用)