あつまれー 幼児界のトレンド



つまれー】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

土曜午前はバイトで死ぬほど疲れて、白金のバーミヤンへ。
コロナも落ち着いて店は満席、すかいらーくHD(3197)株主としてはひと安心。

ここはよく来る店だが、場所柄、シロガネーゼ親娘などに出くわす事も多い。
身なりは小綺麗で、娘は高確率でバレエに通っている。
重労働バイトに通っている自分とは別世界で、天人のようなので直視できないのだが、それでも根性がなく暗くなりがちな店のタブレット端末に反射させて観察していると、やはり今時の幼児界のトレンドみたいなのがあるんだな……と。

娘さんはキッズメニュー(※バーミヤンのは安すぎ!)を食べ切りそうだったので、いかにもいい会社に通って室長をしてそうな父親が「あつまれー、して」と食残をかき集めさせていた。
実は、ウチでも息子(4歳6ヶ月)が食べ残していると、妻が「あつまれー、して」と言っていたので、ウチの方言だと思っていたのだが、どうやら幼児界の言葉のようで、へぇーと感心。

昭和~平成と令和では、言葉もかなり変わるようで!

他にも、息子らを保育園に預ける際に他の4歳児や保育士の先生と会話することがあるが、子どもの持っているアイテムや先生の話題など、ウチでも多々触れている物事だったりするので、やっぱりトレンドがあって、幼児界も立派な「社会」なんだと実感する瞬間である。

それでも、厳然として変わらない(?)トレンドもあるようで……。
それは、「Eテレ」だ。
“おかあさんといっしよ”や“みいつけた!”などの話題が保育園では飛び交っているし、保育士もそれで園児とコミュニケーションを取ることも多い。

時代が進みに進んで、トレンドはYouTubeかと思いきや、そこは、Eテレ。
自分もしっかり観ておかねば。


空のふしぎがすべてわかる! すごすぎる天気の図鑑



吉野家に投資するのは、もはや「朝三暮四」



い付き合い】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

家族3人が株主の吉野家HD(9861)。
特に自分は4~5年の長い付き合いだ。

断!】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

昨日(25日)、自分は家族3人ぶんの吉野家HD株を売却した。
これ以上は利回り回復の“見込み”がないと判断したためだ。

そして、その売却金で日本航空(9201)を家族3人ぶん、追加で買い付けた。

【「三暮四」とは何か】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

また、吉野家HDをこれ以上持つのはある意味「朝三暮四」だと感じた。

「朝三暮四」は古代中国の故事に基づくコトワザである。

宋の狙公なる男が、飼い猿にトチの実を与えるにあたり、「朝は3個、夕は4個にする」と言ったところ、猿たちは“少ない”と怒った。
そこで男は「朝は4個、夕は3個にする」と言ったところ、猿たちは喜んだ。

結局トータルで7個なのは変わらないのに、目先の数の増加で喜んでしまうという、本質が捉えられないさまを述べた逸話である。

トワザ未満!?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

現在の吉野家HDの総利回りは2%である。
うち、配当利回りは0.4%、株主優待利回りは1.6%である。

……これなら同じ投資額で「配当3%の他社株」を買った方がマシではないか。
1.6%ぶんの牛丼が欲しいなら、同額の他社の配当で賄っても結果は同じだし、3%も配当があるなら、十分にお釣りが来る。

つまり、牛丼の優待欲しさに今現在の吉野家HD株を求めるのなら、それはもう「朝三暮四」どころか、それ未満ということになる。

もっともコロナ前、とりわけ自分が吉野家HDに投資した時は、総利回りは4%をゆうに超えていて、本当にお得だったのだ。
しかしコロナの大災厄が起きたせいで配当が減額され、優待の券の額面も下がったため、今の2%という散々な状況になってしまった。

それでも株価は下がるどころか、むしろ上がっているため、今のうちに売り抜けようと判断したのである。

【「三暮四」に見切りをつける】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

自分は「優待がある株」を買う場合、総利回りは“4%”を目安にしている。
優待がない株の場合は3%なので、1%多い計算で、これは優待廃止時の暴落に対する保険として上乗せして、“これでイコール”という考え方である。
ただ、この考えにおいても、無理に優待株を買わなくても無数にある同率レベルの優待なし株でも変わらないだろう……「朝三暮四」だからだ。
いやむしろ、優待なし株から選んだ方が有望株を選べる確率が上がり、投資効率的には良いといえる。

吉野家HDもかつては総利回りが4%だったので、我慢強く保有し続け、利回りが戻るのを待つ手も、あるにはあった。

しかし、最近の不祥事続きで、しかもそれとなかなか真摯に向き合おうとせず、今頃になってトップが謝罪という経営体質だと、これ以上の企業成長は難しく、利回り回復もまた期待できそうにない。
そういう判断で、「売却」となった。

良の選択か】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

さて、吉野家HD株を売ったことで追加で買えた日本航空株だが、こちらは国内線半額券(片道)が年間2枚。
家族が利用するのだが、長崎まで遠いのと、繁忙期の利用になるので、割引額もかなり高くなる。

そして、割引額を基準に総利回りを算出した場合……何と驚異の「12%」!
一昨日も家族3人ぶん買い付けているので、今回の追加買いで、それぞれ100株→200株となる。
200株に増えると貰える半額券は年間4枚(2倍)になるので、年に2回、半額で家族をストレスなく帰省させられる……これは実にありがたい!

もちろん東証プライム移行に伴い、将来的に“優待廃止リスク”もゼロではないのだが、その時には“高配当”との引き換えとなると踏んでいるので、やはり吉野家HDでなく、こちらを持ちたい。


日航機(金属モデル)



話題のニュース 外国人観光客受け入れ、来月10日から再開 岸田首相が発表 新型コロナウイルス [一言]早速、日本航空(9201)に期待してしまう……。
話題のニュース 「ウクライナの穀物は青空の下で腐っていく」 穀物輸出に滞り、世界的な食糧危機の懸念 ウクライナ危機 話題のニュース ゼレンスキー氏「幻想の平和だ」 元・米国務長官の“領土譲歩案”を一蹴 ウクライナ危機 [一言]キッシンジャーがまだ存命だったのに驚き。
あと、リンク先の記事タイトルが「大統領氏」と誤植していたので、こちらでは直してある。
テレビのニュース 不祥事が相次いだ吉野家HD 株主総会で社長が“初”謝罪も… [一言]残念ながら、直前に送ってきた「株主向け報告書」でも不祥事について触れていなかったし、隠したり、やり過ごしたりする体質が見え透いていた。
この先も厳しそうだ。
テレビのニュース 福島県で竜巻発生 日産マーチが空飛んだ! 衝撃の光景 社会・事件のニュース 米・NY最後の公衆電話を撤去 「スーパーマン」も使用
えごん
生活全般のニュース ブラウン管の思い出 生活全般のニュース 「何ブンイレブンだよ…」とある大学生協で売っているカツサンドが詐欺すぎる件
えのげ
生活全般のニュース 有名マナー講師さん、アニメ『火垂るの墓』にダメ出ししてしまう ゲームのニュース 伝説のゲームの達人・高橋名人、63歳になった現代の連打力がこちら ゲームのニュース お前らの好きなシューティングゲームって何だ? ゲームのニュース おまえらが持ってる“一番古いゲームソフト”って何? ゲームのニュース ゲーミング箸、爆誕 もちろん光る
Y速報
[一言]またこのメーカーか。
動画のニュース 笑ってはいけない 歴史的偉人たちのアホすぎる死因9選 [一言]昔、「世界の珍死」みたいな本でも見たが、カメが最強。
動画のニュース くりかえし見てしまう動画『女性専用車両に現れた涼宮ハルヒ』の続きを想像してみた。 [一言]結構こんなトラブル、あるのかね。
電車にあまり乗らないので、遭遇したことがない。
最近では、ベビーカーのウチの赤ちゃん息子2(1歳0ヶ月)が泣かないか……とか、そっちの心配ばかり。

赤いカミキリムシの正体



いカミキリムシ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

出社の火曜日は昼休みに江戸城(皇居)周辺を散歩。

靖国神社そばの石畳にやたら赤い物体を発見。
見たこともない「赤いカミキリムシ」だ! 昆虫に目覚めた息子(4歳6ヶ月)に自慢できるぞ。

凄く綺麗で触りながら感心していたのだが、会社に戻ってから検索で調べたら、「ホシベニカミキリ」といい、城や神社のタブノキを食べて枯らす“厄介者”だとか……。

切り品】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

仕事帰りにスーパーでソーセージ「香薫」(大袋)を2つ、“30%OFF”で入手!

実は、値引きシールが貼られる“タイミングの法則”は既に見切っているので、数日前から準備していた。

を教える】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

先日購入して受け取り待ちのiPadが来るまでの間、使い古しの画用紙で息子に絵を教える。

息子が「チョウチョを描いて」「ミミズを描いて」と言うたびに、自分が描くワケだが、息子にも描いてもらおうと勧めると、これがなかなか上手くいかない。
結局、自分の絵の練習になってしまった。




有休はただ只管に家族サービス



から家事】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

月曜日は有休を取ったので休み。
だが、家事は休みにならないので、皆んなの食事の準備を前倒しで、ドンドン進めていく。

ゃぶ葉】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

お昼は外食で「しゃぶ葉」へ。
息子らは保育園なので、夫婦水入らずの時間を“しゃぶしゃぶ”をやりながら過ごしたい。

すかいらーくHD(3197)の優待カードも持っているので、鍋の出汁を「薬膳火鍋」にグレードアップ(+110円)。
龍眼、棗、クコの実、八角、山椒の実が入り、スープの香りとコクは最高級となるので、毎回コレを頼んでいる。

薬膳火鍋には三元豚だけでなく、ニラ・ネギなど“くん菜”やキノコ類も煮込んでいくので、最後に薬膳と共にそれらが煮詰まった出汁で「おじや」にするのが至高パターンとなっている。(※自信あり。是非試してほしい)

JKに公式が乗っかる流れ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

しゃぶしゃぶ肉以外はビュッフェ形式で、野菜、ご飯だけでなく、さまざまな調味料からスイーツに至るまで、その品揃えは神がかっている。

それゆえ来店した女子高生らの間でビュッフェの品を利用しての「無数のアレンジ料理」が爆誕する事となり、ネット上でも結構話題となった。

今度はそれに、しゃぶ葉サイドが乗っかろうとしているのか、テーブルの注文タブレットには、「プリンの作り方」の動画解説が流れるに至る。

のアレンジ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

そんな中、妻が「刻みネギ」「刻みオクラ」「豆板醤」「豆板醤マヨネーズ」を合成して、“秘伝のタレ”を作りだした。
咄嗟の事で、自分、戸惑う。

しかし、白だしで煮た豚肉を秘伝のタレに浸けて食したところ、これが“ピリ辛×マッタリ”の絶妙な味わいで、旨い!
……これには参った。

なお、自分が平日から土曜昼まで仕事でバタバタしていて、夜は互いに息子らの世話もあるため、一緒に住んでいるにもかかわらず、夫婦の時間なんて本当になかった。(※深夜は激しい疲労でどちらかが起きてられない)
なので、この有休&保育園預け時間で2人きりになり、家の事や子育てについて、シッカリ話し合う事ができた。

習い事をどうするのかとか、我が強すぎる息子(4歳6ヶ月)が問題を起こした時の叱り方をどうすべきかとか、公共心や自己肯定感など深い部分まで掘り下げて話した。

しゃぶしゃぶ以外にも満足できたランチは、ゆうに2時間以上に及んだ。

省対策】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

さて一方で、午前中~しゃぶ葉の食事中にかけて、日本航空(9201)を家族3人ぶん、買い付けた。

ここの株主優待は「国内線(片道)運賃 50%OFF券」で、年2回届く。
妻子が帰省する際、JALを利用するのだが、その運賃が毎回高くて、これまで難儀していた。
もし運賃 50%OFF券があれば、お金の心配をあまりせずに帰省ができるだろうと考えて、日本航空の投資に踏み切ったのである。

日本航空は数年前は40万円(100株)もしていたのだが、今では半値の22万円程度。
大暴落の理由は言うまでもなく「新型コロナウイルス」による運行本数減少である。
JALの社員が家電屋などに出向するなど、大赤字の中で苦しんでいた。

だが、最近はコロナの猛威も収まってきて、社員も出向から戻ってきて、運行本数も増え、さらに運賃値上げまで行えるまでに経営状況が改善されてきた。
そのため、そろそろ買っても滅多な事は起きないだろう……と判断したのも、購入の理由となった。

赤ちゃん息子2(1歳0ヶ月)のぶんを買い付けたところで資金を使い果たし、自分のぶんだけ買えない羽目に。
ただ来月は配当ラッシュの月なので、配当金が入ってきたら、それでサッサと買い付けてしまおうと思う。

こうして有休は、とにかく半端はいかんと思い、徹頭徹尾、家族サービスで消費しきったのである。


リンキマルズ(ナマケモノ)



息子のiPadを買いに──まさかの結末!



ックカメラ有楽町へ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

アメリカのバイデン大統領の来日と重なって、都内は警察官と警察車両だらけ。 その検問を巧みにかいくぐり、有楽町まで到達。

ビックカメラで息子のiPadを買うためだ。

Appleショップ(ビックカメラ内)】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

1階の楽天モバイルなど、キャリアコーナーを抜けた先に、Appleストアが。
目指すは、最新の「iPad第9世代」である!

が広がる】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

改めて、iPad第9世代を試用。
この滑ならなApple pencilが描画に最高!

絵が苦手な親子でお絵描きの練習とか、夢が広がる──。
しばらく触って、いよいよ購入へ!

ブルチェック】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

今回は、ビックカメラ(3048)の株主優待券を“大量に”持ってきた。
ビックカメラは半年に1度、優待券を送ってくるのだが、それまでの優待券の有効期限が切れる直前に新しい優待券が届くので、そのタイミングでiPadを買えば、新旧2期ぶんの優待券が“ダブル利用”できるのである。

ウチでは赤ちゃん息子2(1歳0ヶ月)もビックカメラ株主のため、優待券はトータルで24,000円ぶん!
いざ、会計へ──。

39,800円−24,000円=15,800円のお支払い。
……なのだが、レジでは株主優待券の枚数があまりに多かったせいか、枚数をカウントするレジ要員が途中から2人となり、そのもう1人も券の枚数を数え始めるという“ダブルチェック”に!

まさかのダブル返し。
互いに絶対に負けられない戦いなのである。

さかの結末】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

iPadを購入し、ビックカメラを出たその手にiPadは、なかった──。
代わりにあったのは、うまい棒。

なぜ、こうなったのか?
実は、iPad第9世代の64ギガは、全国的に不足していて、購入しても受け取れるのは2~3ヶ月先なのである……!

まさか、そういう事だったとは。
安くていいなと思ったモノには、何らかの落とし穴があるもので。

なお、うまい棒はビックカメラ1階の楽天モバイルコーナーで今日のレシートを見せれば“くじ引き”できるというもの。
そのくじ引きにも敗けて、貰ったのが敗北賞のうまい棒だったというワケなのである。


Apple Pencil(第1世代)




話題のニュース “マスクなし”の昼寝で保育園児クラスター発生か 電気通信大など調査 新型コロナウイルス 話題のニュース 中村逸郎教授、プーチン氏が大統領職を退く可能性に言及「体調が悪い…6月12日に建国の日に」 ウクライナ危機 話題のニュース 「ウクライナの戦地へ行きたくない」弁護士に相談殺到 顕在化するロシア兵の士気低下 ウクライナ危機 話題のニュース 「片目しか見えない」障害者も戦場に? ロシアの“兵不足” ウクライナ危機 話題のニュース プーチンを引きずり下ろせば「ロシア社会のOS」もアップデートされるのか? 話題のニュース ロシア軍、日本が支援の学校も破壊 東部・ドネツク州で市民7人かま殺害される ウクライナ危機 テレビのニュース 作業船が再び現場海域へ 早ければ24日にも船体が海上に 知床観光船事故 テレビのニュース 4,630万円“誤振込”事件 決済代行業者の1つから阿武町の口座に3,500万円余、返還 テレビのニュース 4,630万円“誤振込”事件 元同僚が語る男の素顔とカネへの執着 テレビのニュース “サル痘”中東でも初確認 WHO「極めて異常だ」 テレビのニュース 大相撲夏場所 横綱・照ノ富士が7回目の優勝 12勝3敗 政治や経済のニュース 横田基地友好祭の最中にバイデン大統領を乗せたエアフォース・ワンが到着、前代未聞の光景に 政治や経済のニュース アメリカの株価が下げ止まらない「真の理由」 生活全般のニュース 切断した手に「雷に打たれたような激痛も」 10年経っても消えぬ「幻肢痛」、当事者語る辛さ
えごん
生活全般のニュース 船のプラモデルをスプレーで茶色にしてみたら…“あのお菓子”にしか見えなくなった
えのげ
生活全般のニュース 「古文漢文 不要論」って流行ってるけど…… スポーツ・芸能のニュース 芦田愛菜ちゃんは本当に慶応医学部へ行くの? 慶応女子高OGが明かす「内部進学」の壮絶バトル [一言]想像を超えていた。
学生生活を楽しめないだろう、こんなの。
ゲームのニュース サムスンが作った13万ウォンの超高額ポケモンイヤホン、一瞬で完売してしまう
えび通
ゲームのニュース ゲーム制作者「日本人のレビューは減点方式。海外は加点方式」
Y速報
ゲームのニュース ジャンプ作品は何故ゲームに恵まれないの? ゲームのニュース [緊急]お前らがゲームで使ってる名前、教えて 動画のニュース 現代を生きる公家 中臣鎌足の子孫、その仕事とは? 動画のニュース 最近なんか目を引いたYouTubeショート動画まとめパート9 [一言]カモメのバランスの取り方が絶妙!

息子のゲーム事情



みの変化】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

鉄道が大好きだった息子(4歳6ヶ月)は、最近になって「昆虫」「海洋生物」にシフトしてきて、Netflixでは「ムシキング」のアニメに夢中。

自分がゲーセンに入り浸っていた20年ほど前に専用筐体で遊ぶカードゲームだったのが、今や一大コンテンツに成長して息子の目に留まっていることに、隔世の感すら覚える。

子のゲーム事情】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

そんな息子がご執心なのは、以下の通り。

●車庫出しパズルゲーム
●ムーミンの農園ゲーム

いずれも妻のスマホで遊んでいて、「車庫出し」も小さな手で上手く婆さんをかわしながら操作し、「農園」も妻の手引きを受けながら、不足素材を自ら発見して合成に辿り着いているようで、飲み込みも早い。

時折、広告が入るのが厄介。
正露丸あやかり広告くらいなら良いが、たまに殺人オークやら、レベル1チンピラやらが出てくるので、サッと隠して広告を終わらせ、また遊ばせる……の繰り返し。

局そうなるのかよ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

先日買い与えたNintendo Switchだが、さすがにこちらはまだ早かった感。
いつか歳の離れた従兄弟のように1人で使いこなせればいいが。

今では、自分が過去のゲームのアーカイブをダウンロード購入して遊ぶ流れとなっている。


ウマ娘丼



話題の「ラテマネー節約」 決定的に欠けている“2つの事”



ーヒーは美味しい】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

テレワーク前、手挽きでコーヒーを淹れた。
その手前で保育園に息子2人を預けたのだが、連れて行くだけで毎回苦戦。

仕事前からして、コレで一仕事終わった感で、コーヒーの美味しい事。

テマネーという意識高い系ワード】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

そういえば、最近よく耳にするワードの1つに「ラテマネー節約」というのがある。
コーヒーをスタバなどでコーヒーを買って職場などで飲む人が結構いるが、週5で1ヶ月やると8,000円くらいの出費になっているから、それをやめるだけで年間10万ほどの節約になる……という話だ。

普段、何気なく使ってしまう出費を見直そうという自己啓発系のネタで、最近になってよく聞くようになった。

けている1つ「QOL」】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

先日、それがテレビでもやっていて、一緒に見ていたスタバ好きの妻にその話を振ると、「そこまでしたくない」との事。

確かにそうである。
自然にルーティンになっている行動の中にも、それが生活に彩りを添えていたり、中には生き甲斐になっているものだってある。
それを無駄の一言でやめろとなっても、うまくいくはずがない。

だからなのか、ネット上でもラテマネー節約に挑戦するも、結局「ストレスになっただけ」という悲鳴もちらほらだ。

つまり、「QOL」(生活の質)を無視してまでやるべき事でないという話である。

分の生活の質】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

さて、自分は職場で毎日コーヒーを飲む。
今はテレワーク7割だが、週5出社だった頃は毎日職場でコーヒーだった。(※画像左の水筒がルイボス茶、右がコーヒー)

ただ、自分はスタバなど買ったコーヒーでなく、自ら豆を挽いて淹れ、それをさらに水筒に入れて職場で飲んでいる。
非常に良い豆を使っているので、その辺で買って飲むモノよりずっと素晴らしい味わいなのだが、月にかかるコストはといえば、これがせいぜい1,500円いけばいい程度である。

けている1つ「己で考えるという事」】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

もっとも、職場にコーヒーを持っていくのは、ラテマネー節約なんてワードもなかった5年以上も前から、“だだの自分の好み”として、習慣的にやっている事である。
使っているのは高級豆だが、“キロ買い”してコスパを良くして、今も、この先も、このコーヒーを楽しみたいと思っている。

ラテマネー節約に飛びつく人は、それがストレスとなった時に、すぐにあきらめて別の自己啓発に走るのではなく、少しは己れで考えて「代替案」を構築し、生活の質を落とさずに、やりたい(?)節約とやらも進めればいいのにと思う。

ラテマネー以外でも同じだが、そこらへんのビジネス本などを手当たり次第に読んだところで、不確定要素だらけの世の中では、それらの鵜呑みでは、何の役にも立たない。
応用もせねばならないし、結局のところ、己れで考えたものの方が上手くいき、それこそが「自家薬籠中の物となる」ということである。


eスポーツビジネス
(中野龍三)



話題のニュース 東京で新たに4,172人の感染確認 前週比で約40人減 新型コロナウイルス 話題のニュース 大型連休で感染急増せず 新型コロナウイルス テレビのニュース 誤送金の4,630万円 「ネットカジノで使った」 逮捕された男の素顔 社会・事件のニュース 「飽和潜水」による初の“KAZU 1”船内捜索、不明者の手がかりなし 知床観光船事故 政治や経済のニュース 他社「楽天の会見後から契約者が急に増えた」 楽天の携帯料金「0円」廃止発表で他社に流出か povoは2.5倍増 生活全般のニュース 「SF感が凄い…」雨上がりの鳥取砂丘がもはや地球に見えないと話題
えのげ
生活全般のニュース 伝説の生き物「河童」を捕獲するための『河童捕獲キット』が本当に発売へ 生活全般のニュース 男性を「ハゲ」と呼ぶことはセクハラにあらず
えごん
ゲームのニュース フジテレビ、世界に一つしかない謎のゲーム機で対戦してしまう
Y速報
ゲームのニュース ゲーム会社の面接「攻撃力200で1回攻撃と攻撃力100で2回攻撃ならどちら方が良いと思われるか理由も含めてお答えください」 ゲームのニュース 研究者「ゲームやりすぎると頭悪くなるのは嘘。逆に頭が良くなることが判明した」 [一言]ゲームで頭が良くなる話は、自分の著書でも述べている。

eスポーツビジネス
(中野龍三)

動画のニュース 今じゃ大問題 令和でありえない懐かしすぎる「昭和の習慣」20選 動画のニュース 怒っても噛みつかないコーギー犬をカスタネットにする動画 [一言]遊んでいるようにも見える。
飼い主と一緒にいるだけでも楽しいんだと思う。

ポイ活の「敵」は、国民が大好きな“アレ”



分史上 最低記録】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

さて、ポイ活の今月の結果だが……
5,377円60銭(5377.6ポイント)だった。

何と、今月は自分がポイ活を開始して以降、【最低記録】となってしまった。
G列の“キューモニター”の継続調査のおかげで500ポイントほど余分に入っているが、それがなければ、悪夢の5000ポイント割れに陥るところだった。

自分のポイ活は、「スキマ時間」「ながら時間」を利用してやるスタイルだが、子どもが2人になって以降、そんな時間も削られ削られ、思うようにポイントが取れなくなっている……というのが実情である。

それにしても、今月は酷かった。
ワースト2は「6,179円10銭」だったが、それよりさらに800円も低いとは。

そういえば、ワースト2は昨年で、しかも“ほぼ同時期の5月”だった。
残念ながら、5月は「ポイ活の不毛月」なのである。

なぜ、5月がダメかといえば……。
それはもちろん「GWのせい」なのである!

GWは当然ながら、オフィスワーク系の会社は軒並み「休日」となる。
オフィス型企業が運営するポイ活サイトが“アンケート”を配信するのも、もっぱら平日で、土曜・日曜と祝日は配信担当の社員もほとんど「休日」として休むワケなので、アンケートは激減か、あるいはゼロである。
GWは日曜や祝日扱いなので、やっぱりアンケートは全然来ないという事なのだ。

固定給でないフリーターや派遣社員が「GWに休んだ分月収が下がる構図」と同じで、ポイ活する人も同様に“仕事”が減って、ロクに稼げないのである。




話題のニュース 東京で新たに4,355人の感染確認 前週比で約400人減 新型コロナウイルス 話題のニュース 「耳に響きの良い情報」に惑わされるな ロシア国営テレビやSNS、侵攻批判や疑問の声が出始める ウクライナ危機 話題のニュース マクドナルド、ロシア市場撤退 地元に売却検討「継続は不可能」 ウクライナ危機
えごん
話題のニュース フィンランドとスウェーデンがNATO加盟申請書を事務総長に同時提出 ウクライナ危機 テレビのニュース 国後島沖で回収された乗客のリュックが日本総領事館に返還 モスクワ経由で日本へ 知床観光船事故 テレビのニュース 97歳・現役看護師「死ぬまで、働く」そのワケは? [一言]凄すぎ……。
社会・事件のニュース 4,600万円を使い切ったというネットカジノ 日本からアクセスして大丈夫なの? [一言]一昔前にポイ活アプリで「ネットカジノの橋渡しサイト」の下品な広告が垂れ流されていたが、周辺からキチンと取り締まった方が良いだろう。
政治や経済のニュース 若者「米国株は、持っていれば上がり続ける」「早くから積み立てておけばFIREできる!」 →米国株大爆死 [一言]FIREなど悪い冗談を言いながら米国株インデックス投資した面々が、みんな含み損に。
あと、インデックス投資を推していた厚切りジェイソンがツイート全消ししたのは、こういう損した面々の非難が殺到してウンザリしたからとかで、気の毒だ。
はっきり言って、“自己責任の原則”すら知らないのが、投資に入り込んでくるのは嘆かわしく、外人の機関投資家にカモられそうなので、学校の新課程では、その辺まで教えておくべきだろう。
あと、国内株(現物)しか取引しない、とりわけ誰も見向きもしない銀行株を注視している自分は、胡散臭く上がり続ける米国株など、微塵も興味がない。
人の行く裏に道あり花の山。
政治や経済のニュース 楽天モバイル「0円撤廃」だけじゃない 楽天経済圏「相次ぐ改悪」に怨嗟の声 生活全般のニュース 道の駅はなぞので"うなぎ"が売られていました。生きてるヤツです。 [一言]売っているのが独特すぎて、面白い。
ウナギは飼ってみたかった魚類の一つ。
小学生の頃、水路でウナギを捕まえた友達が水槽で飼っていて、羨ましかった。
自分は近くのため池でデカいウシガエルを釣り人から貰って、自宅の池で泳がせていたが、よく鳴いて近所迷惑だったかも知れない。
生活全般のニュース 手から無限にトランプが出てくるマジックのタネ明かし 生活全般のニュース キラキラネーム女子「名前を変えたいと思ったことは一度もないし、嬉しいこともある。たとえば……」 生活全般のニュース 「ゆっくり茶番劇」を商標登録した柚葉さん、無事に炎上商法も大成功! とんでもないことをして儲けまくっていた ゲームのニュース サウジアラビアのリアル石油王、任天堂株を4,100億円分の大人買い [補足]全株式の5%を保有。
ゲームのニュース 本田翼さんが「Apex」のeスポーツ大会へ出場するためにチームメイトと顔合わせ配信 コメント欄が地獄になってしまう ゲームのニュース ゲームのラスボス戦BGMの最高傑作は? ゲームのニュース 「ラブプラス」とかいう何故か終わったゲーム ゲームのニュース 6、7年毎にゲーム機を買い換えさせる売り方やめて ソフトに力入れて欲しい
Y速報
ゲームのニュース ゲームって時間の無駄じゃね!? [一言]……という大喜利。
動画のニュース 教科書には載ってない 今では考えられない江戸時代の恋愛事情とは? 動画のニュース 「なんて心地いい…」大谷がエンゼルスで打った100本のHRを「30秒」にまとめた動画が話題
えのげ

オリックスは売却! カタログギフト優待はもうダメなのか?



うちょ銀行(7182)を買う】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

株主優待の廃止が決まったオリックス(8591)売却から一夜明けた今朝、ゆうちょ銀行(7182)を200株買い付け、以前買ったぶんと合わせて、ついに500株に到達。

えてカタログギフト優待を選ぶ】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

何で500株で一区切りついたみたいな言い方なのかといえば、それは500株以上の株主に「株主優待」が付与されるからだ。

株主優待の内容は、「カタログギフト」!
……って、前回記事のあらすじでは、カタログギフト優待は危ないという事ではなかったのか? という話だが、ゆうちょ銀行に関しては、優待条件や周辺データ諸々を勘案して、いけると判断したのだ。

まず、カタログギフトの内容だが、こちらは郵便局の「ふるさと小包」での取扱商品も含まれるカタログギフトなので、調達コストが抑えられると判断。
つまり、グループ会社の商品ならカタログギフトでも安く調達できるという事で、元から通販会社でもない限り、他社ではなかなか真似できない調達方法である。

次に、「配当」の良さ。
配当は大体3%あれば高配当と喜ばれるが、ゆうちょ銀行は何と“5%超え”と驚異的だ。
この配当利回りなら、仮に何らかの事態で株主優待が廃止になったとしても、高配当でカバーできるというわけである。

また、ゆうちょ銀行は株主優待制度を開始してからまだ半年と日が浅く、投資家にあまり認知されていないのと、認知されたとしても“500株保有と条件のハードルが高い”ので、今後も優待株主が大して増えないという見立てもあった。
どう見ても、優待株主が殺到すると株主優待がなくなる傾向にあるようなので。

ースも銀行も、金融業である】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

また、株主投資するにおいて、業界を分けて細かく買っているのだが、売却したオリックスは「リース業」で、新たに買ったのは「銀行」である。
リース業も銀行も、実は同じ「金融業」でくくられるため、分散投資における、業種別・投資比率を変えないで済むという安心感もあるのだ。

さてリース業だが、借り手企業が設備投資するにあたり、基本は株式発行や銀行借り入れだが、銀行借り入れを多くした場合は“融資枠”を早々に使い切ってしまうリスクがある。
そこでリース業者から現物を借りてきて使用する事にすれば、融資枠を温存したまま、借りる形での設備投資が円滑に進むのである。
だから、リース業も本態は銀行と同じ金融業なのである。

金融業界は、アメリカの利上げの影響で利益が出しやすくなっている。
早めに家族ぶんも、ゆうちょ銀行株を集めていきたい。


新・賢明なる投資家(下)



オリックス“優待廃止”の衝撃! 株主優待の終わりの始まりか



週後半の衝撃ニュース】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

株主優待をこよなく愛する投資家の間で先週後半、オリックスの株主優待“廃止”という衝撃のニュースが飛び込んできた。

自分もオリックス(8591)の株主で、この悲報を知ったのが一昨日の土曜日の夜であり、おかげで週末は陰鬱な気分で過ごす羽目に。

さかの大幅利益確定】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。 クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

オリックス株は5年以上前に株主優待目当てで購入し、その後も赤ちゃん息子2(1歳0ヶ月)を除く家族2人に購入していた。
だが今回、優待が廃止ということで、家族ぶん含め、月曜午前中に全て売却した。

本当は、気配値を見て前場が始まる前に“成行注文”で売却指示を出す予定だったが、出社日の準備に追われて失念し、前場中に売らざるを得ず、それぞれ4,000円ほど安く手放すミスとなり、今日も散々だ。

ただし、オリックスの株価は朝9時台でもあまり下がっておらず、数年前の安い時代に買ったこともあり、10万円以上の利益(他の家族も2.7万円、4.9万円の利益)となり、数年前のカワタ(6292)の20万円に次ぐ大幅な利益確定となった上、そこにこれまでの長期保有の間で得た配当金、株主優待も合わせれば、かなりの成功例だといえる。

なお、オリックスを早々に売却したのは、今週から優待廃止に気付いた個人株主たちが慌てて売却に走り、どこかで暴落が起きると懸念したためである。

下する株主優待の必要性】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

経営難でもないのに突然の優待廃止で裏切られたことへの憤りと、売却益うんぬん以前に今まで世話になった感謝の気持ちの半々で、何とも複雑だ。

しかしながら、投資の世界は“感情論”は排除していかねばならない。
最近になって、JTなど大企業の株主優待廃止が目立つようになってきたが、ここは、その背景をしっかりと見ていきたい。

東証は4月3日まで……
・「東証一部」
・「東証二部」
・「東証ジャスダック」
・「東証マザーズ」
……の4部構成だった。

それが4月4日から……
・「東証プライム」
・「東証スタンダード」
・「東証グロース」
……の3部構成に再編された。

また、この再編に伴い“上場基準”も改正された。
特に顕著なのが、上場を維持するための必要株主数であり、「東証一部」では2,000人だったのに対し、「東証プライム」では800人に大幅緩和された。
つまり、上場企業は従来のように「株主優待制度を導入してでも、株主の頭数を揃えなければならない……!」という負担が軽減され、株主優待を続ける必要性が大きく低下したのである。

さらに株主優待制度は、10万円程度の小口の株主にとって絶大な恩恵がある反面、何十億も買い付ける大口の機関投資家にとって、株主優待はメリットがゼロであるどころか、会社の財務を悪化させるマイナス面の方が遥かに大きく、機関投資家が事あるごとに株主優待“廃止”を訴えてきた経緯もある。

また、東証自体も「流通株式比率35%以上」と従来の7倍もの市場における流動性株式を要求し、企業間の株式持ち合いやら、従業員持株会やら、優待目当ての個人投資家の癒着やらを防ぐ、自由公正な取引の仕組みを作り出した事で、株主優待制度自体に逆風が吹くに至っているのだ。

このような東証の市場再編による諸条件の改正──。
これまでと流れが完全に変わったのは間違いない、といえるのである。

換言すれば、「株主優待の終わりの始まり」の可能性についても考えねばならない“岐路”に立たされているという事である。

ない株主優待のジャンルとは?】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

とはいえ、これを機に株主優待制度が株主市場から消えてなくなる……とまではいえない。
株主優待を廃止すれば、どうあがいても株価に悪影響が出るのは不可避であるので、それを越えるメリット(機関投資家の大規模買い付け等)が得られない限り、廃止に踏み出せないケースも多いだろう。
その上、企業によっては持株会という名のストックオプションを付与したり、株主優待で小口の個人株主を増やすことで「買収防衛策」を取っているところもある。

したがって、株主優待の廃止・存続については、むしろ“別の目線”で見た方がいい気がしている。

それは、株主優待制度を実施している企業による「株主優待の調達コスト」である。

株主優待といっても、その内容はQUOカードやカタログギフトをくれるケースや、自社商品を送付するケースや、自社店舗での食事券をくれるケースなど、多種多様である。
そんな優待サービスにおいて、どのサービスが提供企業にとって高コストになるか、そこが見るべきポイントとなる。

上記の中で、企業側の持ち出し額が高いのは「QUOカードやカタログギフト」であろう。
他社のサービスを購入し、自社の株主に提供するのだから、その持ち出し額は満額であり、負担は最大化される。
今回、オリックスが廃止した株主優待も、メインはこの“カタログギフト”であった。(※実はオリックス売却後、すぐにヒューリック(3003)を買う予定だったが、ここもカタログギフトだったため、再考する)

い株主優待とは、企業に優しい株主優待】
クリックで拡大(撮影:中野龍三)。

では、逆に低コストで済み、株主にとってもありがたい株主優待とは何だろうか?
これは「自社商品の送付」「自社店舗での食事券」などに尽きるだろう。
具体的には、吉野家HD(9861)やクリエイト・レストランツHD(3387)の食事券などである。
店の食材なので原価で済み、人件費についてもある程度までなら、通常の営業活動での共用が可能だ。
また食事券は“紙切れかカード式”なので、送付自体も安く済み、場合によっては全上場企業が義務として発送している「株主召集通知」に同封してしまえば、追加送料もほとんどかからない。

企業側にとっては「調達コストがほぼ原価」で済み、株主側にとっては「原価でなく定価で支払わねばならない食事をタダ」にできるため、文字通りのWin-Winの関係でいられるのである。

簡単にまとめると……
・飲食など「自社施設のサービス」が優待の企業
・優待を廃止すると「株価が維持できない」企業
・現時点で「流通株式比率が高い」企業
……の株主優待のほうが、安全性が高いといえるだろう。

いずれにせよ、今後において「株主優待目当て」の投資は、企業側の調達コストなど多面的に勘案して、相当慎重に行っていく必要がある。


新・賢明なる投資家(上)



管理人のTwitterです。 管理人のFacebookです。 当サイトのRSSです。
月別アーカイブ
記事検索
管理人のツイート
アクセス御礼
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

逆アクセス御礼